キンコロでGHCヘビー級選手権試合!潮崎豪VS武藤敬司!

ノアの至宝を賭けて・・・!

アイアムノア!VSプロレスリングマスター!

今月の

12日に行われた

ノアの日本武道館大会の

メインイベントで

齢58にして

ノアの至宝GHCヘビー級王座に

初挑戦した

ジーニアス、プロレスリングマスター

武藤敬司選手が

GHCヘビー級王者の

潮崎豪を破って

同王座を初挑戦にして初戴冠!

そして

佐々木健介、高山善廣に次ぐ

史上3人目となる

グランドスラムを達成

プロレスメジャー3団体全ての

至宝を腰に巻いた漢として

日本プロレス史に

その名を刻んだのだ!

<スポンサーリンク>




当サイト管理人が

プロレスを観るようになった

きっかけは

新日本プロレスで闘魂三銃士として

バリバリに活躍していた頃の

武藤敬司/グレート・ムタ

であり

プロレスファンの方の中にも

若き日の武藤に

魅了されたという方も

さぞ多かろうと思うが

管理人も

御多分にもれず

その一人だったというわけだ(爆

天性のレスリングセンスと

抜群の運動能力!

かっこいいルックスで

華やかな武藤敬司!

かと思えば!

その男前の

顔に

ひとたびペイントを

施せば・・・

毒々しい悪の華を咲かせる

グレート・ムタへと

変身を遂げる!

野球界ではメジャーへ行った

大谷翔平選手が

二刀流というフレーズを流行らせたが

マット界の二刀流といえば

武藤敬司で間違いないであろう!

これほど

圧倒的な

華と毒を併せ持ったプロレスラー

が他に存在したであろうか!?

と褒めちぎった後で、だが(汗

それから時は経ち

新日を離脱した武藤は

全日本へ移籍し

その後全日を離れ

レッスルワンを立ち上げた辺りからは

管理人も武藤に対する興味が薄れて

彼の動向を

あまり注視しなくなってしまっていたのだ・・・

レッスルワン活動休止後フリーとなった

武藤が去年からノアに参戦を果たし

GHC王者の潮崎豪に

挑戦表明をした辺りから

気づけば

武藤の動向を追うようになっていた(爆

還暦が近い60手前の武藤が

伝家の宝刀ともいうべきムーンサルトを

封印した状態

現役バリバリのノアのチャンピオンである

潮崎相手に

どんな魅せ方をするのか!?

正直

武藤のスタミナが持たずに

グダッてしまうのでは?

さすがに

潮崎相手に

タイトル奪取は無理だろうな

と思っていたのだが

実際のタイトル戦では

その予想を

いい意味で裏切られたのだ(汗

試合の内容が観ていて

凄く熱かったので

キンコロでも

やってみたくなり(w

今回は

この二人の

熱い闘いをキンコロのCPU戦で

再現してみたいと思う!

主に新日をメインに観ている管理人は

ノアの興行を継続して追っていないのだが

潮崎の中に宿る

三沢さんや小橋の魂!

闘魂三銃士・四天王全盛時代に

プロレスに嵌った管理人は

胸が熱くなった!

敗れはしたものの

燃え滾るような

熱いプロレスを魅せてくれて

久々に燃えたぞ!

実際の試合でも潮崎が魅せた

小橋ばりのマシンガンチョップ!

武藤の厚い胸板に何発もブチ込む!

武藤自身のリズムを刻むかのような

フラッシングエルボーが炸裂!

実際の試合でも

繰り出したフラッシングエルボーだが

ロープに走り込むスピードこそ

全盛期の時代には遠く及ばないものの

そこから繰り出すフラッシングエルボーは

キレがあってコンディションは

すこぶるよさげに見えた。

武藤が体勢を崩しながらもローリングソバットを放つ!

武藤のローリングソバットなんて何年ぶりに

見ただろう・・・!

もう、できないとばかり思っていたが・・・

1回目のCPU戦では潮崎が力で押しまくって

最後はゴーフラッシャーで

武藤を沈めて返り討ちにしたのだが

名勝負とはならず・・・

ロジックを調整し直して再チャレンジ!

静かなグランドの攻防から・・・

先に仕掛けたのは武藤敬司!

得意のドラスクからの四の字ムーヴで

潮崎を攻め立て・・・

潮崎もフィッシャーマンズバスターで応戦するも・・・

試合時間が

まもなく17分に迫ろうかとする時に

武藤がノアマットの

ド真ん中で

エメラルドフロウジョン!!!

そのまま王者潮崎から3カウントを奪ってしまった!

う~ん、実際の試合みたいにとまでは

いかなくともCPU戦で

熱い闘いが観たいなぁ・・・

現実では新王者となった武藤に

清宮海斗が向かっていって

次期挑戦者フラグが立っていたが・・・

キンコロでは

武藤がGHCヘビーのベルトを

保持した状態で

武藤潮崎のリマッチ戦を敢行(爆

アキレス腱固めを掛ける武藤!

脚攻めの布石となる

武藤序盤の攻め方の一つだが

歳を食っても

動き、佇まいに

いちいち

色気を漂わせるのが

この漢のズルいところだ・・・

ある意味で反則である(爆

押され気味の潮崎は

三沢さんが乗り移ったかのような

強烈なランニングエルボーを繰り出し・・・

場外エスケープした武藤を追って

場外で形勢逆転の

ゴーフラッシャー!!!

さぁ!出るか!豪腕ラリアット!

ここでリアルの試合で決まり手となった

カウンターのフランケンが

キタ~!!!

キンコロでは潮崎が

これを見切って

投げっぱなしパワーボムで

切り返し

武藤の切り札を

あっさりと

叩き潰した!

潮崎のパワーボムで

後頭部を強打した武藤!

潮崎は

自身の勝利を確信かのように

腕を上げてアピール!

前の試合では

ノアマットで

武藤の掟破りともいえる

エメラルドフロウジョンの前に

屈辱のピンフォールを

奪われた潮崎・・・!
<スポンサーリンク>




”令和の御大”を

襲名した

生ける伝説

武藤敬司に

果たして

一矢報いる

ことができるのか!?

続きはこちらから!

潮崎武藤のCPUロジック戦完結! だが 手痛い反撃を 喰らった潮崎は 再び劣勢へ・・・ フィニッ~シュ! とばかりに CPU武藤が 両腕で十字を切る! 一体 […]