北斗の拳 世紀末救世主伝説をプレイ! 漢同士の果し合い編

 

いよいよ

シンとの因縁に

ケリをつける時がきた!

 

サザンクロスの主・・・キング!

その正体は・・・

それは

さかのぼること1年前・・・

師父リュウケンの墓前で

厳しい時代を

ユリアと二人

力を合わせて生きていくことを

誓い合う

ケンシロウとユリア!

そして

安住の地を求め

ケンシロウと

ユリアが仲良く一緒に

旅に出ようと

していた矢先に

現れた男こそ・・・

このシンだったのだ!

<スポンサーリンク>




何を隠そうシンも

ユリアのことが

大好き!

そして・・・

時は乱世!

強者は欲しいモノ

好きな女性を

力づくで奪うことができる!

リュウケン存命時は

ユリアに手が出せなかったシンだが

リュウケン亡き今

恐い者は

もう何も無い!

そしてシンは

実力行使に打って出たのだ・・・!

ケンシロウ「シンよ!正気か!」

シン「お前ごときが

欲望、執念に勝る

俺に勝つことはできん!」

シンの恋は完全に

片思いだったわけだが・・・

原作では

ユリアから

シンから想われてると知っただけで

死にたくなると言われる始末(爆

ユリアから相当

毛嫌いされているようだが(汗

当のシンは

ユリアの気持ちなど

お構いなし!

シン「ユリア!俺を愛してると言え!

さもなくば・・・」

ケンシロウを痛めつけて

力づくでユリアに

無理矢理

愛してますと吐かせ・・・

シン「フハハハ!」

ブラッディクロスの紋章を

刻んだ旗をなびかせ

勝ち誇るシン!

ケンシロウからユリアを強奪・・・

あらから1年・・・

ケンシロウさんは

果たして

シンにリベンジできるのか!?

あった~ぁ!

シン「ぐっ・・・

昔のケンシロウではないな・・・!」

ケンシロウ「俺は昔のケンシロウではない・・・」

シン「貴様の執念など

そんなものか!」

第1章を

クリアすると

覇者決定戦(1VS1の格闘戦)で

シンが使用可能となる。

ここで

色々な組み合わせ

(例・・ケンVSシン

ラオウVSトキetc)

行うことで

原作であったセリフの

掛け合いがあったりするので

色々と試してみるのもよいだろう!

<スポンサーリンク>




また

最初の方で

使用可能となる

シンを使って

ダッシュ状態から

▢ボタン+×ボタン同士押しをすると

上のスクショのように

南斗獄屠拳ぽい

飛び蹴りができる!

プレイしたことのない方で

やってみようと思う方がおられたら

一度お試しあれ!

あ~たたた!

あたぁ!

ケンシロウ「シン!お前の拳は

既に見切っている。

お前は、もはや

俺の敵ではない。」

シン「ならば執念の元を絶ってやるわ!」

シン「フハハハ!

これで貴様の執念も半減したわけだ!」

ケンシロウ「シン!断じて

お前だけは許さん!」

シン「来い!ケンシロウ!」

しかし

それが、かえって

ケンシロウさんの

怒りの火に

油を注ぐ形になろうとは・・・

ケンシロウ「貴様の奥義を破ったのは

執念に勝る俺の怒りだ!」

十字架の形状に秘孔を突いたケンシロウ!

シンよ!

お前の紋章を抱いて

あの世に行くがよい!

 

ここで回想シーン・・・

ユリアに宝石、ドレス・・・

挙句に街まで丸ごと一つ与え(汗

モノで釣ろうとした(爆

シンだったが・・・

モノではユリアの心は動かず・・・!

ユリアに贅沢させるために

酷いことをしてきたシン・・・

それに心を痛めたユリアは

サザンクロス城からダイブ!

シン「街も富も権力も

全て得ても虚しいだけだった・・・

俺が欲しかったものは・・・

ユリアだ!

最期の意地を見せるシン!

恋敵の拳で葬られることを

断固拒絶したシンが

サザンクロスの街へスーパーダイブ!

そんなシンだったが

ケンシロウさんは

そんな男のために

墓を建てる・・・

何故・・・?

最愛の

ユリアを奪った

シンにまで

情をかける・・・

ケンシロウさん!

人が良すぎるぜ・・・!

だが

それが、また(・∀・)イイ!!

壮絶な闘いの末

シンを倒し

こうして

ケンシロウの最初の強敵(とも)

となったシン!

<スポンサーリンク>




彼の肉体は

この世から

消滅しても

ケンシロウの心の内で

生き続けることだろう!

だが

これで

荒野の旅が

終わったわけではない!

まだ

始まった

ばかりなのだ!

~ 漢同士の果し合い編完~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください