WWE2k18でアレイスター・ブラックVSラーズ・サリバン その④

サリバンのフリーク・アクシデントか!

ブラックのブラック・マスか!

ブラックは

ドラゴンスリーパーで攻勢を強める!

左腕から背中に回してサリバンの首を

ガッチリとロック!

ブラックの多彩なサブミッション技に

苦しめられるサリバン

サリバンはパワーで切り返す!

サリバンは逆にブラックをとらえる!

ブラックをパワーボムの体勢で持ち上げた!

ブラックをパワーボムの体勢から

コーナーに叩きつける!

ターンバックル式のパワーボムで

劣勢を押し返す!

ブラックは背中をコーナーに強く打ちつけて

膝から崩れ落ちる・・・!

 

 

ブラックの両腕を

掴んで

 

ひきずりながらの

 

ストンピングの嵐!

 

140kg前後はあるサリバンの

<スポンサーリンク>



 

体重の乗った

ストンピングは

 

1発1発が重く

地味にきつい

 

ダメージは

小さくでは

済まないだろう

 

 

力で押してくるサリバンに対し

ブラックは素早く体をかわし

 

ブラックの得意技

ブラック・デス

(変形式の卍固め)で

対抗する!

巨体のサリバンを

スープレックスで

投げるのは難しく

投げることができたとしても

体力の消耗が

激しくなる

よく試合中に

途中から

<スポンサーリンク>



 

息切れを起こしている

アレイスター・ブラックは

スタミナに

不安を抱える

スタミナ面が

弱点のブラックにとっては

スープレックスよりも

サブミッションが

有効とみたのか

体力面での

ペース配分に

気を配りつつ

合理的に攻める

ここも再び関節技で

サリバン攻略をめざす

 

しかし

ここもサリバン持ち前の腕力で・・・

あっさりとブラック・デスを返されてしまう

ブラックのサブミッション攻勢を耐えきった

サリバンは反撃に転じる

アバランシュ・ホールドで

サリバン自身の全体重をかけて

プレスしながら叩きつける

己の巨体を存分に利した攻撃

強烈な衝撃が

ブラックの内臓を

破裂せんばかりに襲いかかる

サリバンがレフェリーにカウントを要求

 

 

カウント2で

キックアウト

一見、フォールは

何のダメージも

無いようにみえるが

フォールされた相手は

これをキックアウトするのにも

体力を消耗するのだ

ましてや

<スポンサーリンク>



 

これが

サリバンのような

体重の重い相手に

乗りかかられて

それを跳ね返すだけでも

余計にスタミナを

消費してしまうことになる

試合中の

序盤、中盤の

随所にフォールを入れるのも

地味でわかりづらいが

相手のスタミナを

削っていく

一種の有効な

技にもなるのだ

 

 

フォールを返したブラックにすかさず

ショルダークロー!

サリバンにはクラシカルな技がよく似合う!

起き上がるブラック

パンチ、膝蹴りの連続攻撃

左ミドル!

ブラックの打撃コンビネーション!

右のハイキックがサリバンの側頭部に命中!

頭を抑えて苦悶の表情!

サリバンはシュミット式バックブリーカーで

太い幹のような脚に巻き付けている

巨大なニーブレスをつけた右膝に

ブラックを腰から叩き落とす

そのままカバーに入る

が、ここはロープブレイクに

阻まれる!

と、ここで

サリバンがトップロープに登り始めた!

その巨体をトップコーナーに預け

大の字でリングに

横たわるブラックを見据える・・・

サリバンが飛んだ!

その⑤へ続く!その⑤こちらから!

その③に戻るにはこちらから!

その①に戻るにはこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください