バープロ2のリネーム&リコスチュームデータを公開!(伝説の黒幕編その2)

伝説の黒幕編完結!

仁王田剛・・・リネーム:大仁田厚

181cm 100kg

 

プロフィール

74年全日本プロレスでデビューし

Jr戦線で活躍。しかし怪我が原因で現役を引退。

88年にFMWを旗揚げし過激なデスマッチ路線で

一世を風靡した。98年には業界の盟主たる

新日本プロレスに殴り込みをかけて

一度現役を退いた長州力との対戦を要求。

健介や蝶野、ムタとのシングルマッチを実現させていく中

大仁田との対戦になかなか応じない長州に対し

手をかえ品をかえ直接対決を要求し続け

遂に長州力をリングに引きずり出すことに成功。

大仁田が新日に持ち込んだ邪道の毒は

当時会長だったアントニオ猪木でさえも

危機感を持ったほど。

それほど大仁田は強烈な毒を放っていたのだ。

          顔データ

 

頭・・・・標準1

顔・・・・顔83

髪・・・・髪5

前髪・・・・前髪83

アクセサリー・・・・額絆創膏19

ひげ・・・・なし

ペイント・・・・なし

          コスチュームデータ

 

体型・・・・標準型4

試合衣装・・・・ボロジーズンズD17

タトゥー・・・・14傷2
<スポンサーリンク>



上着・・・・ボロTシャツB7

入場衣装・・・・A9革ジャン2

入場時の凶器・・・・椅子

手・・・・テーピング1

左膝・・・・10ロングニーパッド2

右膝・・・・10ロングニーパッド2

靴・・・・A4標準シューズ

手首・・・・なし

左肘・・・・なし

右肘・・・・なし

 

 

 

          主要技データ

 

小技に流血設定が多い。

これらを生かさない手はない。

対戦相手をたちまち流血状態に追い込んで

バープロのリングを邪道一色に染めてやろう!

最後はサンダーファイヤーパワーボムでフィニッシュだ!

 

 

アミーゴ稲村・・・リネーム:アントニオ猪木

190cm 102kg

プロフィール

夢とロマンに溢れる炎のファイター!

それがアントニオ猪木だ。

「いつ、何時、誰の挑戦でも受ける」

プロレスこそ最強の格闘技であるという

ストロングスタイルを標榜し

自ら異種格闘技戦にも

積極的に打って出るなど後の

総合格闘技という分野の先駆け的な存在ともなった。

98年に猪木は現役を退いたが

彼のプロレス遺伝子は

多くの弟子たちへと受け継がれているのだ。

 

          顔データ

 

頭・・・・面長5

顔・・・・顔80
<スポンサーリンク>



髪・・・・髪3

前髪・・・・前髪80

ひげ・・・・なし

ペイント・・・・なし

アクセサリー・・・・なし

 

          コスチュームデータ

 

体型・・・・標準型4

試合衣装・・・・A1標準パンツ

入場衣装・・・・馬場ガウン

タトゥー・・・・なし

上着・・・・なし

入場時の凶器・・・・なし

靴・・・・ショートシューズA1

手・・・・なし

手首・・・・なし

左肘・・・・なし

右肘・・・・なし

左膝・・・・なし

右膝・・・・なし

          主要技データ

 

一つ一つのムーヴに独特の色気を放つ猪木!

不意打ちにも威嚇にも使える竜巻蹴り。

タイガージェットシンの腕を折ったアームブリーカー。

代表的な技の数々。

ムタとのファンタジーファイトを制した

渾身のチョークスリーパー。

アリとの世紀の一戦を彷彿とさせる!

猪木の名場面を思い浮かべながら。

威力C設定で頭部、腕部、胴部にダメージを

与えることのできる技だ。

フィニッシュとして使ってもよいだろう。

 

千葉倫太郎・・・リネーム:長州力

184cm 115kg

プロフィール

72年に新日に入門した長州だったが

長い間低迷期が続き

そんな中、入門時期こそ若干ずれるものの

ほぼ同期の藤波辰爾に対して

伸び悩んでいた長州は強烈なジェラシーを抱き

そのフラストレーションが積もりに積もって

大爆発。そして

それが噛ませ犬発言へと繋がり

藤波と名勝負数え唄を展開し大ブレイクを果たした。

一線から身を引いてからは選手兼現場監督として

長らくセルリアンブルーのマットの

現場を仕切っていたこともある。

今年の2019年6.26後楽園ホール大会を最後に現役を引退。

 

          顔データ

 

頭・・・・標準1

顔・・・・顔82
<スポンサーリンク>



髪・・・・髪5

前髪・・・・前髪82

ひげ・・・・なし

ペイント・・・・なし

アクセサリー・・・・なし

          コスチュームデータ

 

体型・・・・ずんどう型6

試合衣装・・・・標準パンツA1

入場衣装・・・・TシャツC1

タトゥー・・・・なし

上着・・・・なし

入場時の凶器・・・・なし

手首・・・・リストバンド1

靴・・・・ショートシューズA1

手・・・・なし

左肘・・・・なし

右肘・・・・なし

左膝・・・・なし

右膝・・・・なし

          主要技データ

 

長州力といえばリキラリアット!

ブレーンバスターやバックドロップは

長州の得意なスープレックスだ。

Max技の双手狩りからサソリ固めへ直結できる。

 

 

大山仲道・・・リネーム:小川直也

193cm 115kg

 

プロフィール

97年に橋本真也戦でデビュー。

デビュー戦にて橋本に勝利したものの

しばらくは柔道スタイルを引きずるかたちで

伸び悩んでしまう。

後の無い崖っぷち状態だった小川は

99年1.4東京ドーム大会で

橋本に対しセメントマッチを仕掛けるという

暴挙に出て戦慄の暴走柔道王と化し

破壊王橋本との激しい抗争劇で大ブレイクを果たす。

その後、橋本と電撃和解をして共闘し

OH砲を結成し無二の盟友となるなど

プロレス史に残るドラマを展開した。

          顔データ

 

頭・・・・細面2

顔・・・・顔81
<スポンサーリンク>



髪・・・・髪2

前髪・・・・前髪81

ひげ・・・・なし

ペイント・・・・なし

アクセサリー・・・・なし

 

          コスチュームデータ

 

体型・・・・標準型4

試合衣装・・・・A20VTパンツ1

入場衣装・・・・C1Tシャツ

手・・・・オープンフィンガー4

手首・・・・リストバンド1

左膝・・・・ニーパッド1

右膝・・・・ニーパッド1

靴・・・・B2レガース

左肘・・・・なし

右肘・・・・なし

タトゥー・・・・なし

上着・・・・なし

入場時の凶器・・・・なし

          主要技データ

 

オリンピック柔道銀メダリストの実力は伊達じゃない!

小川の投げ技は対戦相手にとっては脅威そのもの!

特に大外刈りをプロレス用にアレンジしたSTOは破壊王・橋本真也を

マットに沈めたほどの威力。バープロ2においても威力Aと

その破壊力は抜群。さらにKO設定まであるので

対戦相手をノックアウトすることも可能だ。

Max技でしか繰り出せないので、マメに精神力を上げておこう。

 

~伝説の黒幕編完~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください