エキプロ5でジョン・モクスリーVS内藤哲也! 中盤戦

 

ダブルアームDDTか!

はたまたデスライダーか!

 

花道でモクスリーに対し

パイルドライバーを見舞った内藤哲也!

さらに花道奥へと移動する内藤!

何を企んでいる?

モクスリーから

距離をとった後

猛然と全力疾走!

今度は・・・!

花道での・・・!

ドロップキックを敢行!!!

 

勢いをつけての

ドロップキックを

浴びて

さすがの

モクスリーも

後方へ

吹っ飛ばされてしまう!

<スポンサーリンク>



この

花道での

全疾走からの

ドロップキックは

かつての

武藤/ムタが新日時代に

よくやっていた

花道ラリアットを

彷彿とさせる

新日時代の

武藤敬司選手に

憧れていた

内藤のムーヴは

武藤から大きく

影響を受けているのが

あらためて

感じられるのだ

モクスリーをリング内へ!

今度は内藤が机を持ち出した!

モクスリーに対し

ハードコアファイトを

臨もうというのか!?

おもいきや?

内藤は机を持ったまま

再び花道まで引き下がり・・・

机を花道に投げ捨てて・・・

 

自身のクリーンファイトぶりを

アピール!

観客席からは

内藤に対し

賞賛の内藤コール!

内藤も自分に対する

声援を背に受けて

ご満悦の様子だ。

<スポンサーリンク>



机を主戦場から

切り離しておくあたり

内藤も

自分から無謀な

ファイトは臨まない

元々

ジョン・モクスリーは

CZWというデスマッチを主体とする

プロレスインディー団体で

揉まれハードコアマッチから

成り上がってきたレスラーだ

そのCZWに

いた頃のリングネームも

ジョン・モクスリーだったのだ

まさしく原点回帰!

自由奔放にリングで

暴れまくってやるという

そんなモクスリーからすれば

相手からハードコアマッチに

持ち込んでこられるのは

大歓迎だ

しかし

内藤はモクスリーの得意分野で

付き合うつもりはない

ということか!

モクスリーは

さっさとかかってこい!という

ジェスチャーをみせる

イラ立ちをみせるモクスリーに対し

内藤は、またしても・・・

モクスリーを

おちょくるかのように

腕をグルグルと回してみせる

相手をイラつかせることにおいては

右に出るものはいない内藤哲也!

モクスリーに対し

執拗な挑発行為を繰り返す!!!

そして仁王立ちのモクスリーに!

内藤がパンチ!

これをスルリとかわした

モクスリーも時折

イラ立ちはみせるものの

状況判断は至って冷静だ!

狂犬ジョン・モクスリーの

噛みつき攻撃!!!

狂犬に額を噛みつかれ

内藤も苦悶の表情・・・

モクスリーの本領発揮か!

ここで

モクスリーが

噛みつき攻撃で

ひるんだ内藤を

すかさず

ロープに振る!

息もつかせぬ

連続攻撃で

内藤に握られた

ペースを

力づくで奪い返しに

いかんとす!

 

モクスリーのリズムに

乗せさえすれば

戦局も十分に

挽回可能だ!

だが!

そうはさせじと内藤!

内藤がハンマースローを

切り返した挙句の

金的蹴り!

逆に

モクスリーが悶絶してしまう・・・!

すかさず内藤が首への

バックブリーカーをキメて・・・

首への低空ドロップキックで畳みかける!!!

そこへ次はチンロック!

ネックロックと

流れるような攻め!

そして攻撃箇所は

首!首!首!

モクスリーの首を狙った

一点集中攻撃!!!

内藤が得意とするところだ

グイグイとモクスリーの首を絞り上げる!

内藤がモクスリーの頬を

おもいっきり張って挑発!

内藤としては

モクスリーの怒りに

火をつけて

彼のよさを

最大限

引き出した上で

そのモクスリー

を上回るインパクトで

彼の色を

内藤色で塗り潰して

完勝するという

絵を描いているのだろう

<スポンサーリンク>



しかし

モクスリーも内藤に

いいようにコントロールされて

掌で転がされているのも

極めて癪だ!

内藤の思惑を超えるような

ファイトで逆に

内藤のカラーを

モクスリー色で

染め上げたいところ!

モクスリーが怒り心頭で内藤に詰め寄る場面!

内藤「落ち着けよ!トランキーロ」

モクスリーは

トランキーロじゃいられない!

右腕を振りぬき

渾身のラリアットを内藤に浴びせる!

内藤も見事な

1回転受けをして

モクスリーの迫力のある

ラリアットを

さらに

見栄えよく演出して

見事に引き出している!

<スポンサーリンク>



相手の繰り出した

技を引き立てる

内藤のバンプは

素晴らしいの一言!

ただ

派手に受けすぎて

観ている方も

時折心配になるほどだが・・・

内藤をつかまえて

どてっ腹に膝を

ぶちこむモクスリー!

いけないポーズを決めて・・・!

荒っぽいファイト!

これぞジョン・モクスリーの真骨頂!

内藤をダブルアームの

体勢にとらえて・・・!

まさか・・・

ここで、早くも出るのか

必殺のデスライダーが・・・!

と、みせかけておいての

ダブルアームスープレックス!

内藤の巧みな切り返しを

警戒しているモクスリー

だが

ただ警戒するばかりでは

面白くない

さらに

その裏をかいて

攻撃パターンを変えていく!

<スポンサーリンク>



これは

モクスリーが

インディー団体で揉まれながらも

培ってきた経験と技術が

あればこそできる芸当だ!

 

内藤よ!

そして

内藤を応援するファンよ!

思い知ったか!

 

これが

ジョン・モクスリーのレスリングだ!

といわんばかりに

内藤をブン投げた後に

会場を見回すモクスリー!

さらに内藤の左腕を固めておいて・・・

サブミッションで内藤を

翻弄するモクスリー選手!

モクスリーは

こうゆう細かい

攻めも難なく

できてしまう

確かな技術に

裏打ちされた

レスリングで

正統派な闘い方も

展開することができ

実はオールラウンダーなのだ

本来なら内藤が

こうゆうネチネチとした技は

得意とするところではあるが

細かい技術を駆使して

モクスリーが逆に

内藤をネチネチと

攻め立てる展開に!

モクスリーが自ら場外へ!

モクスリーがリング下から・・・

椅子を取り出した!

モクスリーは

得意のハードコアマッチに

内藤を引きずりこむつもりか・・・!

だが

リング内に持ち込まれた凶器を

見かねたレフェリーが

モクスリーに駆け寄り・・・!

見事にパイプ椅子を没収!!!

あくまでも

リング内での決着は

クリーンファイトで!

ということか

まさしくレフェリーの鏡だ!

そこへ取り上げられたパイプ椅子を

わざわざモクスリーに渡す内藤さん!

なんとお人好しな・・・!

お人好しと見せかけておいての

内藤の片足キック!!!

手渡したパイプ椅子ごと

モクスリーを蹴り飛ばした!

なんと!

ここで内藤自ら

机を持ち出しリング内へ!

まさか・・・!

あえてモクスリーの

土俵に立って

闘うつもりなのか!?

続きはこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください