キンコロでオカダ&棚橋VSジェイ・ホワイト&外道 後半

両軍入り乱れる!

 

 

ジェイ・ホワイト&外道組が

ツープラトン攻撃を

先制しオカダ&棚橋組よりも

息のあった連携をみせて

有利に試合を進める!

なおも

外道は合体パワーボムを喰って

動きが止まった

棚橋を攻め立てるが

ここはオカダがカットに入り

棚橋の窮地を救う!

<スポンサーリンク>



オカダは、その後も

外道に攻撃を加える

かつてオカダの

マネージャーを務めていた外道

それが今袂を分かち

こんな形で対峙することになろうとは・・・

 

オカダの執拗な攻撃に抗議する外道!

オカダは外道のアシストに出ていたジェイ・ホワイトを

18番のドロップキックで蹴散らし・・!

オカダは裏切り者の外道に対して

怒りが収まらないのか鬼の形相で

外道を叩きのめす!

ここで棚橋が入り・・・

せーの!

オカダ&棚橋の初の合体ツープラトン!

ブレーンバスターだ!

連携攻撃をジェイ組に先制されはしたが

オカダ棚橋組も初の連携技を繰り出して

一矢報いる!

攻撃のリズムが乗ってきたオカダ棚橋組!

 

しかし

ここで背後からジェイが

まさかのローブロー攻撃!

 

ジェイに対して

大ブーイングが

飛び交う中

ダウンしている

棚橋めがけて

<スポンサーリンク>



ダブルのエルボードロップを

お見舞いする

ジェイ&外道!

あいかわらず

連携が冴えわたり

息ぴったりの二人!

 

 

そして、この鋭いジェイの逆水平チョップ!

やはり一筋縄ではいかない曲者のジェイ外道

試合の主導権を完全には握らせてもらえない

いい形でリズムに乗ってきたかとおもえば

姑息なラフ攻撃で

いい流れを断ち切られてしまう!

この悪い流れを振り切るかのように

棚橋がツイスト!

そしてシャウトする!

再びオカダにタッチ!

タナの攻撃からオカダがカバーに!

カウントは2!

オカダとジェイが対峙!

ジェイ・ホワイトに投げ捨てジャーマン!

オカダがジェイに猛攻!

助けに入った外道にはフライングボディアタックを

お見舞い!

オカダ「外道~!!」

ジェイ同様外道もジャーマンで投げ捨てろ!

((((((ノ゚⊿゚)ノカーン!!!

ここで、まさかの急所蹴り・・・!

さらにジェイ・ホワイトが高角度の裏投げで

オカダに追い討ちをかける

出てきた棚橋には

ブレードランナーを繰り出さんとするジェイ!

棚橋は、必死にこらえる

逆にジェイを押し倒して

得意のテキサスクローバーに入る!

だが、ここは外道が

すかさずカット!

ジェイは高速の低空バックドロップを発射!

完全に1VS2の構図に

よってたかって棚橋をいたぶる

ジェイ&外道にまたしてもブーイングの嵐!

と、ここへ蘇生したオカダがジェイを後ろから急襲!

そしてショットガンドロップキック!

いわゆるジョン・ウーを

憎きジェイ・ホワイトにぶち込む!

止めにツームストンパイルドライバー!

今がチャンス!

棚橋が手負いのジェイにハイフライアタック敢行!

そして必勝パターンのハイフライフロー!

ワン!

ツー!!

見事にジェイ・ホワイトからピンフォール!

本当は外道さんあたりが

ジョバーになってくれるのが理想だったのですが

今回は大将格のジェイ・ホワイトを

綺麗にマットに沈めてしまいました(爆

まだまだ未知数のオカダ&棚橋組ですが

このチームは棚橋曰く

オカダ&棚橋タッグは

12と11(オカダと棚橋の自己最多防衛記録数)

<スポンサーリンク>



それは単純な足し算となり凡庸なチームとなってしまうのか

あるいは両雄並び立たずで引き算になってしまうのか

はたまた二人の相乗効果で掛け算になるのか・・・

今後どういうチームに進化していくのか

非常に楽しみではあります!

今回は掛け算?となって

株が暴騰しているジェイ・ホワイトを

オカダ&棚橋組が食ってしまった!

ということでご勘弁ください(爆

最後まで見ていただき

ありがとうございました m(_ _ )m

~完~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください