Total War THREE KINGDOMS をプレイしてみた その1(日本語化Mod導入編)

遂に三国志が・・・!

 

当サイトは

プロレスゲームを主に

取り上げているサイトですが

 

今回は

息抜きを兼ねて

 

以前に

当サイトにて

プロレスとは

関係の無い

ジャンルである

 

Shogun2total warという

PCゲームを

少しだけ取り上げて

upしたことが

ありますが

今回は

トータルウォーシリーズを

再び取り上げてみたいと思います。

このシリーズは

世界的に人気を博している

RTS(リアルタイムストラテジー)

ゲームでありますが

日本国内では

このシリーズは現在

公式では日本語に

対応して

いないこともあって(昔のシリーズは

日本語にローカライズされたものが

発売されていたのですが・・・)

海外に比べると知名度が今いち

といったところがあります。

国内で現在の三国志のゲームといえば・・・

某有名老舗メーカーさん

一択といった状況で他に

これといった選択肢もなく・・・

(昔は色んなゲームメーカーさんから

三国志のゲームが世に出されていたのですが)

<スポンサーリンク>



もちろん

国内老舗有名メーカーさんの

ナンバリングタイトルである三国志ゲームも

昔から大好きで子供の頃から

よくやっていたのですが

(個人的には最近の作品より

昔の作品の方が

好きでした。

例えば三国志Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶなど)

やはり昔のように

他のメーカーさんが

作った三国志ゲームもやりたい!

この内なる渇望を

叶えてくれたのが・・・

 

トータルウォーシリーズから出た待望の新作!

Total War THREE KINGDOMS (※以下三国志

トータルウォーの名称で

進めていきます)だったのです!

そして、そして・・・

さらに嬉しいことには・・・

この新作である

三国志トータルウォーを・・・

日本語でプレイできる!

先ほど公式の言語では

日本語は対応していないと

述べましたが

有志の方々によって

日本語化Modが作成されました

ゲームの英語版の日本語翻訳が

日々進められており

8/25時点で、ほぼ8割方の

日本語翻訳化がされているという!

これによって英語でプレイするのが

苦になって手が出ない人でも

プレイするのに抵抗がなくなりますね!

<スポンサーリンク>



これは

有志の方々に感謝!感謝!です

このゲームはSteamという

PCゲームを配信するプラットフォームから

購入、プレイができますが

(同じく、このSteamからWWE2kシリーズも

購入、プレイが可能で当サイトでUPしている

WWE2kシリーズはPC版でプレイしたものです)

Steamに、あまり慣れていない方向けに

このゲームの日本語化Modを

導入する手順を解説していきます。

(※Mod導入にあたっては自己責任で

入れていただくようお願いいたします)

日本語化Modの導入は非常に簡単です。

まず最初に

Steamを開きインストールされた当ゲームを選択し

WORKSHOPの項目をクリックします。

 

すると

ワークショップの一覧画面が出てきます。

ここには色んなModがあり

ワンタッチでModを楽々と導入できます。

では本記事のお題目である

日本語化Modを探していきましょう!

ここにキーワードを打ち込んで日本語化Modを検索します。

すると日本語化Modが3件ヒットしました。

今回は一番左端にある有志日本語化というModを

導入していきます。

有志日本語化Modをクリックすると

該当Modの説明画面が表示されるので

画面下部にあるサブスクライブと

表示されているところをクリックします。

これで日本語化Modをダウンロードしました。

では、さっそく

反映されているか確認するためゲーム画面へ!

だが・・・

 

反映されていない!

何故??

何故だああああ/(*-_-*)ヽコマッタァ

一体

何がいけないんだ??

結局のところ

日本語化はできず

英語版のままで

プレイしなければ

ならないのか!?

<スポンサーリンク>



実は

ワークショップにて

Modをサブスクライブするだけでは

ダメなのです!

ゲームプレイ開始前の画面で

そのままPLAY項目を

クリックする前に

やらなけらばならないことがあります。

 

画面左方に表示されている

 

MOD MANAGERという

項目をクリックしてください。

 

すると下記画面が表示されます。

Activeと表示されている項目に、ご注目。

すると・・・

 

これで、ようやく反映されます。

ゲームトップ画面が

日本語になっていれば

Mod導入に成功!

本格的にゲームプレイ開始前に

オプションも

いじっておきますか・・・

 

 

これは

もう好みの問題ですが

ゲーム中のボイス音声を

中国語にする

という項目を

チェックしていきます

(デフォルト設定では

これらにチェックは

入っておりませんので

<スポンサーリンク>



ゲーム中に

キャラクターが発する

音声は英語となります。)

このゲームのテーマは

古代中国の

三国志時代であり

中国語の音声設定にしておいた方が

雰囲気は出るでしょうな!

こだわらない方は

英語音声のままでもOK!

 

 

 

部隊同士が激突した時などに出る画面振動のエフェクト。

個人的に酔いやすいのでOFF設定にしました。

これでオプションの設定調整はOKと・・・

ではカスタムバトルで

軽く遊んでみますか!

今作では

演義モードというものが

あります。

これは何かといいますと

三国志は小説版の三国志演義と

歴史書に準拠した三国志の正史

という2つがあり

前者の三国志演義は

基本的には

だいたい

史実に沿って書かれているのですが

脚色された部分も多くあり

史実と異なり創作されている場面もあります

<スポンサーリンク>



演義では主人公の劉備の幕下にいる

関羽、張飛といった猛将が無双します(爆

有名な諸葛孔明は人智を超えた

スーパー軍師として活躍します!

ちなみに

日本国内では脚色された

三国志演義が正史よりも

ずっとポピュラーです

演義モードを選択すると

将軍は従来のトータルウォーシリーズの

将軍ユニットと違い

将軍1人のみの単騎扱いとなります。

逆に演義モードのチェックを外すと・・・

騎馬兵30騎あまりを従えたユニットで一括りとなります。

将軍を合わせて合計31騎で構成される1ユニットとなります。

これは従来のトータルウォーシリーズの

将軍ユニットと同じ扱いです。

せっかくの三国志ゲームなので

やはり関羽や張飛といった歴戦の猛者に

一騎当千の働きをさせたい!

と、いうことで演義モードを選択します。

では、この演義モードでカスタムバトルをプレイしてみたいと思います!

プレイ編はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください