エキプロ5で鷹木信悟VS後藤洋央紀! 前半

注目の一戦!

ジャイアンVS殿!!

※以下、今年のG1クライマックス公式戦の

ネタバレを含みます

試合を前にして・・・

ウォーミングアップをしている後ろ姿・・・

会場の観客席を前にして

ひとり物思いに耽る

ザ・ドラゴン・・・

ジャイアン キタ━━━(゚∀゚).━━ ━!!!

今年のG1クライマックスが

昨日終わりましたね!

今年の優勝は

飯伏幸太選手!

脚を痛めたりと

満身創痍の状態でも

あきらめず闘い続けた結果

5回目のG1出場で

やっと掴んだ優勝トロフィー!

飯伏選手おめでとうございます!

そして

お疲れ様!

<スポンサーリンク>



今年も

飯伏選手をはじめ

出場選手全員が

凄い試合を連発して

見所が多過ぎましたが

中でも

初出場ながら

名勝負を連発し

G1クライマックスの歴史に

大きな爪痕を残した

ザ・ドラゴンこと

鷹木信悟をエキプロ5で

使ってみたくなり

エディットモードを利用して

作ってみました。

管理人自身

エディットはあまり得意ではなく

相変わらずクオリティは

なんとも

微妙なところですが(汗

鷹木信悟の対戦相手は・・・

荒武者!後藤洋央紀選手だ!

気合が入りまくっている殿!

今回の

一戦は

8.11日本武道館大会で

行われた

G1クライマックス29

Bブロック公式リーグ戦

の最終戦!

後藤洋央紀は

3連敗からの

怒涛の巻き返しを図る4連勝

<スポンサーリンク>



ここまで5勝3敗と

優勝戦線に踏みとどまり

そこへ

立ちはだかったのが

無差別級の闘いを宣言し

G1に殴り込みをかけた

令和の昇り龍!

鷹木信悟だったのだ!

この時の一戦を

エキプロ5でやってみたいと思います

 

後藤が着ているTシャツには

LA道場の文字が入っている!

後藤はG1前に2か月も

シリーズを欠場し

その間ロサンゼルスにある

ロス道場にて道場生を鍛えている

同郷の盟友である柴田勝頼を訪ね

あらためて

自分自身を見つめなおし

道場生と一緒に汗を流し

G1で優勝するために

己の肉体をイジメ抜いてきた

全ては

セルリアンブルーのマットの

中心に立つため!

そのためには

是が非でも

G1を取らねばならない!

G1のGは

後藤のGだ!!!

いざ!

鷹木が待ち受けるリングへ!

勝つのは鷹木信悟か!?

それとも

後藤洋央紀か!?

試合開始のゴング!

睨み合う両雄!

リング内をグルグルと回りながら

お互いに間合いを詰めていき・・・

ガッチリとロックアップ!

鷹木信悟が後藤洋央紀をヘッドロックにとらえる!

グイグイと後藤の頭を絞り上げる!

鷹木をロープに振った後藤は・・・

鷹木を抱えて・・・

サイドバスターに切って取る!

鷹木の後頭部めがけて

エルボーを振り落とす!

フィニッシャーへの布石か!?

後藤がヘッドロックを仕掛けたところ・・・

今度は鷹木が

逆にサイドバスターを繰り出す!

追撃のジャンピングニー!

鷹木のズシリ!

とくる逆水平チョップ!

鷹木「もう一丁!!」

後藤が、張り裂けそうな胸の痛みに

おもわず、のけ反る!

間髪入れずに

どんどん積極的に攻め込む鷹木!

ブレンバスターで高々と後藤を持ち上げる!

豪快なブレンバスターに会場も騒然!

戦前

後藤は鷹木信悟に対し

同じ匂いがする

レスラーだと言い放ち

一方の鷹木も

後藤洋央紀とは

ぜひとも一度

闘ってみたかった相手だと

発言しており

お互いに

意識しあっていたのだ!

<スポンサーリンク>



実際に

二人のプロレスのスタイルは

真っ向勝負の

直線ファイトであり

どちらも

パワーファイトを得意としていることから

ぶつかり合えば

駆け引きなしの

真っ向勝負となることは

誰の目にも明らかだ

今宵は

どちらかが

ぶっ倒れるまで

とことん

ぶつかり合おうじゃないか!

 

鷹木「立て!後藤!」

不甲斐ない後藤に対し・・・

鷹木「おい後藤!どうした?それで終わりか!」

パチーン!と

後藤の頭を手で張って

挑発する鷹木!

さぁ・・後藤は怒ったぞ!

ここまでコケにされて

黙っていられるものか!

後藤「きてみろ鷹木!」

鷹木「おりゃぁ!」

ロープに走り込んでショルダータックル!

だが

後藤は倒れない!

後藤「まだまだぁ!」

鷹木「このぉ!」

まだ倒れない!!

3度目の正直で後藤を

ぶっ飛ばす!!!

あまりの衝撃で

後藤の体がバウンドする・・・

なんという威力だ・・・

103kgを誇る後藤を

倒すような破壊力を

持ちながら

今年の

ベスト・オブ・ザ・スーパーJrに

普通に

エントリーしていたなんて・・・

<スポンサーリンク>



反則だ(爆

そう思わせるくらいの

規格外のパワー!

鷹木信悟を

Jrの枠に

おさめておくなんて

もったいなさすぎる!

彼のヘビー級転向宣言は

大歓迎だ!

鷹木「打ってこい!後藤!」

昇り龍が仁王立ち!

鷹木の挑発に後藤が応じる!

後藤がラリアット!!!

鷹木をなぎ倒す!

 

鷹木と後藤の

凄まじい肉弾戦!!!

鷹木「いてぇぞ!このぉ!!」

だが!

鷹木のショートレンジからの

パンピングボンバーを腕で

ブロックした後藤!

後藤が打ち合いで

鷹木をエプロン際まで追い詰めた!

後藤「よっしゃあ!」

後藤が押せ押せモードになってきたぞ!

だが、ここで

パ~ンピ~ング!!

ここで鷹木の

パンピングボンバーが火を噴く!!!

あ~orz

う~ん・・・

今いち

波に乗り切れない荒武者・・・

この試合展開も

今の

もがき苦しむ後藤を

象徴しているかのような展開だ

<スポンサーリンク>



それにしても

鷹木のパンピングボンバーは

凄い迫力!

この1発だけでも

十二分に説得力のある

威力十分のラリアットだ・・・!

全体重をかけて

体ごと浴びせかけにいくような

パンピングボンバー!

この一撃は

後藤にとっては

なんとも痛い1発だ

鷹木「後藤~!」

2発目のパンピングボンバーもヒット!!

グロッキーの後藤を

ボディスラムでブン投げて・・・!

鷹木は一気に後藤を料理する算段か!

ダメ押しの・・・!

龍魂エルボー!!!

これを剣山で切り返した後藤!

おおっ!

やはり今年の

荒武者は一味違うぞ!

鷹木をファイヤーマンズキャリーの体勢に

持ち上げた後藤!

何を狙う!?

牛殺しだ!!!

後半はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください