川田利明VSゲーリー・オブライト ジャイアントグラム編その②

互いに1歩も退かない!

一進一退の攻防!

川田の背後に回り込んでバックをとると

すかさずバックドロップを放った

ゲーリー・オブライト!

川田は間一髪でリバース・プレスで

オブライトのバックドロップをブロック

川田はジャンピングの顔面ハイキック!

オブライトは右のハンマーブローを振り下ろす!

オブライトのパンチと川田のキックが交錯!

同時に放った両者の一撃が

相討ちのかっこうに

 

 

同時に吹っ飛んで倒れる両者

外敵を相手に

全日の牙城を守り抜き

これぞ王道プロレスという

闘いを世に示したい川田利明

 

全日マット参戦後

初シングル戦を勝利で

 

<スポンサーリンク>



 

飾り自身の存在感を

全日マットに強く印象づけたい

ゲーリー・オブライト

 

気迫がこもる二人だけに

互いの負けられない意地も交錯する

 

 

オブライトの攻撃にカウンターで

ドロップキックを叩きこむ川田

オブライトは川田の打撃に投げ技で対抗する

ストレッチボムで川田を投げつけるオブライト

川田のミドルキックが炸裂!

バックをとりジャーマンにいきたい川田だが

オブライトは耐える

ならばと川田は

握り拳を作って

 

グーでナックルパートを

オブライトの顔面に叩きこんでくる

 

川田もオブライトが

U系出身であることを

 

意識してかエグい打撃で

オブライトをとことん

厳しく攻める

 

<スポンサーリンク>



 

これは相手の土俵に乗って

闘ってやろうじゃないか

という川田の

オブライトに対する

意図的な一撃だったのか?

 

 

ナックルパンチがオブライトの顔面をとらえる

キチンシンクでどてっ腹に

膝をおもいきり叩きこむ川田

純プロレス技の洗礼だ

この攻めも喰らい慣れていないオブライトには

非常に厳しい攻めだ。

川田の攻撃は容赦ない。

まるで鬼が川田に乗り移ったかのような

非情なまでの打撃

鬼気迫る攻めの数々に観衆も息を飲む

オブライトの顔面を張る川田

オブライトを怒らせる気か!?

オブライトは川田めがけて身体ごと突進!

そのまま川田をとらえて

力任せにパワーボムを繰り出す!

強引に川田をマットに叩きつけたオブライト

川田がオブライトを怒らせ

彼から何かを引き出そうとしている

川田が本当に闘いたい

ゲーリー・オブライトとは

そう、

かつて高田をはじめ

数々の猛者を葬ってきた

みなが恐れる

恐い恐い戦慄の

ゲーリー・オブライトなのだ

 

そのままカバーに入る!

まだ余力がある川田

カウント2までいかずキックアウト

立て続けに今度はジャーマンを狙うオブライト

これを川田はオーバーヘッドキックで返す

これが見事にオブライトにクリーンヒットし

160kgの巨漢がよろける

それでもオブライトは川田に喰らいついて

フロントスープレックスで川田を豪快に

投げ飛ばした!

徐々にオブライトの良さが出てきた!

川田も膝蹴りでオブライトにお返し

これにオブライトも打撃で応戦する

 

川田もオブライトの打撃コンボを

胸を張って受け切る

 

全日本プロレスの

王道プロレスの魅力のひとつは

なんといっても

 

<スポンサーリンク>



この受けの強さ!

相手の技を受け切って

相手の良さを十二分に引き出し

相手を光らせる

その懐の深さを見せたうえで

最後に勝利する

川田の闘いぶりは

王道プロレスそのものを体現しているのだ!

 

川田は容赦なく

蹴り!

蹴り!

蹴り!

蹴って蹴って蹴りまくる川田

川田の怒涛の攻めに

たまらず場外にエスケープするオブライト

これを追う川田も場外へ

オブライトと場外で乱打戦の様相を呈してきた!

その③へ続く!その③はこちらから!

その①へ戻るにはこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください