風雲昇り龍 天龍源一郎!超人ハルク・ホーガンを迎撃す!(キンコロ2)前半

龍VSネプチューン!

 

去年の10月に

VSハヤブサ戦をUPして以来

ご無沙汰だった

風雲昇り龍!天龍源一郎!

大将が1年ぶりに

本サイトにカムバック!

そして今回

大将の対戦相手として

チョイスしたのは

リアルアメリカン!

無類無敵を誇る

超人ハルク・ホーガン!!!

実際に

天龍は

91年の年末に

東京ドームにて

ハルク・ホーガンとの

一騎討ちを行ったことがあり

当時の天龍は

SWSの所属選手兼社長として

ドーム興行を是が非でも

成功させなければならない中

その最大の目玉カードとして

当時SWSが業務提携していた

WWFのトップ中のトップであった

ハルク・ホーガンとの

ドリームマッチを実現させたのだ。

お馴染みのサンダーストームのテーマに乗って

ガウンを身に纏った大将

ドームの花道を歩く!

我らが大将がリングイン!

続いて姿を現したのがハルク・ホーガン!

四方を見渡し

会場に来ているハルカ・マニア

確認するホーガン!

花道の途中で歩みを止め

ホーガンは

いつもの耳に手をやるジェスチャー!

ハルカ・マニアからの

声援を要求する!

今回のホーガンは

入場コスチュームを

纏っておらず

試合用のショートパンツ

一丁での入場!

<スポンサーリンク>



この出で立ちの通りの

真っ新な気持ちで

天龍と相対するということ・・・

なのか?

リング上で待ち構える天龍は

入場してくるホーガンを

一瞥だにせず

ホーガンがリングインした際に

対峙するであろう

無人の対角線コーナーを見つめるのみ!

しかし

その大将の佇まいからは

並々ならぬ気迫が漲っている!

91年に実際に行われた

シングルマッチでは

一進一退の攻防の中

ホーガン怒涛の

アックスボンバー3連発の前に

沈んだ大将だったが

あれから

はや28年もの

歳月が流れ・・・

キンコロで

28年ぶりの雪辱マッチだ!

<スポンサーリンク>



ホーガンよ!

早くリングに上がってこい!

一足先にリングインして

対戦相手のホーガンを待ち受ける

大将の心の声が

そう叫んでいる・・・!

大将の心の声に

応じるが如く

再び歩を進め出したハルク・ホーガン!

この俺に

何度挑戦してきても無駄だ!

28年前と同じように

リングに沈めてやるぜ!

そういわんばかりの超人ホーガン!

両者の距離が最接近!

だが二人とも目を合わせようともしない!

ホーガンがリングイン!

ここで

ようやく二人の目線が

互いを捉える!!

ガウンを脱ぎ捨て

臨戦態勢となった大将!

熱い闘志を胸に秘め

リングアナのコールを受ける!

赤コーナーに陣取る

無敵の超人!

ハルク・ホーガンは

リングアナのコールを受けると同時に

右の拳を高々と挙げ

人差し指を天に掲げる!

この俺こそが

プロレス界の頂点に君臨する

最強の漢!

アイコン!!

そして・・・

誰よりも・・・

イチバン!!!
<スポンサーリンク>



そう主張するかのような

ジェスチャーだ。

キンコロでは

ホーガンが天龍を

返り討ちにするのか

それとも

天龍がリベンジを果たし

無敵の超人を

マットに沈めるのか!

さぁ!

両雄の対決!

待ったなし!!!

いざ勝負!

ドームの会場の声援は

五分と五分!

ホーガンは主導権を握らんと

耳に手を当て

自分への更なる声援を煽る!

ホーガンへの声援が天龍への

声援をかき消さんばかりに

強まり、これに

気をよくしたホーガンは・・・

マッスルポージングの大サービス!

会場に来ているハルカ・マニアは

歓喜していることだろう(爆

一方の天龍は

黙して語らず!

ホーガンへの声援が強まっても

一切動じない!

大将の佇まいは

日本の頑固親父そのもの!

互いに足を止め

両者が睨み合う・・・

鋭い視殺戦だ!

両者が至近距離!

互いに目線を逸らさず

凄まじい殺気だ・・・

ここで

ようやくロックアップ!

ホーガンがヘッドロックから

腰を沈めてガッチリと

天龍の頭を押さえて

グラウンドのヘッドロック!

グランドヘッドロックを解く天龍だったが

ホーガンが

蛇の如く

しつこくヘッドロックで絡みつき・・・

そこからの・・・

タイガースピンを魅せて天龍を翻弄!

ホーガンは天龍に対し

28年前と同様

グランドのレスリングを仕掛けて

じっくりと

天龍を攻略していく構えだ!

大将も真っ向から

これに応じる!

ホーガンもサラリとバックを取り返す!

巧みにグラウンドをコントロールするホーガン!

天龍も下から動いて揺さぶるが・・・

ホーガンは上から上手く体重を乗せながら

天龍を押さえつけて逃さない!

さらには

上から押さえながら

天龍の背中に自身の

顎をグリグリと当てて地味に攻める

超人ハルク・ホーガン!

ヒロ・マツダから仕込まれた

グランドレスリングのテクニックは

伊達じゃない!

実はハルク・ホーガン

只の筋肉モリマッチョなレスラーではないのだ

アメプロでは

ほとんど魅せることのない

渋いレスリング技術や

多彩な技の引き出しを

持っており

本国ではパンチなどの

打撃を主体としたアメプロスタイル

<スポンサーリンク>



日本で試合をする時には

グラウンドから徐々に盛り上げていく

ジャパニーズレスリングの

スタイルに合わせるなど

試合のスタイルをファン気質に応じて

臨機応変に使い分けることができる

器用さを併せ持つのだ。

タイガースピンも

初代タイガーマスクほど

スピーディーではないものの

卒なく繰り出すこともできるなど

実は技のレパートリーも豊富に

持っているのだ。

アメプロ的な試合を展開する

ハルク・ホーガンのファイトっぷりは

本サイトでUPした

WWE2k20ハルク・ホーガンVSリック・フレアー

ご参照いただきたい。

日本スタイルのホーガンと

アメプロスタイルのホーガンでは

全く違うことがお分かりいただけるかと思う。

天龍を仰向けに

ひっくり返して

腕ひしぎに持ち込む!

天龍も負けてはいられない!

天龍のレスリングはドリー仕込みだ!(ドリー・ファンクJr)

ホーガンと四つの差し合い!

元大相撲の力士という

バックボーンを持つ天龍

この差し合いに

負けるわけにはいかない!

後半はこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください