仮面ライダーブラックRX見参!番外編(仮面ライダーバトライド・ウォー創生)

RX「クライシス帝国のものか!?」


アクロバッターで疾走するRX!

L1ボタンで正面からの

カメラアングルに切り替え可能だ!

アングル的に絵になるが

運転しづらい(汗

▢ボタン長押しでウィリー!

どけどけ~ぃ

△ボタンで

カッコよくスライドターンだ!

そして

初っ端から

いきなり

リボルケインを引き抜く

仮面ライダーRX(爆

これは

RXさんの超必殺技である

リボルクラッシュを

発動した時の

演出だ!

<スポンサーリンク>




超必殺ゲージが半分

以上たまると

R2ボタンで発動できる。

必殺技が発動した後は

超必殺ゲージが

減り始める。

このゲージが

なくなるまでは

最強状態で

敵からの

ダメージ半減効果などがあり

相手の攻撃からも怯まず

闘えるのだ!

(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ!

リボルケインで連続斬撃!!!

止めはリボルケインを敵に突き刺す!

決まった!

今回は

前回紹介しきれなかった

RXのフォームチェンジを

中心に

主な操作方法を紹介していこう!

仮面ライダーRXは

2つのフォームチェンジを

持っており

まず

一つ目が・・・

RX「俺は悲しみの王子!

ロボライダー!」

機動力が劣るものの

耐熱、耐衝撃性に優れた

金属装甲で

優れた防御力を持つ!

ボルティックシューターを使っての

遠隔攻撃が可能となり・・・

▢ボタンで

ボルティックシューターを放つ!

▢ボタン長押しで連射も可能だ。

△ボタン+〇ボタンで

ボルティックシューター2連撃!!

2連撃を放つと

ロボライダーがドアップになり

ポーズを決めてくれる演出もあり

RXファンにとっては

非常に嬉しい演出だ!

喰らえ!ロボパ~ンチ!!

ロボライダーの武器は

遠隔攻撃だけにあらず!

近接時には

持ち前の剛力を発揮するのだ!

ロボパンチは△ボタンで発動し

△ボタン押しっぱなしで

威力を溜めてから

放つことも可能だ。

フォームチェンジは

左右方向キーで選び

R1ボタン長押しで

チェンジできる。

二つ目のフォームチェンジは・・・

RX「俺は怒りの王子!

バイオライダー!」

身体が液体構造で

あらゆる物理攻撃が効かない

チート級の形態だ(爆

ロボライダーとは対照的に

機動力に優れる!

その俊敏性を生かした

闘いが強みだ。

当身技でヒットすると

ゲル化した状態で急上昇しながら

敵を攻撃する!

△ボタンで発動だ。

バイオアタ~ック!

ゲル化した状態で

体当たり攻撃を敢行する。

〇ボタンで発動するぞ!

そして・・・

 

△ボタン+〇ボタンで

スパークカッター!!!

バイオブレードという

細いソードで

華麗な舞を

披露する!

バイオライダーの

モチーフは

当初

忍者だったそうで・・・

<スポンサーリンク>




いわれてみれば

忍者っぽい(爆

 

ドッカ~ン!!!

燃え上がる

炎をバックに

大見得を切る

バイオライダーさん

 

めちゃ

カッコイイ!

 

いよいよクライシス帝国を追い詰めたぞ(爆

RX「ゼクロス!」

ゼクロス「いくぞ!RX!」

タッグパートナーの

仮面ライダーゼクロスさんと2ショット!!

RXもカッコイイけど

仮面ライダーゼクロスも

負けず劣らずカッコイイ!

すごく絵になりますなぁ

せーの!

二人仲良くジャ~ンプ!!

いくぞ!

ダブルライダーキック!!

タッグボルテージゲージが

100%になると

L1ボタン+△ボタン+〇ボタンで

ダブルライダーキックが

発動可能となるのだ。

ダブルライダーキックを

きめた直後のカメラアングルが・・・

慌ててカメラアングルを動かすも

ゼクロスさんがRXの

真後ろに隠れてしまい

上手くキマらずorz

まぁ

今回の主役は

RXだから

このカメラアングルで

よしとするか(爆

男性なら

子供の頃に

誰もが一度は

夢中になったことが

あるであろう

仮面ライダー!

<スポンサーリンク>




そんな子供の頃を

懐かしく

思い出させてくれる

仮面ライダーバトライドウォー創生!

また続編出してください!

できれば人間体の南光太郎が

使えるようにして欲しい!

期待して待ってます(爆

最後まで

見ていただき

ありがとうございました(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

~完~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください