キンコロでAJ・スタイルズ VS SANADAをCPU観戦その③

華麗に決めろ!SANADA!

スタイルズバスターをもろに受けたSANANDAの

ダメージを見計らったAJはコーナー最上段へ

ここでスーパーマンスプラッシュ!

辻アナ「無人島に着陸してしまった!!」

 

AJ・スタイルズは

 

華麗にテイクオフしたものの

 

着陸した場所にはSANADAはおらず、

 

青いセルリアンブルーのマットという

<スポンサーリンク>




広大な海だった・・!

AJは強く膝や上半身を打ちつける!

 

肉体的なダメージも大だが

これをよけられたことによる

精神的なダメージも計り知れない

これはSANADAチャンス!

 

SANADAの綺麗なドロップキック!

得意の打点の高いドロップキックで

反撃の狼煙となるか!?

TKOで一気にSANADAのペースに持ちこもうと

するものの一筋縄ではいかないのが

AJ・スタイルズ

そうやすやすと主導権を握らせてはくれない!

 

ブロックするAJ

AJはジャンピングエルボーで

SANADAに飛びかかる

ここでトップロープを利用したリバースDDT

攻めこまれるSANADA!

ここでAJは狙いを定める!

AJのフェノメナール・フォアアームだ!

的確にSANADAをとらえた!

AJは、すぐさまカバーに入る

ワン!

ツー!

からくも2.9でキックアウト!

AJはなおも攻撃の手を休めない。

ここを勝機とみたのか大技を連発する!

直下式のブレーンバスターでSANADAを

マットに叩きつける

首に衝撃が走るSANADA

ハローポイントといい

このブレーンバスターといい

今回のAJは”キラーAJ”だ!

 

しかし百戦錬磨のAJから

こうゆう一面を引き出した

<スポンサーリンク>




SANADAも、してやったりだ

相手の強さを十二分に引き出したうえで

最後にSANADAが勝てば

 

こんなにおいしいことはない。

改めて世界にSANADAをアピールできるチャンスでもある

 

1

ここから再び

フェノメナール・フォアアームを繰り出すAJ

これをすかしたSANADAは

 

起死回生のスカル・エンド!

これをなんとか耐えきったAJ

ここで休んではいけない!

行けSANADA!攻めろ!

攻め続けろ!

今度はリング中央で!

再びスカル・エンドを決める!

両足でAJの腰をガッチリとホールドし

理想的な形で決まった必殺技!

これはSANADAに軍配か!?

しかしAJもしぶとい!

リング中央で完璧に決まったスカル・エンド

しかし

なかなかAJはギブアップしない!

アスクヒム!

グイグイと絞り上げるSANADAだが

 

それでもAJは降参せず!

 

スカル・エンドを解くSANADA

SANADAには

あと何がある?

何が残っている?

SANADAにはこれがある!

「いゃぁああ!」

SANADAは叫びながらAJに対してTKOを炸裂させる

AJを確実に1歩、1歩追い詰めていきたいSANADAは

引き出しを開けて勝負に出る!

なんとしてでもAJから勝利を奪いたい

レフェリー!カウント!

ワン!

AJは

カウント、ツーで弾き返す!

立ち上がる両雄は真っ向から打撃の応酬

胸を張って耐えるSANADA

SANADAも退かない!

一進一退の攻防!

AJの不意を突いたオーバーヘッドキック!

AJがSANADAを持ち上げようとするが

こらえるSANADA

エルボースタンプでSANADAの防御を

崩しにかかる

再び腰を落として力を込めたAJ

スタイルズクラッシュの体勢に入る!

スタイルズクラッシュが決まった・・・・!

ワン!

ツー!

奇跡的にこれを返した!

土俵際で残ったSANADA

AJは攻め続ける

バックを取り返し

SANADAのタイガースープレックス!!

そのままホールド!

ワン!

ツー!

これでも決まらず・・・!

SANADAはここで勝負に出る!

シュミット式のバックブリーカー!

これが出たら、もう”アレ”しかないでしょう!

トップロープに登ったSANADA!

 

武藤の遺伝子を継ぐSANADAの

ラウンディングボディプレス!

 

SANADAがこの技を継いで

新日本プロレスのマット上で

華麗に宙を舞うのは

なんとも嬉しい限り!

<スポンサーリンク>




スポーツ報知さんの

ネットで現在掲載されてる

武藤敬司の”さよならムーンサルトプレス”

の連載は読み応えがありましたね!

この技が次世代のSANADAに

受け継がれていきますが

大事に使って欲しいものです

 

美しく弧を描く!

これぞプロレスの華!

AJスタイルズに決めた!

しかし、渾身のムーンサルトをAJは即キックアウト!

切り札を返されてしまったSANADAだが

果敢に攻め続ける

コールド・スカルとなってからのSANADAは

以前の真田聖也時代と違って

あまり感情を表に出さないが

今回は感情を剥き出しにして闘う

今回3度目のスカル・エンド

これでもタップしないAJ

SANADAはラッシュをかける

AJも反撃!

AJコンビネーションをSANADAに叩きこむ!

この攻撃に一瞬ひるんだ

SANADAの隙を突いて

カーフ・クラッシャーで勝負あり!

前回の対決ではこの技に敗れたSANADAだったが

今回もこの技で敗北・・・

惜しくも勝利はならなかったが

SANADAもAJスタイルズを追い込み

見せ場をけっこう作れたかと思います。

観客満足度も94%と高得点!

冒頭にも書きましたが

現在のAJとSANADAの一騎打ちの実現は

難しい状態ですが

プロレスは点ではなく、線。

紆余曲折を経て

いずれ二人が

再び交わる時が来るかもしれません。

その時まで楽しみに待つとしましょう!

それでは最後まで見てくださり

ありがとうございました!

その①に戻るにはこちらから

その②に戻るにはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください