ケニー・オメガVSオカダカズチカ(WWE2K18) その①

現代の名勝負数え歌である

オカダVSケニーをWWE2K18にて再現!

 

先月行われたタイトルマッチ

IWGPヘビー級王座戦で

60分を超える

死闘を演じた

オカダカズチカとケニー・オメガ

オカダとケニーのストーリーは

去年の1.4東京ドームの

IWGPヘビー級王座戦から

始まります

この時は

王者オカダカズチカの

レインメーカーの前に

ケニーが轟沈し

タイトル奪取ならず。

同年6月の

大阪城ホールにて

ケニーは再び

<スポンサーリンク>



 

オカダカズチカの

保持する同王座に

挑戦するも

60分フルタイムドローで

タイトル奪取ならず

 

3度目は

G1クライマックスのリーグ最終戦にて

三たび相まみえます

この時は

ケニー・オメガが

オカダカズチカを

 

見事、片翼の天使で沈めて

シングル戦初勝利を奪いました。

そして

先月のIWGPタイトル戦が

4度目のシングル戦となったわけですが

なんと異例の時間無制限3本勝負という

試合形式で行われ

1本ずつ取り合い最後の3本目は

 

ケニーの片翼の天使が

オカダに炸裂し

3カウントを奪い

ケニーがオカダに勝利し

IWGPヘビー級王座を初戴冠!

プロレスを心から愛し

プロレスに自分の人生を捧げ

己の全ての情熱を注いで

日米のインディー団体を

渡り歩いてきた

カナダの路上王が

<スポンサーリンク>



 

新日本プロレスの絶対王者

を下して頂点を掴む

というかたちでひとつの

偉大な物語を紡ぎ

ケニーのIWGP王座戴冠の

瞬間を見た

日本のファンのみならず

世界中のプロレスファンを

大いに

感動させたことは

もはや

いうまでもないでしょう!

 

登場するやいなや

会場は大ケニーコール!

会場のケニーコールに手を上げて

応えるケニー・オメガ

1歩1歩四角い

セルリアンブルーのジャングルに

歩を進めるケニー

いよいよロープに手をかけた!

鳴り止まないケニーへの声援

ケニーオカダの期待値の高さを上回る闘いを

やってのけてしまうのが

ケニーオカダの凄いところでもある

ケニーがリングイン!

リング上で対戦相手のオカダを待つ

会場内に

お札がヒラヒラと舞う!

新日本プロレス

いや

プロレス業界全体に

金の雨を降らせる男・・・・!

レインメーカー!

オカダカズチカがマネージャーの外道さんを

伴って登場!

幾多の大舞台でトリを務め

新日本プロレスの顔として屋台骨を

支えるだけでなく

日本のプロレス業界全体を

牽引する責任を背負い

その重責を

担ってきたオカダから

みなぎる自信!

そして

 

この全身から溢れてくるオーラ!

プロレス界を背負い、支え

引っ張ってきた

男の背中が

それを物語る!

階段を確かめるように・・・

ゆっくりと1段1段登り

ケニーの待つリングへ!

オカダカズチカがリングイン!

コーナーに登ったオカダ

 

そして

いつものように

かっこよく

レインメーカーポーズを

決めるオカダ

 

会場内は

ケニーの声援が

大きく

<スポンサーリンク>



 

オカダにとって

アウェー感が

漂う感じすら

してしまうが

そんなことは

まったく

意に介さないのが

オカダカズチカ

 

 

オカダへのブーイングも少なからず聞こえてくる

それほどまでに超人オカダが

強すぎることに対する裏返しでもある

会場内を見渡すオカダ

やはり会場内はオカダへの声援より

ケニーへの声援が勝っている

オカダの絶対王者路線に

飽き飽きしているファンも

ケニー側に

まわってしまったのだろうか

この逆風下でも動じないのがオカダ

数々の修羅場を潜り抜けてきたオカダには

どこか余裕すら感じられる

視線を会場内から

対角線にいる対戦相手の

ケニー・オメガへと移すオカダ

ケニーとオカダの名勝負数え歌再び!

 

その②へ続く!その②こちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください