キンコロで棚橋弘至VS矢野通! 後半

 

棚橋VS矢野完結!

矢野は、のらりくらりと

棚橋の攻撃のリズムを崩す!

棚橋はエプロンへエスケープした矢野の足元に

素早く潜りこみ・・・!

 

矢野の脚を掴んでドラゴンスクリュー!!!

断崖式で繰り出し矢野に大ダメージを与える!

 

これぞ

現IWGP王者の閃き也!

 

新日でも1、2を争う

曲者矢野通の

巧みな攪乱戦術に対し

 

前半は苦戦を

強いられた棚橋・・・!

<スポンサーリンク>



しかし

それを棚橋独自の閃きと

円熟味を増した

技術と経験値で

上回ったうえで

 

きっちりねじ伏せてこそ

真のチャンピオンといえるのだ!

 

 

矢野をリング内に引きずり上げて

リング内でもドラゴンスクリュー!!

エプロン際の断崖式ドラゴンスクリューを起点に

試合の流れを棚橋サイドに手繰り寄せたか!

ここで満を持してのテキサスクローバーホールド!

しかし位置が悪し・・・

ブレーンバスターを逆に返されてしまう棚橋・・

試合の流れが棚橋に傾いてきたかに見えたが

その後の攻めが

なかなか続かない・・・

そんな棚橋を

あざ笑うかのごとく

矢野は得意のアマレス仕込みの

ベリートゥーベリーを棚橋に見舞う!

棚橋も反撃に出るが

ここも矢野がいなして・・・

矢野「ここが違うんで~す!!」

矢野「いくぞおまえら~!」

ここで矢野は得意の

YTRアピール予告!


しかし棚橋が

すぐに起き上がって

手薬煉を引いて

待っているとも知らずに・・・

対角線コーナーに振る棚橋に対し!

矢野「行くのはお前だ~!バ~☆!!」

タナが逆にコーナーに振られてしまう!

コーナー串刺し攻撃を狙った矢野を

タナはカウンターのパンチで迎撃!

ライガー「棚橋チャ~ンス!!!」

トップコーナーに登って・・・

ハイフライアタック!!

起死回生の一撃となるか!

燃えてきたチャンピオン!

二度目のテキサスクローバー!!

海野レフェリー「矢野!ギブアップか?」

粘ってなかなか降参しない矢野にタナが根負け・・・!

エルボーを打ち込んでくるタナの攻撃を切り返して・・

得意の逆さ押さえこみ!

カウントは2!

矢野の蹴り脚をキャッチ!

もちろんここもドラスク!

矢野はタナのドラゴンスクリューを何発かもらって

相当脚にきている

タナはチャンス!

絶好の好位置!

 

しかし

勝負にいった

ハイフライフローを

かわされる・・・!

 

膝がボロボロで

満身創痍の中繰り出した

<スポンサーリンク>



チャンピオンの

フィニッシャーであったが

矢野に完全に

読まれていたのだ

 

あえてタナの

自爆を誘ったか!

 

 

先に起き上がった矢野に対し・・

タナは起き上がることができない

起き上がれないタナをストンピング攻撃で痛めつけて・・

矢野「終わりだ!見とけおまえら!」

観客席を指差しアピール!

フィニッシュ宣言か?!

矢野「F△☆★ △〇☆!」

矢野の鬼殺しが炸裂!!!

決まったか!?

キックアウト!3カウントは入れさせない!

タナのブレンバスターをかわして

ここでYTRポーズを決める!

矢野「ヤノ・トー・ルー!!!」

バックをとる矢野であったがタナが

踏ん張ってディフェンスをとり投げにいけず

打撃攻撃に切り替える


去年のG1公式戦では

同門の石井智宏選手との

エルボーの打ち合いで

石井に打ち勝つ場面もあった

矢野のエルボー弾!

これにはタナがファイナルカットで切り返して応戦!

チャンピオンサイドに再びチャンス到来!

位置も申し分なし!

だが二度目も自爆orz

矢野がハイフライフローを受けてくれない(泣

矢野がジリジリとチャンピオンを追い込む

タナも矢野のパンチ攻撃を

かいくぐって闘う!

棚橋には、もうこれしかない!

三度目の正直なるか!

ハイフライフローが3度目で、ようやくヒット!!!

これは勝負あったでしょう!

なにぬね!?

矢野が、まさかのキックアウト!!

渾身のハイフライフローを跳ね返されるorz

タナは再びドラゴンスクリュー!

何度も同じ手は食わないとばかりに矢野が

タナの顔面を掻き毟ってドラゴンスクリューを回避!

ここで矢野が

レフェリーの死角を突いての

急所蹴り!

なんと卑劣な・・・!

そのまま丸めこみ!!!

ワン!

ツー!!

カウント2.9!!

 

ここで矢野は追撃のスピアー!!!

またしても急所攻撃!!

これには解説席のライガーさんも激怒(爆

丸めこみの攻勢!!

タナ!よく返した!

矢野「F△☆★ △〇☆!」

カウンターでスリングブレイド!!

4度目のハイフライフロー!

今度こそ決まるか!

さすがの矢野も

これ以上返せず力尽きる!

棚橋は苦しみながらも

曲者の矢野を退け勝利!

 

現王者としての

面子を保ったが

非常に苦しい展開が続きました

終盤はハイフライフローに

こだわりをみせて

2度かわされる

シーンがありましたが

<スポンサーリンク>



それでも

満身創痍のボロボロの膝でも

あきらめず繰り出した

計4発のハイフライフロー!

 

チャンピオンの気迫の闘いの甲斐もあり

観客満足度も80%!

 

もう少し高くてもいいような

感じの試合でしたが・・・

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

~完~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください