キンコロで夢の続きを!オカダカズチカVS武藤敬司!

見てみたい!二人の一騎討ちを!

先月

行われた

1.8横浜アリーナ大会での

メインイベント

オカダカズチカ&棚橋弘至

VS

武藤敬司&清宮海斗

のカードで

禁断の初遭遇を果たした

レインメーカーオカダカズチカと

ジーニアス武藤敬司!

ファーストコンタクトから

固唾を飲んで観ていた管理人 (゚A゚ )ゴクリ

結局

オカダと武藤の絡みは

少なかったですが

その少ないコンタクトの中にも

なんともいえない間といいますか

駆け引きといいますか・・・

両雄の一挙手一投足から

全く目が離せませんでした。

二人とも

超一流の選手ということもあってか

ちょっとの絡み中にも

非常に濃厚、濃密な空間を作り出すあたり・・・

魅せてくれますなぁ。

<スポンサーリンク>




観ている側を

引き込む魅せ方といいますか

オカダ武藤の絡みを

もっと見たい、見たい!

と思わせてしまうところが凄い

そこが個人的に

清宮海斗選手とオカダら他の3人との

圧倒的な差を感じたところですね。

確かに試合では清宮の若さと躍動感溢れる動き

ハングリーさ

その勢いから来る清宮の

強烈な打撃とスープレックスを

正面から受けたオカダカズチカは

苦悶の表情を見せる場面もありましたが・・・

プロレスファンとしては

その夢の続き・・・

オカダ武藤の

シングルマッチが見てみたい!

が・・・

現実の方では

先日

ムトちゃんが股関節の負傷により

長期欠場&復帰未定!

というニュースが飛び込んできて

寝耳に水でビックリ!

なんでも

正月のノア大会から違和感を感じ始めたらしく

1.8横浜アリーナ大会の新日との対抗戦出場時も

痛み止めを打っての強行出場だったとか・・・

武藤選手は

プロ魂でリングに

上がってくれてたんですね・・・

武藤選手には

当面治療に専念していただき

また元気に試合することころを魅せてくれれば。

しかし

オカダ武藤の

ドリーム対決の夢は遠のいた・・・

それじゃあ

手っ取り早く

キンコロで、やっちゃえ!

というわけで

一足早く!?

両雄の一騎討ちを実現させてみました!

オカダカズチカも再度のエディットを施して出陣!

新日本プロレス50周年記念バージョンの

レインメーカーもキンコロで再現!

もちろん

偉大なる創始者!

アントニオ猪木仕様のガウンを脱げば・・・

バーン!闘魂タオル(本当はタオルも金色にしたかったのですが

仕様により変更できず)を首に巻き

腰には金色に輝く

IWGP世界ヘビー級のチャンピオンベルトが!

う~む、やはり

オカダのベルト姿は絵になるなぁ。

これほど

IWGPのチャンピオンベルトが似合う選手も

他にはいまい!

キンコロでオカダ武藤を闘わせてみましたが・・・

計6度闘わせて魅せ場は

試合序盤にオカダがレインメーカーを引き抜き

それを武藤が軽快にかわしたシーンのみorz

他にこれといった見所も無い塩試合を連発(汗

結果の内訳はオカダが4勝で・・・

武藤が2勝・・・

オカダの

4勝はどれも

中盤以降武藤を

突き放しての圧勝。

逆に武藤が

勝利した試合では

その逆バージョンで

武藤が圧勝と

終始試合が

噛みわない・・・

やはり

夢は

夢のままにしておくべき

だった・・・のか!?

<スポンサーリンク>




いやいや

このままでは

終われない!

ロジックの

チューニングを行って

7度目の正直!

序盤は

6回の試合内容と同じく

武藤が得意のグラウンドに誘い込まんとする。

これにオカダも堂々と受けて立つ構え。

自分の土俵に引きずり込み

ペースを握るのが

定跡のムトちゃん。

辻アナの実況により

序盤は武藤優勢で

試合が進んでいることが判明。

武藤は

いつも

ここまでは

調子がイイのだが

<スポンサーリンク>




中盤以降

オカダが、ほぼ

一方的に押しまくり

武藤が粘り切れず

押し切られるという

パターンが

ずっと続いていたので

心配だ。

串刺し式のシャイニング!

フラッシングエルボーと連続で

オカダに叩き込み

余裕のプロレスLOVEポーズ!

余計な心配だったか!

だが・・・

オカダが魂のドロップキックを炸裂させて

武藤の動きを止めると

すかさず掟破りのプロレスLOVEポーズからの・・・

1発目のレインメーカー!

今回の企画で何度となく

これで沈められてきた

ジーニアス!

かえせっ

まだカウント2.9までいってはいないが

オカダの必殺技を1発被弾した

ダメージは大きい・・・!

嫌な予感しかしなかったのだが・・・

武藤も

低空ドロップキックで

オカダの追撃を封じると

魂を2個消費しての

スタンディング式シャイニング弾2連発!!

片膝をついたオカダに

さらにシャイニングの乱れ打ちで乱舞!

間を取ろうとするオカダに回復の暇を与えない武藤!

ドラゴンスクリューで追撃態勢に入った!

これは・・・いける、いけるぞ!

が、ここで

おもわぬ伏兵が!

オカダの奥の手ともいうべき

エビ固めで

意表を突かれてしまった武藤!

あぶねっ!

ぐはぁ。2発目のレインメーカー被弾・・・

さらに、さらに・・・

最後の魂を使っての胴締めマネークリップ!

辛くも脱出するムトちゃん・・・

いい粘りじゃないか・・・

バテバテのアラ還の武藤とは

対照的にスタミナお化けのオカダは

攻撃の手を緩めない!

ここで武藤も・・・!

奥の手!フランケンシュタイナー!

フランケンシュタイナーがミタイナーと思ってました(爆

おぉっ、オカダも跳ね返す!

さすがラスボス!

イャアァっ!凹(゜Д゜)凹

武藤は勝利を確信したのか!

LOVEポーズからの魂のシャイニングウィザード!!!

惜しい!

次々に引き出しを開けてくるムトちゃん!

そうよ、最初から

こんな感じの試合をして欲しかったのよ!

武藤の猛攻を耐え忍んだオカダが

再び反撃へ!

武藤が渾身のエルボーを

カウンターでオカダに放つ!

入場時に着用していたTシャツを見ても

分かる通り

武藤はノアの看板を背負って

新日本のリングに上がっているのだ。

この一撃は

まさに

三沢さんの魂が乗り移ったかのようだ!

武藤がフィニッシュをアピール!

最後の魂を使っての・・・

エメラルドフロウジョン!!!

さすがのオカダも返せず3カウント!

ノアの創始者にして

永遠のライバルともいうべき

三沢さんの必殺技を

今をときめくレインメーカーに

浴びせて

時計の針を90年代に

戻してしまった(汗

本当は

接戦の末に

オカダが必殺のレインメーカーで

武藤からピンフォールを奪って

めでたしめでたしが

理想の終わり方だったのですが

スイングしてくれたので

まぁ、ヨシとしましょう!
<スポンサーリンク>




計7回もやったので

さすがにキンコロでの

オカダ武藤戦は

お腹いっぱいですが

現実の方では

観られるものならば

いくらでも観たいです!

夢は

いつか叶うもの・・・

ということで

それを期待しつつ

筆を置きたいと思います。

最後まで

見ていただき

ありがとうございました。