キンコロで獣神サンダー・ライガーVS鈴木みのる! 前半

怒れる獣神!ライガー

プロレスの王!鈴木みのるが1対1の

漢の果し合い!

10.14両国国技館での一騎討ち前の

最後の前哨戦の

後楽園ホール大会にて・・・

鈴木「何、勝手に楽しい余生過ごそうとしてんだ?」

鈴木「お前、それでいいのか?

お前のプロレス人生

このまま終わっていいのか?」

試合後

鈴木みのるがマイクで

ライガーを執拗に挑発する。

これまでライガーに対し

マスクを剥ぎ取るなどの

暴挙を繰り返してきた

鈴木みのる・・・

度重なる挑発から

長らく封印されていた

鬼神ライガーまで

引き出したのだ

鈴木みのるは

ライガーの怒りを

最大限引き出したいと

考えているようだ。

もちろん

ライガーは怒り心頭!

ライガー「あんな奴と試合になるか!

両国はケンカだぞ!ケンカ!」

ライガー「俺は言ったことは必ず

有言実行するからな!」

そして後楽園ホールに集まったお客さんに

鈴木みのるを撃破することを約束したライガー!

そして遂に両国で二人の果し合いが

実現したのだ

最初に登場したのは

プロレス界の王様

鈴木みのるだ!

この鋭い眼光!

いつになく殺気立っている王様・・・

この果し合いは壮絶必至になりそうだ・・・!

そして・・・

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

バトルライガー仕様で登場したライガー!

手ぐすねを引いて待ち構える鈴木みのる

両国のポスト最上段に駆け上がった怒りの獣神!

大見得を切りながら!

リングイン!

入場コスチュームを脱ぎ捨て

露わとなった上半身!

黒々と焼けた褐色の肌!

バッキバッキに

パンプアップした鋼の肉体!

この日のために

コンディションを整え

最高の仕上がりで

鈴木みのると相対する!

この大会のメインでは

オカダSANADAの

IWGPのチャンピオンシップがあったが

<スポンサーリンク>



この試合を

一番の楽しみに

会場に足を運んだ

ファンも多かったはずだ。

見に来てくれるファンの

期待に応え

対戦相手である

現役バリバリの

鈴木みのるに対しても

最高のライガーで

あるべく

ストイックに

体調を管理し

トレーニングを

重ねてきたのだ。

普段はバトルスーツに身を包むために

鍛え抜かれた上半身を

見ることはできないだけに

バトルライガー仕様は

痺れるくらいにカッコイイのだ!

ゴングが打ち鳴らされる!

鈴木「来いよ!」

互いの間合いが縮まり・・・

先に仕掛けたのはライガーだ

いきなりのバチバチとした

シバキ合いの展開に!

両雄ともに望むところといった感じだ

この最初の打ち合いを制したのはライガー!

そして鈴木の腕をとって・・・

ショルダーアームブリーカーを敢行!!!

これは痛そうだ

鈴木みのるの左腕を果敢に攻め立てるライガー

今度はライガーの全体重ごと

浴びせかけるようなショルダーアームブリーカー!

 

倒れたところを

すかさず

羽根折り式の

腕固めに取るライガー

 

鈴木みのるを倒すべく

ライガーも色々と

鈴木対策を考えてきたようだ

 

左腕を執拗に攻撃され

みのるは苦悶の

表情を浮かべる・・・!

<スポンサーリンク>



2002年に

パンクラスで

鈴木みのるに

敗れて以来

柔術の出稽古に

行ってるライガー

グラウンド技術にも

日々磨きを

かけてきたのだ

あの敗戦は

当時の試合後の

バックステージでも

ライガーは何度も

悔しいを連呼し

悔しさを滲ませていた

今宵は

あの日の

雪辱戦だ!

ロープへと

にじり寄り

なんとかかんとか

ロープエスケープ!

ここで鈴木はラフファイトに出て

ライガーのペースを乱さんとする

一本足頭突きだ!

一本足頭突きの名手といえば藤原喜明選手!

鈴木とライガーの

かつての師でもある

この辺りは

何かしらのメッセージが

込められているのだろう!

もっとも

この二人にしか

分からない

ことだろうことだろうが・・・

今度は一転して鈴木が攻勢へ!

ライガーをフルボッコ!

倒れこんだライガーに対し

辛辣な言葉を

浴びせかける鈴木みのる!

みのるが望んでいるのは

弱いライガーではなく

怒りの獣神

最強のライガーであろう

その強いライガーと

対峙することを望んでいる

プロレスの王は

ライガーの力を

最大限に引き出し

<スポンサーリンク>



そのライガーを

完膚なきまでに

叩き潰すことで

これから

去りゆくレスラーと

今もなお

一線で活躍する

バリバリの

現役レスラーとの違いを

まざまざと

見せつけるとともに

自身の力を

殊更に

誇示せんとしているのか

ライガーも得意の風車式バックブリーカーで応戦!

出た!ここ一番での浴びせ蹴り!!!

ライガーがノッてきたぞ!

場内は一気にライガーコール!

ライガーのリズムに乗せられるのを嫌ってか

みのるが場外へエスケープ

そして・・・

この漢同士の果し合いに使って欲しくなかった

パイプ椅子を取り出したのだ・・・!

ライガーを場外戦へと誘う鈴木みのる・・・

ここで挑発に乗ってはいけない・・・

ライガーさん・・・orz

ああっ!

挑発に応じてしまったライガー!

後半はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください