ファイプロワールドで内藤哲也と鷹木信悟が激突!後半

 

内藤と鷹木の闘いは

運命・・・そう!

まさにデスティーノ!!!

 

マジックキラーを浴びせてからも

攻撃の手は緩めない!

もう

このパワーは

Jr階級の選手の

それではない

7.24広島サンプラザホールで

鷹木信悟と

G1クライマックスの

Bブロック公式戦で対戦した

ジョン・モクスリーは試合を終えての

バックステージコメントにて

<スポンサーリンク>



シンゴ・タカギ!

あいつは断じて

ジュニアヘビー級の

選手じゃない!

奴は、まるで

戦車かサイのようだ

220パウンド(約99Kg)だと?

おいおい

最低でも

240パウンド(約108kg)は

あるだろと(爆

このコメントが

全てを物語っている・・・!

 

 

鷹木の波状攻撃を

かわして内藤が反撃!

パワーファイターの

力の源泉ともいうべき

下半身を攻める

 

下から切り崩す戦法は

まさに

セオリーどおり!

<スポンサーリンク>



ましてや

鷹木信悟は

ジョン・モクスリー戦で

徹底した脚殺し殺法を受けて

脚にはダメージが

相当に蓄積しているはず・・・

そこを同門でありながらも

内藤は容赦なく攻める!

対角線を挟んで対峙すれば

同じハポンのメンバーだろうが

関係なし!

ここで内藤がジャーマンスープレックスホールドを放つ!

EVILが出てきてカット!

倒れている鷹木の顔を足蹴りにして挑発する内藤!

起き上り怒気を強めた鷹木信悟!

グーパンチの連打で攻勢!!

さらに!

鷹木を怒らせたら

こうなるのは必然!

 

エグイ角度の

バックドロップを

ブッ放す鷹木信悟!!!

 

これだけの

急角度を遠慮なく

繰り出せるのは

内藤哲也というレスラーを

信頼しているからこそ!

<スポンサーリンク>



内藤のセル

(所謂受け身、バンプ)は

非常に巧い!

逆に

セルの下手な相手に

これだけの

バックドロップを打つことは

できないだろう

 

派手にバックドロップを喰らって

内藤の身体が

九の字に折れ曲がる・・・!

内藤!

大丈夫か!?

 

 

EVILが間髪入れずに飛んでくる!

 

内藤のピンチにはSANADAが出る!

SANADAを青コーナーサイドに押し込み・・・!

SANADAを対角線へ振る!

今度は

EVILを対角線へ!!!

EVIL&鷹木の連携攻撃か!

鷹木「ヨッシャ!いくぞ!!!」

今度は鷹木自身が対角線へ走り込む!

鷹木「サナダ~!!!」

出たぞ!

龍魂ラリアット!!!

鷹木信悟のぶっとい左腕に

アノ人の魂が宿る!!

しかも

逃げ場の無い串刺し式だ!

SANADAの首が

もげてしまったんじゃないかと

観ている側に

おもわせるような

強烈な一撃!

<スポンサーリンク>



これが

鷹木信悟と

10年ぶりの再会を果たし

肌を合わせたジョン・モクスリーが

バックステージコメントで

言い放ったシンゴ・タカギは

まるで戦車のようだったと

いわしめる程の

インパクトなのか!

なんにしても

パレハである内藤は

とんでもない怪物を

セルリアンブルーのマットに

呼び込んでしまったものだ!

それは

待機コーナーで戦況を

見守っている内藤自身が

一番感じているにちがいない・・・!

龍魂ラリアットを喰らったSANADAはグッタリ

鷹木「終わりだ!!!」

SANADAを抱え上げた鷹木信悟!

この体勢は!?

鷹木「でやぁあ!!!」

ラストオブ・・・!

ザ・ドラゴン!!!

ロープ際で

かろうじて一命を

取り留めたSANADA!

ダメージの大きいSNADAは内藤にスイッチ!

鷹木「内藤ぉ~!!!」

左腕一本で内藤をねじ伏せる!

鷹木「いけ!EVIL!」

EVILが追撃のダイビングエルボー!

これを寸前で

かわした内藤!

ここが内藤の巧いところだ

内藤が一気に勝負に出た!

デスティーノ!!!

ワン!

ツー!!

救出に出た鷹木をSANADAが

遮ろうとするが

これを蹴散らし・・・

カットが間に合うか!

なんとか間に合った・・・

今度は素早く丸め込み!

ワン!

ツー!!

間一髪

自力で返したEVIL!!

驚異の粘りをみせる青コーナーサイド!

内藤は連続攻撃で畳み掛ける!

いっけえ!

EVILの脚を払い・・・!

エプロン際からの~

コーナーミサイル発射!!!

内藤のオリジナルムーヴが

EVILに炸裂す!

リング上を

縦横無尽に駆け回り

躍動する内藤哲也!

内藤のコンディションは

すこぶる、よさそうだ!

攻め込まれ続けたEVILも意地をみせる!

EVILのフィニッシュホールドを内藤が潰す!

内藤アシストからの・・・

タイガースープレックスホールド!!!

ワン!

鷹木のカットが間に合うか!

ツー!!

鷹木のカットが

僅かな差で間に合わず

3カウントのゴング・・・!

試合終了後

睨み合う内藤哲也と鷹木信悟!

お互いにプロレスラーを目指し

切磋琢磨した

アニマル浜口ジム時代からの

付き合いになる両雄!

当時の内藤は鷹木のことを

意識しまくっていて

スパーリングでも

群を抜いて強かった当時の鷹木に

ジェラシーを感じていたそうで

鷹木のことは嫌いだったとか(爆

一方の鷹木も

当時の内藤の飲みこみの早さに

一目置いていたようで

そんな二人が

時を経て同じリング

同じユニットで共闘し

そして

G1クライマックスという

大舞台で

1対1のタイマン勝負・・・!

まさにデスティーノ!

<スポンサーリンク>



一体

どんな試合展開になるのか

非常に楽しみで

ワクワクしますね!

個人的にも

今年のG1クライマックスで

一番楽しみなカードです!

勝敗予想は内藤が勝つと

予想しますが

皆さんは

どちらが勝つと思いますか?

その答えは

もちろん・・・

トランキーロ!あっつせんなよ!

ということで(笑

最後まで

見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください