アイアン!マイク・タイソン!その④(ファイトナイトチャンピオン)

 

超タフガイ漢!

バター・ビーンに

手こずるマイク!

前回

1ラウンド目に

マイク・タイソンが

バター・ビーンから

おもわぬ猛反撃を受け

不覚にもダウンを喫した回

となってしまったが・・・

 

 

1ラウンド終了後の

インターバルを

挟んで

持ち直した

タイソンは

2ラウンド開始のゴングと

ともにバター・ビーンに

猛攻を

かける!

タイソンのパンチは

的確で

次々に

バター・ビーンに

ヒットしていく!

<スポンサーリンク>




ワンツー、右のアッパー

右のフックと

これだけの重いパンチを

被弾しても

バター・ビーンは

なかなか

倒れない・・・!

打たれても打たれても

前に出るバター・ビーン!

タイソンも

おもわず

後退りしてしまう・・・

何故だ?

なにゆえ倒れぬ!?

こしゃくな・・・!

再び

ピーカブースタイルに

構え直すタイソン!

なおも

連打を浴び続けるバター・ビーンであったが・・・

それでも倒れない!

そればかりか

しっかりと

反撃してくるではないか!

タイソンは

きっちりと

ブロッキングするが

奴のどこに

そんな力が・・・!

ジャブでバター・ビーンからの

攻撃を誘っておいて・・・

もらったぁ!

渾身の右が入るも・・・!

バター・ビーンも右のショートアッパーで応戦!

ぐっ・・・!

このラウンド内に

仕留めにかかりたいタイソンは

再び前に出ようとするが・・・

鋭いジャブでタイソンを牽制!

(・д・)チッ・・・!

ラウンド終了直後

バター・ビーンを

睨みつけるマイク・・・

タフなファイトを魅せる

ビーンさんに

手こずり

苛立ちを

隠しきれない様子だ・・・

結局

2ラウンド内に

仕留めきれず

3ラウンド目に入る・・・!

バター・ビーン・・・

なんて

しぶとい奴だ・・・

一体

何発パンチを

当てれば

奴は倒れてくれるんだ?

<スポンサーリンク>




この闘い

1ラウンド目から

猛ラッシュを

かけたマイク!

このまま

ラウンドが

長引いてしまえば

スタミナ面で

さすがに

不利だ!

何としてでも

次のラウンドで

片を付けたい・・・

 

セコンド「落ち着けマイク!

落ち着いてやりさえすれば

お前の勝利は確実だ!」

迎えた第3ラウンド!

両者の拳が交錯する!

ビーンさんよ!

なかなか

やるじゃねぇか!

おもしれぇ・・・

タフガイ漢!

バター・ビーンさんに対し

コントローラー片手に

燃えてくる管理人(爆

窮鼠猫を嚙む!

追い詰められたネズミは

獅子をも

噛むというが・・・

だが!

ネズミに獅子は

倒せぬぞ!

どんどん

打ってこいや!

バター・ビーンも

これに応じ

ブンブン拳を

振り回してくる!

ほれ!打ってこい!

ほれほれ!

どうした!それだけか!

今度は、こちらからいくぞ!

遂にバター・ビーンがグラつく・・・!

もちろん

この機を逃さず

右の豪打を炸裂させるマイク!

とうとう崩れ落ちたバター・ビーン!

リプレイでもう一度!

ライトフックをまともに浴び・・・

ダメ押しの左フック!

勝負あったか!?

それでも不屈の精神で立ち上がる

バター・ビーン・・・

まさしく漢だ・・・

だが・・・

こうなってしまうと

アイアン・マイクの

鉄の拳から

逃れることはできない!

リプレイでもう一度!

このラウンド2度目のダウンを喫した

バター・ビーン!

立てるか・・・?

ダメだった・・・

しかしながら

バター・ビーンの

倒れても倒れても

立ち上がり

強敵に立ち向かおうとする

不屈の

ファイティング・スピリッツ

とても

素晴らしかった・・・

ミスター・ビーンよ!

ありがとう!

管理人の操作が

下手クソだったとはいえ

マイクから一度ダウンをとった

ビーンさんの鬼の気迫は

凄まじかった・・・!

<スポンサーリンク>




この

鬼の気迫を

飲み込んだ

マイク・タイソンは

いよいよ

因縁の宿敵である

イベンダー・ホリフィールドとの

一戦に臨む!

待ってろよ!

ホリフィールド!

このアイアン・マイクの

豪打で見事に

キャンバスに

沈めてやるぜ!

 

~その③完~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください