リメイク版ファイナルファンタジーⅦ(FFⅦ)の体験版をやってみた その2

いよいよ壱番魔晄炉の

内部へ突入!

クラウド「魔晄炉は建造された時期に

よって構造が違う」

ツンケンとしている

クラウドさんと

ケンカ腰で

接してくる

バレット・ウォーレス・・・

そんな二人が

一緒に行動して

仲良くなるはずがなく・・

行く先々で

ひと悶着する

シーンも┐(´-`)┌ヤレヤレ・・・

197cmと

2メートル近くの上背と

元々

出身地で炭鉱夫を

やっていただけあって

やたらと筋肉質で

横にもデカく

体の厚みがすごい。

そんな屈強な

肉体を誇るバレットが

クラウドさんに

凄むシーンは

凄まじい

威圧感・・・

<スポンサーリンク>




序盤かなり

ギクシャクしている

二人ですが

ストーリーが進むにつれて

クラウドに当たりが強かった

バレットにも心境の

変化が現れて

わだかまりも

解けてくるのですが・・・

 

おっと!

ここで

中距離連射型の

警備機械の

お出ましだ・・・!

ここはアバランチのリーダー

バレットさんの腕の見せ所だ!

彼は右腕のギミックアームなる義手での

遠隔攻撃を得意とし

クラウドのソードが届かない

敵に対しては

バレットの遠隔攻撃が有効だ!

また敵の攻撃範囲から

距離を取っての

アウトレンジ攻撃する

こともできるので

状況に応じて

クラウドとバレットを

使い分けよう!

操作キャラの切り替えは

方向キー上下か左右

どちらでもいけるぞ。

またL2ないしR2ボタンで

仲間に指示を出すこともできる。

レーザーか・・・

子供騙しなギミックを使いおって!

レーザーが消えたタイミングを

見計らってダッシュして

抜ければ楽勝、楽勝!

ぐはっ!

楽勝といった

そばから

おもいっきり

レーザーに

引っかかってしまう(爆

まぁ

レーザーに

引っかかったところで

そこまで

たいした

ダメージを負うわけでは

ないが・・・

<スポンサーリンク>




レーザーの網の目を

くぐり抜けると

 

そこには・・・

スイーパーが!

その通称の通り

クラウド達のような

外部からの侵入者を

一掃する意味から

掃除屋と!

それでこうゆう通称が

付けられた?

らしい(爆

クラウドさんもいうね(笑

だが通常の雑魚戦の

ようにはいかないので

油断は禁物!

一定のダメージを敵に与えることで

敵が体勢を崩すことがあるので

この間にアビリティや魔法を

ぶち当てることで

敵のバーストゲージが

大きくたまって

バースト状態に

持ち込むことができるぞ!

バーストゲージは上の

スクリーンショットにある

四角枠で囲ったところが

バーストゲージだ。

なお

このゲージには

ゲーム画面上では

HEATと表示される模様。

バーストした敵は無防備状態になりダメージが大きくなる

バースト中に固有アビリティで攻撃すれば

ATBゲージが大幅にたまる。

ATBゲージをためて

魔法や強力なアビリティを

敵に叩き込もう!

リメイク版の仕様では

オリジナル版と違って

最初から使える魔法は

サンダーではなくなり

ファイアとなっている。

クラウドの予告通り

スイーパーを

スクラップにすることに成功!

さぁ!どんどん先へ進むよ!

魔晄炉の中心部を発見!

ここを降りていけば

魔晄炉の核へ辿り着ける

モタモタするな!

バレットさんも歓喜!

クラウドさんにやれとな・・・!?

しゃーないな

脱出まで20分もあれば

余裕で間に合います。

ええ、まぁ。

!?

くるぞ・・・!?

真上からか・・・!?

 

 

この

リメイクされた

ファイナルファンタジーⅦの

体験版のラスボス

ともいうべき

ガードスコーピオン

クラウドと

バレットの前に

立ちふさがる!

<スポンサーリンク>




この

ガードスコーピオンは

神羅カンパニーが

開発、製造した

大型の警備機械モンスターで

多くの武器を多武装している

厄介な相手だ。

こいつは

これまでの雑魚敵や

スイーパーなんかとは

違い一筋縄では

いかぬ

相手だ!

続きはこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください