エキプロ5で鷹木信悟VS後藤洋央紀!後半

ドラゴンVS荒武者!完結!

 

牛殺しを炸裂させた後藤!

後藤「立てぇ!」

 

 

滝行ポーズからの

蹴り!

蹴り!

蹴り!

鷹木信悟を

蹴って蹴って蹴りまくる!!!

ロス道場で

絞り込んできた肉体は

スピードが増し

それに伴い

キックのキレが

今まで以上に増しているのだ!

<スポンサーリンク>



闘いの中で迷っている部分があった

悩める荒武者後藤洋央紀だが

鷹木信悟との一戦を交えた

当日も道場で午前中から

汗を流し、いつも通りの

ルーチンワークをこなし

試合に臨んできた!

ライガー選手も

解説席から再三に渡り

後藤選手は強いのだから

自信を持って闘えばいいのだと!

今回の鷹木との闘いの中で

その迷いを見事払拭し

勝利を掴むことができるのか!

対角線へハンマースロー!

串刺しでラリアットを決める!

自身の心の迷いを断ち切るかのように・・・!

ガムシャラに・・・!

 

鷹木「どんどん打ってこい!」

鷹木も

真正面から応じる!

 

遠慮はいらない

ガンガン鷹木を

攻め立てる後藤!

 

そうだ!

それでいいんだ!

<スポンサーリンク>



一直線のファイトこそが

後藤の信条であり

ひと際輝く時なのだ!

後藤よ!

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

迷わず行けよ

行けばわかるさ!

 

鷹木の顔面めがけて

パンチのラッシュ!

ここで後藤の蹴りが

とらえられる!

そのままデスバレーボムで切り返される!

後藤の口元を左腕で押さえつけて

鷹木「おい後藤!お前は、こんなもんか!」

と痛烈な言葉を浴びせかける!

そして、そのまま

リフトアップの態勢で持ち上げる!

ヘビー級の後藤を

こうも軽々とリフトアップするとは・・・

さらに!

そこからショルダーバスターの姿勢に

持ち変える怪力っぷり!

そのまま後藤をマットに叩きつける!

豪快な鷹木の攻め!

怯むな後藤!

ロープに振られた!

身体ごと弾丸の如く鷹木の懐に飛び込んだ後藤!

お腹を押さえる鷹木信悟!

いいぞ後藤!

後藤「鷹木ぃ!」

ここで荒武者の名刀!村雨を抜いてきた!!

村雨を決めた後は

すかさずバックドロップで畳みかける!

バックドロップは腰で投げろと

いわれているが、まさに

きちんと腰の入った

いいバックドロップだ!

さぁ後藤ペースだ!

鷹木を片腕でブン回しながら!

ロックボトムのような態勢で鷹木を

突き落とした!

なんという荒技!!

ライガー「後藤!チャンス!チャンス!

チャ~ンス!いけ後藤~!」

解説席にいるライガーさんも

ヒートアップしてきた(爆

この

ライガーさんの絶叫が

後藤の耳まで

届いたのか

その声に

呼応するかのように

後藤は

間髪を入れずに

コーナーポスト最上段を窺う!

後藤がダイブ!

 

ダイビングエルボードロップを

狙った後藤だったが

技を出す途上で

鷹木信悟が

起き上がってしまい

スタンド状態で

ヒットして

少々不格好な感じな

当たりと

なってしまったが

<スポンサーリンク>



今の

迷える後藤洋央紀は

恰好なんて気にしている

場合じゃない!

大切なのは

勝ちに対する

こだわり!

執念だ!

今の後藤に付ける最大の薬は

目の前にいる鷹木信悟を

ねじ伏せて得る白星だ!

レフェリ~!

休むな後藤!攻め続けろ!

後藤のラリアットが

かわされ鷹木が後ろに回り込んだ!

これは!?

熨斗紙だ!!!

この熨斗紙1発で後藤の流れを

ぶった切ってしまう

鷹木の技の数々・・・!

恐るべし鷹木信悟!

鷹木「どうした後藤!それで終わりか?」

グロッキー気味の後藤を

押し倒し・・・

隆起する筋肉を誇示して

鷹木は余裕さえ見せる

もう後藤はダメなのか!

いや、まだだ!

まだ荒武者は死んでいない!

鷹木の剛腕をガッチリとロック!

そして頭突きの連打!!

後藤「まだまだぁ!」

鷹木の後頭部を自身の膝の上に叩き落とす!!!

後藤「よっしゃ~!!」

後藤が、右腕を上げてグルグルと回す!

出るのか!

この技が!

後藤「いくぞぉ~!!!」

これぞ!

後藤の!

フィニッシャー!

GTR!!!

これが決まれば後藤の勝ちも同然!

レフェリー「・・・・」

 

直前で

肩を上げた鷹木信悟!

そんなバカな・・・

GTRが

返されるなんて・・・

いうよりも

2カウントから

一時停止したみたいな

変な間があったぞ・・・

<スポンサーリンク>



おいおい

普通に3カウント

決まってたんじゃないのかコレ?

しかし

リング上においては

レフェリーのジャッジメントが絶対だ

裁定は覆らず!

試合は

続行!

まだ

終わっていない!

 

勝利をあきらめない後藤洋央紀!

荒武者は生まれ変わったのだ!

こんなことで

へこたれるものか!!!

ヘッドバットを繰り出したものの

後藤のダメージも相当に深く

フラつく荒武者

足元が、おぼつかない

休まず追い討ちをかけたいところだが・・・

あああ・・・

鷹木「後藤~!!!」

ここで再びパ~ンピング!!!

間が空いたしまったことで鷹木が蘇生!

鷹木「終わりだぁ!!!」

ラスト・オブ・ザ・・・!

ドラゴン!!

後藤万事休す!

無情にも3カウント!

後藤洋央紀の夏が

終わりを告げた瞬間!

接戦を制したのは

ザ・ドラゴン!

鷹木信悟!

セルリアンブルーのマットで

未だ

返されたことのない最凶の

フィニッシャームーヴ

ラスト・オブ・ザ・ドラゴン

後藤のG1制覇の野望を

完膚なきまでに

打ち砕いた

<スポンサーリンク>



どこまでも

飛翔する昇り龍が

荒武者後藤を

食らい尽くした

一方

G1制覇への道に

立ちはだかる龍を

最後まで

打ち崩すことができず

その夢を

断ち切られてしまった

混沌の荒武者

 

今後

どこへ向かおうとするのか・・・

 

明暗を分けた両雄・・・!

~完~