エキプロ5で黒潮”イケメン”二郎VS武藤敬司 前半

 

武藤とイケメン!

どちらの世界観の方が勝るのか!

 

 

ゴング開始早々

イケメンは得意のパフォーマンスで

レジェンドの武藤を相手に攪乱戦法!

7月に行われた

長州力のプロデュース興行

パワーホール2018 POWER HALL 2018

Battle of anather dimensionにて

6人タッグながら

初めて長州と相まみえたイケメン

実際の試合も見てみましたが

あの長州力選手を前に

まったく物怖じせずに

<スポンサーリンク>



 

 

自分のスタイルを貫き通して

イケメンは、終始自分をアピールして

イケメンここに在り!

という存在感を示していましたね!

 

イケメンコールもすごかった!

そして相変わらずの人気っぷり!

 

武藤が組もうとしたところを

スカして得意の側転パフォーマンス!

そして武藤を、おちょくるようなポーズを決めて

挑発!ジーニアス・武藤敬司を相手に

イケメンワールド全開でリングを

自分の世界観に染め上げようとする

イケメンのパフォーマンスは

一見ふざけているように見えて

相手を自分の世界観に引きずり込んで

ペースを握ろうとするプロレス的な

駆け引きが展開されているのだ

ここらへんはエキプロ5は

今さらエキプロ5で黒潮”イケメン”二郎を作ってみた

でも述べたとおりアピールムーヴ等が

非常に豊富なのでイケメンの

パフォーマンスを再現しやすいのがうれしいところ

ここで、ようやくイケメンと武藤がロックアップ!

イケメンがガッチリと武藤をヘッドロック!

武藤は巻き投げで切り返し!

 

 

 

イケメンも投げ返す!

 

 

そしてクルッと前転し、ドヤ顔のイケメン!

 

 

武藤のバックをとりにいくイケメン

 

かつて

船木から師事を受け

対武藤戦対策も伝授され

その際に

武藤のバックには

<スポンサーリンク>



 

気をつけろという

忠告を受けていたはず!

 

 

イケメンも、おもわず試合で

バックをとりたくなってしまうのだと

語っていたが・・・

 

 

 

逆にバックをとられてしまう

しかしイケメン

ここも鮮やかな一本!

 

しかし調子に乗りすぎたのか

武藤から手痛い反撃を喰らう

武藤はフラッシングエルボー

自分のリズムを作る

 

ここでグラウンドの攻防!

イケメン選手は、ただの色モノレスラーと思う勿れ!

船木誠勝選手にも弟子入りして

みっちりと指導を受けており

きちんとしたプロレスの技術も兼ね備えた

実力者でもあるのだ!

武藤が若い頃に使っていた技でもある

鎌固めを、あえて武藤に仕掛ける!

 

グラウンドのヘッドロックでイケメンが武藤を抑えこむ!

柔道のバックボーンを持つ武藤を

イケメンが見事な腰投げで1本!

まさかのイケメン、グラウンドで優勢!

武藤もヘッドシザースで応戦!

イケメンはヘッドシザースを難なく脱出

師匠に身体ごと、ぶつかっていく!

正に師の胸を借りる!

ヘッドスプリングでイケメンは軽い身のこなし!

ここでジャケットパンチ!

ジャケットを使った閃きで武藤をなぎ倒す!

押せ押せムードになってきたか!

追撃のトラースキックが、またしても武藤をとらえる

ますます調子づいてきたイケメン

ロープ際で武藤の喉元にチョップ!

イケメン再度ジャケットパンチを狙いにいくも

武藤にかわされ

ドロップキックを被弾!

イィヤァア!凹(゜┏┓゜)凹

 

 

武藤はイケメンと

向かい合った瞬間に

すかさずLOVEポーズ!

 

お互いの世界観が

激しくぶつかりあう

<スポンサーリンク>



 

 

リングというキャンバスを

己のカラーに

染め上げようと

せめぎ合う!

果たしてリングは

どちらの色に染まるのか!?

イケメンか!?

それとも武藤か!?

後半へ続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください