キンコロでYOSHI-HASHIのエディットデータを公開!

YOSHI-HASHI選手!

G1クライマックス出場おめでとう!

YOSHI-HASHIのレスラーメイク編!

 

EVILのロスインゴ離脱&バレットクラブへの

電撃加入により

EVIL&鷹木信悟&BUSHI組で保持していた

NEVER無差別級6人タッグ王座を

返上することとなり

空位となった同タイトルの

新チャンピオンを決める

トーナメント戦にYOSHI-HASHI選手は

ケイオスの盟友である

後藤洋央紀、石井智宏両選手と組んで

エントリーし、このトーナメント戦において

見事優勝を果たし同王座を戴冠

第21代チャンピオンに輝いた。

先日行われた

9.11東京・後楽園ホール大会の

セミファイナルにて

同王座の初防衛戦が行われたが

初防衛戦の相手は

奇しくも

王座決定トーナメント戦の決勝戦と

同カードの

YOSHI-HASHI&後藤洋央紀&石井智宏組

VS

オカダカズチカ&矢野通&SHO組

であった。

<スポンサーリンク>




この

一戦においても

YOSHI-HASHI組は

勝利を収めて初防衛に成功!

これらの実績が

認められた

YOSHI-HASHIは

初の秋開催となる

G1クライマックスに

2年ぶりのエントリー

を果たし

勢いに乗じて

G1制覇を窺う!

ファンの期待値も

ますます高まる

YOSHI-HASHI選手の

キンコロエディットデータを

彼への

応援の意も込めて

公開していくぞ!

まず

エディットした

外観はこちら!

 

顔は梶田ミツルで代用しリストバンドは

グリーン色の時もあればブラック色にしたりと

様々なのでお好みでカラーを変えてもよし。

YOSHI-HASHIの上半身は

けっこう分厚めなので

体型をレスラーマッスル

胸をレスラーボディとした。

YOSHI-HASHIのロングタイツの

コスチュームなのだが

実際の

コスチュームは

そこそこ

複雑な

デザインであるため

キンコロでは

当然のごとく

完全再現は不可能。

それっぽいのを

チョイスして

くるしかないのだが・・・

金丸ロングタイツ3で

妥協する運びとなった。

実際の

YOSHI-HASHIのコスの

ロングタイツ正面の太ももには

色々とデザインが

施されているのだが

金丸ロングタイツ3だと

正面からのアングルが少々

殺風景な感じが、、、

まぁ、これは

しょうがないか・・・

足元のレガースは

川田レガース2を採用

あとはカラーの調整で

グリーン色を基調として

つま先部分は

黒色で調整すると

YOSHI-HASHIの付けている

レガースっぽくなるぞ。

そして次は

入場用のコスチューム。

入場Tシャツは

お好みで

よいとは思うが

当サイトでは

橋Tシャツを採用してみた。

採用の決め手は

もちろん

”84”と

デザインされているからだ(爆

これで44も

横に付け加えることができたら

”4484”となり

言うことなしの

デザインとなるのだが・・・

<スポンサーリンク>




少し歯がゆい

思いもしてしまう

”84”デザインのTシャツだが

敢えてこれをキンコロの

YOSHI-HASHI選手に

着せて入場させて

みるのもよいだろう。

YOSHI-HASHIが

実際の入場時に

肌身離さず持参する如意棒は

残念ながら

キンコロには無いので

オプションのバットで

無理矢理代用。

う~ん・・・

といった感じになるが

これも仕方なし。

どうしても

違和感がある場合は

オプション無しで!

 

YOSHI-HASHIのファイトスタイル

 

相手に対して

決して退かない、怯まない!

前に向かっていく気持ちを

前面に押し出す熱いファイトを

チョップやエルボーといった打撃技で

相手の打ち合う

熱い攻防を魅せつつも

タイトルホルダーとなりV1も果たした

実績と自信に裏打ちされた

余裕や懐が深くなったところ

も魅せるべく

パラメーターで耐久力及び

テクニック、返し技の部分を

調整すべし。

CPUロジック戦において

相手の攻勢を受けつつも

一瞬の切り返しで

戦況をひっくり返しあう

シーソーゲーム的な

手に汗握る試合展開になるべく

テスト試合を繰り返し

調整を重ね

期待値も込めて

覚醒した

YOSHI-HASHIを作り上げよう!

YOSHI-HASHIの主な装備技

 

          逆水平チョップ

踏みこんで腰を据えて

打ち込む逆水平チョップ!

近年YOSHI-HASHIが

自信を持って繰り出している

打撃技のひとつ

解説のミラノさんも

YOSHI-HASHIの繰り出す

チョップを絶賛。

試合の中でもリズムを掴むためにも

非常に重要な技なので入れておこう。

フォームは馳チョップをチョイス。

正面クラッチの頭掴みからは

馳チョップ連打も収録されているので

入れておいてもよいだろう。

          トラースキック

 

YOSHI-HASHIが多用する蹴り技。

打撃技のスーパーキックを装備。

          ティヘラ

 

チェンジオブペースで

YOSHI-HASHIが序盤に放つ技の一つだ。

コルバタを採用。

ダッシュ式で放つタイプや

カウンター式もあるので

ぜひ装備させておこう。

          かち上げ式ラリアット

 

主に中盤以降

要所で放つ技だ。

この1発で

試合の流れを変えることも

よくあるので

必ず装備させておこう。

キンコロにおいては

ダッシュ技のムーヴ

ラリアット(左手)を

装備させておいた。

 

 

          ヘッドハンター

 

要所で出す技で

上記のラリアットと共に

流れをYOSHI-HASHIに引き寄せる上で

欠かせない技の一つ。

だがキンコロには

この技は収録されていない。

ちと苦しいが

ランニングダイヤモンドカッター辺りで代用。

派生技として

ここ一番でYOSHI-HASHIが繰り出す

ダイビングのヘッドハンター!

これはコーナーダウン技の

魂技限定で収録されている

シャリマティーを代用すれば

しっくりくるだろう。

          ダブルニーアタック

 

主に中盤以降に繰り出される技で

これも

上記のヘッドハンター同様

代用技が苦しいが・・・

う~ん( ;^ω^)・・・

微妙だが・・・これ以上は思いつかない・・・

他に、いい案があれば教えて下さい(苦笑

 

          パワーボム系統

ジャックナイフ式パワーボム

ライガーボムも使用するので装備させておこう。

 

          ヘッドバスター

 

ブレンバスターの体勢で抱え上げて着地したところを

ネックブリーカーで落とすという技だが

こちらは

ショットガンで代用してみた。

このモーションも

ちと、しんどいが

ヘッドハンターとダブルニーアタックの

代用技よりかはマシかも(汗

 

シグネイチャ・ムーヴ

 

         スワトーンボム

 

一時期はフィニッシャームーヴとして使用していた

YOSHI-HASHIの大技。

中盤以降に繰り出すように

ロジックを設定し

華麗にリング上を舞って

魅せよう!

         バタフライロック

YOSHI-HASHIが使うサブミッションの大技といえばコレ!

格下の相手には

これがフィニッシャーとなる場合も多い。

同格以上の対戦相手に対しては

これで決まることは

ほぼ無いが

中盤から終盤にかけて

この技を繰り出して

相手の体力を

大幅に削り取り

フィニッシャーへの

布石として重宝する

技となっている。

大事に使っていこう!

 

         KUMAGOROSHI

 

いわゆる

変型式のノーザンライトボム。

キンコロにおいては・・・

龍式ノーザンライトボムで代用してみた。

 

フィニッシャー・ムーヴ

 

YOSHI-HASHIのフィニッシャーは

カルマ!

いわゆるリストクラッチ式の

ハーフルネルソンバスター。

キンコロ的には・・・

キークラッシュ’99で

代用してみたが・・・

厳しいかな?

カッコイイ技だけに

キンコロで完全再現できないのは

なんとも

もどかしい・・・

 

番外編!プロレスあるある!を演出してみよう!

 

 

キンコロでCPUロジック戦を収録した

VSオカダカズチカ戦!

上のスクリーンショットは

フィニッシャーのカルマを放たんとする

YOSHI-HASHIとオカダの攻防の一幕。

当サイトがキンコロで採用した

フィニッシャーカルマの代用技は

上記で示した通り。

この場面は

あくまでも

フィニッシャーを巡る攻防を魅せると

いった演出を意図して

CPUロジックを設定したものになっている。

キンコロのクラッチ設定には

カルマの態勢に入るような

クラッチモーションは無いため

それっぽいものを

チョイスしてくるのに

エクスプロイダークラッチを設定。

ちなみに

エクスプロイダークラッチの体勢から

ドライバー的に相手を抱えて

落とすような技は

収録されていない。

カルマを打とうとするけど

対戦相手が踏ん張って

打つことができないといった

プロレスでよくある場面を再現するのに

設定したというわけだ。

<スポンサーリンク>




こんな感じで

限られた

ゲームシステムの中でも

自分なりに色々と

演出してみるというのも

面白いのではなかろうか。

色々とアイデアを考えて

キンコロを

さらに味わい深いものに

しようではないか!

最後に!

 

と、いうわけで

今回YOSHI-HASHI選手を

エディットしてみましたが

どうだったでしょうか?

今年のG1に

YOSHI-HASHI選手が出場するということで

キンコロで彼を

エディットされるファンの方も

増えるんじゃないでしょうか(爆

VSオカダカズチカCPUロジック観戦記

でも少し触れましたが

YOSHI-HASHIのロジックを

細かく微調整するために

4戦ほどCPU同士の

テストマッチを行いました。

4戦の内訳は

AJスタイルズ、中西学と2戦ずつ

4戦ともに

YOSHI-HASHIの全敗で

3戦目までは

塩分濃度が高かったのですが

最後のテストマッチ4戦目の

VS中西学戦は

かなりの好勝負となり(未収録)

僅差でアルゼンチンバックブリーカーの前に

YOSHI-HASHIが

屈するかたちとはなったものの

試合内容は

劇的に改善しました。

<スポンサーリンク>




収録したVSオカダカズチカ戦においても

VS中西学戦ほどではないにせよ

善戦した方だったと思います。

ロジックの微調整は

非常に骨が折れる作業ではありますが

CPU観戦で

いい感じの試合が

できるようになってくると

めちゃくちゃ熱く

楽しくなるんですよねぇ。

これだから

キンコロは

やめられない!

当サイトが

キンコラーの皆様の

エディットの参考になれれば

幸いです!

最後まで

見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください