高橋ヒロム復帰戦!(ファイプロワールド)

ヒロム is back!!!

ファイプロワールドでCPU観戦しながら

ヒロム復帰戦を回想します!

11月3日エディオンアリーナ大阪大会で

行われたIWGPJr.王者ウィル・オスプレイが

BUSHIをチャレンジャーに迎えての

3度目の防衛戦。

オスプレイは激闘の末BUSHIを下して

V3を達成。すると、そこへ

突如高橋ヒロム選手が姿を現す!

首の怪我から1年以上公から

姿を現すことが無かった彼が

王者ウィル・オスプレイに

20年の1.4東京ドーム大会での

挑戦を表明し遂にリング復帰宣言!

ヒロム選手の復帰を今か今かと

待ち侘びていたファンの方も

非常に多かったと思いますが

やっとリングに戻ってきてくれたか

と嬉しい反面

1年以上リングから遠ざかっていた

彼のリング上でのパフォーマンスは

首の怪我をする前と

比べてどうなっているのだろうという

不安と公開調印式の場においても

記者の方からヒロム選手に対して

出ていた質問ですが

長いブランク明けの復帰戦が

いきなり

東京ドームでのタイトルマッチ・・・
<スポンサーリンク>



その前に

復帰戦をする予定は?

と聞かれた

ヒロム選手

なるほど

考えておきます

とだけ

答えていたのですが・・・

すると

年末最後の

後楽園ホール大会3連戦で

ヒロム選手の復帰戦が

組まれているじゃありませんか!

私も、その日を

非常に楽しみにしていました。

12.19後楽園ホール大会3連戦の1日目にメインイベントで

行われた高橋ヒロム復帰戦!

高橋ヒロム&BUSHI組

VS

ウィル・オスプレイ&ロビー・イーグルス(ザ・バーズ・オブ・プレイ)

一戦をファイプロワールドでやってみたいと思います。

ヒロムのコンディションは如何に!?

先発はIWGPJr王座を賭けて闘う

ヒロムとオスプレイ!

開始早々ヒロムが華麗なアームドラッグ!

ちびっては投げ!ちびっては投げ!

ヒロムのロープへの走り込むスピードも半端ない!

ヒロムの動きは怪我をする前の動きと

なんら遜色なし!

ヒロム「オスプレイ~!」

オスプレイは

ヒロムが来るのを見越して

カウンターのドロップキックで迎撃!

この迎撃ドロップキックを軽くいなしたヒロム!

これが1年以上ブランクのあった選手の動きなの・・・か!?

そして体の厚みも以前よりも数段増しており

その厚みを増した肉体から放たれるヒロムの

逆水平チョップは重みがある

体重の乗った

いいチョップだったのだ!

オスプレイも

その場飛びのシューティングスタープレス!

NEVER戦線やG1出場でヘビー級とも闘って

身につけたパワー!

公開調印式の場にてヒロム選手をして

オスプレイのパワー、スピード、飛び技!

自分には何ひとつ勝っている要素が無いと

までいわしめた

IWGPジュニア王者オスプレイの力を

これでもかと見せつけるように技を繰り出す!

ヒロムには何か必勝の秘策があるのか?

ひとつあるとすれば・・・

これか!!!

ヒロムが後楽園ホール大会3連戦で魅せた

脚と腕を同時に取っての

ドラゴンスクリューという

新技を出していたのだが

策があるとすれば

これなのだろうか?

ヒロムがオスプレイに勝る要素が無いと言っていた

スピード、パワー、空中殺法を繰り出す身体能力の高さ・・・

これらオスプレイ絶対優位の要素を切り崩すには・・・

徹底した脚殺し&腕殺し?

今のパーフェクト状態のオスプレイを

ヒロムが倒すには

泥臭く攻めて

そこから活路を見出すしかない!

BUSHIもしっかりとヒロムをサポート!

ここでオスプレイがヒロムの見守る目の前で・・・

エセックス・デストロイヤーBUSHIをマットに突き刺す!!!

首の怪我をしたヒロムに

この技を見せつけることでヒロムに対して

揺さぶりをかけるオスプレイ!

既に両者の駆け引きは始まっている!

オスプレイがカバーに入る!

レフェリーがカウントに入る前から

ヒロムは、すぐにでもカットに出る構えだ。

距離が遠いが大丈夫か?

だがヒロム選手が駆けつけるスピードが

恐ろしく速い!

オスプレイがBUSHIとヒロム二人を相手にする

2019年ベスト・オブ・ザ・スーパーJr優勝を皮切りにG1にも参戦!

八面六臂の活躍を見せたウィル・オスプレイそのままに

一人で二人を相手に無双する!!!

丸め込みを決めるオスプレイ!

ヒロムはキックアウト!

実際の復帰戦ではロビーイーグルスに

ヒロムが丸め込まれて負けてしまったが

ファイプロでは、きちんと跳ね返したぞ!

オスプレイがヒロムの首を狙って攻撃!

ならばと!

ヒロムも、すかさず

やり返す!!!

さらにデスバレーボムを叩き込む!!!

BUSHIがコードブレイカー!

決まったか!?

ヒロムが救出にきたオスプレイを抑え込むも

ロビー・イーグルスが自力でキックアウト!

ここでヒロムが!

オスプレイに対して掟破りのストーム・ブレイカー!!!

これは完全にハポンのペース!

相変わらずハポン勢はチームワークがいい!

ザ・バード・オブ・プレイが翻弄されているではないか!

だが

オスプレイも

このまま

引き下がれない!

ヒロムのいないリングで

身体を張って

盛り上げてきたのは

この俺だ!

という自負が

あるオスプレイが

<スポンサーリンク>



病み上がりで

ポッと出てきた

ヒロムにベルトを譲る

ことなど

断じてできないのだ。

ヒロムの復帰で

ヒロム一色に

染まった会場の雰囲気を

切り裂くが如く

オスプレイが

左ストレート一閃!!!

 

すかさずオスプレイはエプロン際へ

移動!これは間違いなく

ピッピーチェリオを狙っているぞ!

いくぞ!ヒロム!

これが第一線で闘い続けてきた選手と・・・!

長いブランク明けから復帰してきた選手の違いだ!!!

オスプレイの奮戦で再び盛り返すザ・バード・オブ・プレイ!

その流れを断ち切らんとBUSHIが毒霧噴射!!!

BUSHIも、なんとかヒロムの復帰戦を勝利で飾らせて

ヒロムの援護射撃をしたいところ!

だが、とうとう捕まり・・・

オスプレイが・・・

本家本元の・・・!

ストーム・ブレイカーを繰り出す!!!

オスプレイ「うぉおおお!!!」

 

BUSHIを必殺のストーム・ブレイカーでKOして

ヒロム復帰戦での白星を

ファイプロでもオスプレイが

見事に阻止した!

主役の座は決して譲らない!

改めてオスプレイの意地を

垣間見た瞬間だった。

ヒロムもオスプレイに

直接掟破りのストーム・ブレイカーを

喰らわせて意地を見せましたが

惜しくも

一歩一及ばず・・・

<スポンサーリンク>



実際の復帰第1戦はヒロムがピンフォールを取られて

放心状態のまま無言でリングを後にした

ヒロム選手でしたが

当の本人はまったくショックなど受けておらず

またプロレスができる喜びに打ち震えていたそうです。

あのヒロムの放心した場面も見た私も

ヒロムがピンを奪われてショックを受けていたとは

思いませんでしたが(笑

来年の1.4では復帰して早々のヒロムが

いきなりベルトを奪還してしまうのか?

それともオスプレイがヒロムを退けて

意地のV4を達成してしまうのか?

まったく予想がつきませんが(汗

1.4を楽しみに待ちたいと思います!

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください