We are 鈴木軍!その②(WWE2k19)

これで想定内・・・!?

みのる「アーチャー!持ってこい!」

散々に左腕を痛めつけた後は・・・

今度は右腕までも!

破壊しにかかる!!!

ここで

タイチにタッチ!

テンポよく

スイッチワークを早めて

リズムに乗らんとするZTT!

さらに

ランス・アーチャーに

ダメージを与えるべく

タイチが追撃を

加えんとしたところ

ランス・アーチャーが

タイチの蹴り足を

キャッチ!

そのままクローズラインを浴びせて

タイチを吹っ飛ばす!

ここで出たくて

ウズウズしていたボスとタッチ!

ボスの可愛がりは厳しいぞ!

大の字に倒れこんだ

タイチを見下ろす

ボスの形相は

まさに鬼そのもの!

同じ

鈴木軍内であっても

タッグリーグ戦で

互いに対峙すれば

やるか

やられるか

それだけだ!

生存競争の厳しい

荒波ともいうべき

マット界で

逞しく

生き抜いてきた

漢の面構えだ!

 

ボスは立ち上がれない

タイチを引きずり起こすと・・・!

さらにエルボーをタイチの顔面に叩き込む!

さらにいく!!

今度はタイチがみのるのエルボーをかわして

デ~ンジャラス!ハイキ~ック!!

さすがのボスも

タイチのハイキックに

面食らって

エプロン際へ退く・・・!

エプロンに逃げたみのるを

追うタイチ!

あっさりと

エプロン際へと

退散した

みのるだったが

これは

タイチを蟻地獄へ

落とし込むための

誘い水だったのだ・・・!

まんまと

罠にかかったタイチは

鈴木みのるの

タランチュラ式腕ひしぎの

餌食に・・・!

飛んで火に入る夏の虫とは

まさに

このこと!

<スポンサーリンク>



笑いながら

この技をかける

ボスが非常に

不気味だ(爆

 

タイチの腕を

へし折らんと

することを

心の底から

楽しんでいる

かのようだ

 

痛めつけるのもそこそこに

自ら技を解くボス!

それでもダメージは深い・・・

今度は

みのるから場外戦を仕掛ける!

タイチを観客席の柵に叩きつけ

いたぶる!

今度は鉄階段!

そしてリング下を

まさぐり出したボスは・・・

パイプ椅子を取り出してきた・・・!

だが・・・!

タイチはパイプ椅子を使わせない!!!

 

タイチに凶器攻撃を

カットされ

頭を抱えて

うなだれるボス・・・!

パイプ椅子でタイチを

叩けなかったのが

相当に

ショックだったのか(爆

パイプ椅子無しでも

貴方なら

十分強いでしょうに・・・

<スポンサーリンク>



なんといっても

プロレス界の王を自称するボス。

ちゃんと

凶器無しで

闘って下さい!

クリーンファイトでお願いしますよ!

公式戦ですから・・・

 

もちろん

ボスは

いわれるまでもなく・・・

素手でも十分強いのだ!!!

軽やかにステップワークを踏みながら・・・

右に左にとボディーブローを

コンビネーションで次々と打ち込む!

50を過ぎても、この抜群のコンディション!

今度は顔面へ左フック一閃!

タイチがボス専用の

サンドバックと化している・・・!

ボスの強烈な右のエルボーを

まともに受けて崩れ落ちるタイチ!

みのるが、またパイプ椅子を手に取った・・・!

タイチにパイプ椅子を振りかざすボス!

あぁぁっ!

公式のリーグ戦ですぞ!

だが・・・

ボスには・・・

そんなの関係ない!

容赦なくタイチにパイプ椅子攻撃を浴びせる!!!

この花道が

タイチの棺桶となってしまうのか・・・

あれだけ痛めつけられていたにも

かかわらず

タイチが立ち上がってきた!

タイチ「そんなもんか!鈴木!」

タイチがボスに詰め寄る!

みのる「ハハハー!」

みのるが笑いながら

タイチの首根っこを掴んで

タメを作る・・・

半狂乱状態で

笑いながら攻撃するボス

そして

エルボーに入る間

タメを作った時の

一瞬時が

止まったかのような

<スポンサーリンク>



静寂が恐ろしさを

さらに倍増させる・・・

 

ボスの恐ろしさは

間近で見ていて

肌で感じているはずの

タイチだが・・・

タイチは

真正面から

ボスの攻撃を

受ける!受ける!

みのる「どうした!来いタイチ!」

タイチ「このぉ!」

タイチ「いてぇぞ!」

タイチのスピンキックが

ボスのみぞおちをエグる!

みのる「ぐっ・・・」

今度はタイチが打撃のラッシュ!

グラつくボス・・・!

ガッシャーン!と鉄柵に

もたれかかる鈴木みのる・・・!

これは相当効いているぞ!

グロッキーの

みのるの背後に回ったタイチ!

情け容赦なく

花道で非情の

デンジャラスバックドロップを敢行!!!

こんな硬い床のところで

危険な角度のバックドロップとは・・・

どっちが

先に潰されるか!

とことん

やり合おうじゃないか!

ということなのか・・・

あまりのお互いの非情さに

言葉を失う実況席・・・

だが

解説席に

喋らせろと

強引に割り込んで

入ってきた

飛び入り参加の

ゲスト解説者

こんなの想定内だろ!

を連呼(爆

<スポンサーリンク>



その解説者の名は

金丸義信!

彼は周知のとおり

鈴木軍のメンバーだ

今年の

ワールドタッグリーグ戦の

見どころについて

聞かれると

鈴木軍さえ見ておけば

間違いはないだろと・・・

 

この試合で想定内・・・ですか!

金丸さん・・・

想定内と言い切っちゃうところは

さすがです・・・

鈴木みのるを連行する聖帝タイチ!

みのるをリング内へ投げ入れた!

聖帝タイチがボスを仕留めるのか!

続きはこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください