オールスタープロレスリングで蝶野正洋VS佐々木健介! 後半

 

蝶野VS健介!

完結!!

 

健介がラリアットにいこうとしたところを

蝶野はカウンターのケンカキックで迎撃!

オープロはカウンターで

放つケンカキックの

モーションも、それを喰らう

相手の倒れ方も

よく再現されていて、非常にイイ!

尚且つ

グラフィックはPS2の時代のゲームなので

グラの粗さは否めないが・・・

<スポンサーリンク>



 

蝶野の得意技でもあるケンカキック

過去対戦したこともある高山善廣選手曰く

蝶野のケンカキックは

ブーツの一番固いところを

顔面に当ててきて

それがまた

的確にピンポイントで決めてくるのだとか・・!

やはり一流選手は

技の精度も非常に高い!

連発で叩きこむ!

健介がグーのナックルパンチ!

オープロ2では相手から連続で攻撃されていると

攻撃を受けている選手のコールが起こり

ラッシュ状態に!

健介のナックルパンチはラッシュ時限定の技だ!

この相手選手のラッシュを発動させないようにするには

ひとつ技を相手に決めた後に短時間で連続して

技を入れないようにすればOK!

技と技のあいだに一つ間を入れるような感じで

この時代健介が頻繁に使用していた逆一本背負い!

リアルで、健介がこの技を放つ時

結構ヒヤリとさせられる技

蝶野も投げられるときに身体を完全に回転させて

受け身をとらないと頭からマットに直撃しかねない

非常に受け身の難しい危険技なのだ!

 

きっちり背中から落ちて見事な受け身をとる蝶野!

フェイスクラッシャーを叩きこんで

健介が優勢に試合を進める

トルネードボムが炸裂するもロープブレイク!

 

劣勢の蝶野は突破口を見出したいところ

健介の足元をすくってからの・・

蝶野の必殺技STF!!!

蝶野の代名詞的な技STFは蝶野の師でもある鉄人ルー・テーズ直伝の技だ!

ガッチリとSTFが健介をとらえる

 

蝶野「アスクヒム!」

だが健介は決して自分から参ったとはいわないのだ・・!

ライバル視している三銃士からは

絶対ギブアップしたくないという健介の意地だ

根負けした蝶野はSTFを解いて

健介を口撃する!蝶野「ガチャメラエー!!!」

 

これには健介も怒った!

この体勢は・・・!

長州直伝のサソリ固め!

しかし蝶野に切り返されてしまい

健介はあっさりとサソリ固めを潰されてしまう・・

蝶野が健介の左脚を攻めこむ!

そして監獄固め!一時期蝶野がよく使っていた技で

健介も同様によく使っていたが

今回は蝶野から仕掛ける!

獄門鬼の異名をとるマサさんリスペクトだ

これまでの劣勢を挽回し反転攻勢に出る蝶野!

大一番で繰り出すダイビングショルダーアタック!

勝負に出る蝶野!

しっかりと決めて蝶野優勢に!

蝶野のケンカキックに健介はラリアットで

対抗心剥き出し!

今度はロープの反動を利用しての健介ラリアット!

しかし蝶野は真正面から受け切って倒れない!

蝶野の打撃攻勢に

とうとう膝をつく健介!

健介は強引にラリアットで

試合の主導権を奪い返そうとしたものの

蝶野も譲らない!

蝶野はここで羽根折り固め

通称バタフライロックで健介を追いこむ!

現在の新日では

YOSH‐IHASHI選手が使い手だが

<スポンサーリンク>



 

元祖は蝶野なのだ!

蝶野の場合はパイルドライバーを決めてから

バタフライロックというコンボ

徹底的に首を痛めつける

説得力抜群のフィニッシャーとして

使用していた時期があった

この技は見ていても

すごく痛みが伝わるし蝶野に

すごく似合うピッタリな技なんですよねぇ

 

 

健介を引きずり起こす蝶野!

一瞬の隙を突いて健介が脇固め!!

丸太のような

ぶっとい腕をブン回してなぎ倒すようなラリアットで

蝶野を吹っ飛ばす!

立ち上がる蝶野めがけて

健介が再びラリアットで追撃!

健介「蝶野~!!!」

身体ごと浴びせ倒すような健介の渾身のラリアット!!

決まったか!

蝶野がギリギリでキックアウト!

健介が絶叫!

健介「いくぞ~!!!」

ノーザンライトボム!!!

ワン!

ツー!!

蝶野の攻めを真正面から受け切った上で

最後は健介のフィニッシャー北斗ボムで

見事にフィニッシュ!

しかしオープロの技のモーションは

当時の国内の3Dプロレスゲームの中では

ほんとにピカイチですね!

このオープロシリーズが続いていていれば

かなりの神プロレスゲーになっていたことでしょう!

久々にオープロをプレイしましたが

不満に感じる点も多いものの

<スポンサーリンク>



 

やっぱり面白い!

プロレスが好きな当時の

開発陣の方々が作ってくださったからこその

面白さ、プロレス愛が

ひしひしと感じられるゲームです!

また機会があれば

再びオープロを取り上げたいと思います!

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

 

~完~