今さらエキプロ5で棚橋弘至(CAW)を作ってみた(クリエイト)

今さらシリーズ第2弾ということで

今回は棚橋選手を作ってみました!

 

今さらながら2作目棚橋弘至をエキプロ5でエディット

 

はたして需要があるのか無いのかというくらいの

今さら感(爆

はい、完全に趣味の世界です(笑

と、いうことで

懲りずに2体目のCAWを作成!

今回は今年のG1を制覇し

ノリにノッている太陽のエース

棚橋弘至選手

エディットしてみました!

 

ちなみに

棚橋の入場衣装は

エキプロ5で再現が

できそうになかったため

断念しましたので

リングコスチュームのみとなります。

クオリティは前回作った

内藤哲也選手の

CAW(今さらエキプロ5で内藤哲也を作ってみた

から推して知るべし!

棚橋のブラック版のタイツが

かっこいいので

再現してみたかったのですが・・・

ちと、今いちかな?

棚橋が右腕の負傷欠場明けから

着用し始めた

サポーターですが・・・

 

ポイント
タナのサポーターはリストバンドを長めに調整して作成すべし!

 

です!

ちなみに

<スポンサーリンク>



 

リストバンドを設定する時は

片方の腕のみの設定でやる

簡単にできちゃいます。

 

作成した棚橋弘至(CAW)の技を選定

 

遠慮なく、どんどん

技を入れていきましょう!

まずは

当然足攻め系の技を

入れていきます。

低空ドロップキックや

ドラゴンスクリュー等々・・・

 

おっと!

テキサスクローバーホールドも忘れるところだった!

スリングブレイドは

ネックブリーカードロップ3で代用!

ツイスト&シャウトは

ネックブリーカードロップ14かな!

ハイフライアタック!

フィニッシャーのハイフライフローは

フロッグスプラッシュ3が一番迫力があってイイ!

 

本家HBK VS 和製HBK!

 

2009年だったでしょうか

当時IWGP王者だった棚橋が

カート・アングルを挑戦者に迎え撃つ

際の調印式でカートから

棚橋は日本版の

ショーン・マイケルズ(HBK)だと

いわれたんですよね!

棚橋自身も

ショーン・マイケルズが好きで

HBKのプロレスに対する

ストイックさ

<スポンサーリンク>



 

攻めの姿勢を

リスペクトし

そして棚橋自身も

HBKがそうであったように

満身創痍の身体であっても

常に全力疾走!

プロレスに全身全霊を捧げ

闘う姿は

本当にかっこよすぎる!

 

棚橋が憧れ

リスペクトする

アメリカマット界のレジェンド

HBKことショーンマイケルズと

和製HBKの棚橋のドリームマッチ!

 

この二人の闘いは

実際に見てみたいカード!

 

 

本家HBK VS 和製HBK!

ゴング開始早々

HBKはロープワークで準備運動

まずは腕の取り合いから

お互いの力量を探る展開

棚橋もアームドラッグで投げ返す!

HBKはマンハッタンドロップからの

いきなりのスーパーキック炸裂!

棚橋も得意の足攻めで対抗!

本家HBKのお株を奪う棚橋のアピール!

挑発を続ける棚橋!

おもいきりHBKを張る!

これにはさすがのHBKも怒り心頭!

棚橋の頭部めがけて低空ドロップキックを突き刺す!

場外で散々に痛めつけられる棚橋!

場内に戻ると棚橋も反撃!

ハイフライアタックを敢行!

が、これがレフェリーに誤爆!

レフェリーがノビてしまい無法状態のリング上で

激しくやり合うHBKとタナ!

再度ハイフライアタックを試みる!

今度は成功!

ユニバースはカウント1,2、3の大合唱!

だが肝心のレフェリーが裁定を下せる状態にあらず!

幻の3カウントに終わる!

息を吹き返したHBKは怒涛の反撃ラッシュ!

タナのお株を奪うドラゴンスクリュー!

そしてHBKの師ネイチの魂ともいうべき

足四の字まで飛び出す!

棚橋を追いこんだHBKはスウィート・チン・ミュージック!

もろにクリーンヒットしたが

タナは気力で肩を上げる!

そして飯伏戦で見せたハルクアップで立ち上がる!

だがHBKは、なおも攻勢!

ムーンサルトアタック!

しかし、タナは、これを間一髪で、かわす!

スリングブレイド!

満を持してのツイスト&シャウト!

そして魂のハイフライフロー!

1!2!!

HBKも意地で返す!

身体はボロボロ!だが!

それでも飛ぶのがエースの宿命!

プレスした衝撃でタナの身体もバウンドする!

見事ピンフォール!

エースが激闘を制す!

勝ち名乗りを受けるタナも感無量!

 

次期シリーズでは

棚橋は権利証を賭けて

難敵であるオカダカズチカと

激突することになりますが

棚橋はG1制覇の

勢いそのままに

オカダを撃破することができるか!

今後の展開が

非常に楽しみですね!

水と油の関係??の

<スポンサーリンク>



 

ケニーとの

イデオロギー闘争に期待しているので

オカダとの一戦は

しっかりコンディションを整えて

棚橋に頑張ってもらいたいです!

権利証を守り抜いて東京ドームに

無事辿り着き、IWGP奪還

エースの復権となるのか!

ますます棚橋の動向から目が離せません!

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください