風雲昇り龍 天龍源一郎!超人ハルク・ホーガンを迎撃す!(キンコロ2)後半

 

昇り龍VS無敵の超人!完結!

四つの差し合いから・・・

天龍が

ホーガンを倒して

再び

グランドの展開へ!

今度は

打って変わって

天龍が上を取り

有利なポジションだ!

ホーガンは下から

天龍の背中に両腕を回して

ディフェンスの態勢をとる

<スポンサーリンク>



天龍は己の身体に

しがみついて

ディフェンスしている

ホーガンを

なんとか

引き剥がしに

かかりたいところだ

 

一転して

今度は

上を取られた

ホーガンが

大ピンチに陥る!

しばらくの間膠着状態が続いていたが・・・

天龍が

へばりついているホーガンを

力ずくで引き離した!

マウントからエルボーを振り下ろす大将!

ホーガンも、なんとか脱出!

スタンド状態から

お返しのナックルを大将の顔面に

叩き込む!

いよいよ試合が動くか!

と、思いきや

またまた

サブミッションのチンロック!

決して攻め手を焦らない

だが

それでいて

攻める手を緩ませない

超人ハルク・ホーガン!

じっくりと

昇り龍を攻める!

まるで

一手、一手と

着実にキングを詰めていく

チェスの如く

グツグツと時間をかけて

煮込んだ

料理の如く

ホーガンの攻めは

実に堅実だ!

今度は

ストロングスタイルを象徴する技!

コブラツイストで天龍に

コブラの毒を注入!!

自らのバックボーンを

誇示するような技の絵巻!!!

普段開けない

引き出しを

ここぞとばかりに

次々と

開けてくるハルク・ホーガン!

一体

彼には、どれほど

多くの

引き出しがあるのか!

前回のWWE2k20で

リック・フレアーと試合をした

ハルク・ホーガンとは

まるで別人だ!

さすがの

大将も

技を受けながら

面食らっていることだろう!

天龍も自力でロープまで行って

コブラの毒から脱出!

ホーガンは攻撃を緩めない!

今度は

すかさず対角線へ!

ホーガンが走りこむ!

串刺しのクローズライン!

天龍としては

アックスボンバーでなかったのが

不幸中の幸いだ!

静から動へ!

ここで

いよいよギアチェンジしてきた

ホーガン!

今度こそ

試合は動く!

またロープへ!

ホーガンは一気に片を付けるべく

勝負に出た!

超人ハルク・ホーガンの

必殺技アックスボンバーが火を噴く!!!

だが大将は

アックスボンバーを紙一重で

かわした!!!

逆に

天龍のランニングネックブリーカーが

ハルク・ホーガンを捉えた!!!

無敵の超人が

必殺のアックス・ボンバーを

かわされた挙句に

相手の技をまともに喰らって

マットに後頭部から

激しく叩きつけられた!

天龍は

王道の象徴

ジャイアント馬場の代名詞ともいうべき

ランニングネックブリーカーを抜いて

ホーガンの肉体に王道プロレスの

技を刻みこんだのだ!

<スポンサーリンク>



先ほど

ホーガンがコブラツイストを

繰り出し自身の

バックボーンでもある

ストロングスタイルを

前面に

押し出してきたことに

対抗して

ということなのか。

 

両雄の激突に

ストロングスタイルVS王道

という図式も透けて見える

今度は天龍が

ホーガンをコーナーに押し込んだ!

そして得意の逆水平チョップを

ホーガンの厚い胸板に

打ちまくる!

さらに天龍スペシャルで締め上げる!!!

さぁデンジャラスドライバーテンリュウだ!

ホーガンは天龍にDDTを打たせない!!!

滞空式でのバックドロップ!

ジャンピングニーパッド!!

さらには延髄斬り!!!

と大技で畳みかける!

天龍も負けじと

すかさず低空式の延髄斬りで逆襲!!!

間髪入れずに龍式パワーボムで

超人を押し潰しにかかる!

決まった!!!

ホーガンはカウント2で返す!

ホーガンがカウンターのクローズラインで

天龍の攻撃を切る!

ボディスラムで天龍を背中からマットに叩きつけると・・・

ロープに走りこんでからの

レッグドロップ!!!

アメリカンスタイルで

試合をする時の

ホーガンの定番の

フィニッシュムーヴといえば

このレッグドロップなのだ!

だが

日本で試合をする時は

レッグドロップは

フィニッシュムーヴというよりも

シグネイチャムーヴのような

位置づけとなることが多い。

<スポンサーリンク>



もちろん

日本で使う

フィニッシュムーヴといえば

猪木を舌出し

失神KOに追い込んだ

アックス・ボンバーが定番だ。

 

昇り龍を

真っ二つに切り裂く

超人ホーガンの

ランニングレッグドロップ!!!

大将はギリギリでキックアウト!

天龍がホーガンのブレンバスターを返す!!!

流れを変える場面となるか!

これでも喰らえ!

天龍の龍魂ラリアット!!!

なぬ!?

龍魂ラリアットを耐えたホーガン!

こんにゃろめ!

2発目の龍魂ラリアットでも

ホーガンは倒れない!

ハルクアップで耐えきる超人!

3発目の龍魂で

ようやくホーガンを倒すことに成功!!!

カバーに入る!

惜しい・・・!

あと1歩だ!

天龍の全体重をかけて浴びせ倒すようなラリアット!

再びカバー!

だがロープに阻まれる・・・

何度でもいく!

ホーガンが、ここでカウンターのアックス・ボンバー!!!

そして猪木ばりの弓引きナックルパート!

このナックルパートで天龍の額が赤く染まる・・・!

そこへ止めのレッグドロップ!

勝負あったか・・・!

だが天龍も粘る・・・!

正調式のアックス・ボンバーが炸裂!!!

マットに崩れ落ちる大将・・・

万事休すか!

粘り続けていた天龍だが

ハルク・ホーガンの

無敵の必殺技

アックス・ボンバーの前に沈む・・・

25分超と

長丁場の試合となったが

前回の

のらりくらりとしたファイトスタイルの

リック・フレアーとちがって

真っ向から勝負してくれる

天龍が相手だと

ホーガンも

試合が、やりやすかった

のではないでしょうか。

<スポンサーリンク>



前半は

じっくりとしたグラウンドからの

レスリングを展開し

そこから一気にペースを上げて

緩急自在の試合コントロールで

魅せながら勝つ

教科書のお手本のような

ホーガンのプロレス!

長らく日米を股にかけて

トップを張っていただけに

その技量は半端じゃありません。

終盤の天龍の

龍魂ラリアット連発は

少し

くどくなってしまったような

感じには

なってしまいましたが・・・

最後まで

見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください