ジャイアントグラムで不沈皇帝コンビVSバーニング その①

It’s VADER TIME!

皇帝戦士降臨す!

今回は今月18日に亡くなられた

皇帝戦士ベイダー選手への

追悼の意味も込めまして

ベイダーはハンセンとのコンビで

今回再び不沈皇帝タッグを結成し

バーニングの2トップだった

小橋&秋山組

対戦させたいと思います!

ベイダーの追悼試合は

どのカードにしようかと

考えていたのですが

シングルだと

ベイダーVSハンセンとか

ベイダーVS猪木

タッグだと

全日時代短期間ではありましたが

<スポンサーリンク>



結成された

ベイダー&ウィリアムスの

殺人皇帝タッグのコンビで

ハンセンをベイダーと

対角線に立たせて

パートナーはブロディにして

殺人皇帝コンビVS超獣コンビにしようか

扱うプロレスゲームは

オープロ

レッスルキングダム

WWE2kにしようか等々

色々考えたのですが・・・

今回はジャイアントグラムを使っての

不沈皇帝VSバーニングという

対戦カードにしました!

このカードは実際に全日本プロレスの

98’世界最強タッグ決定リーグ戦の

優勝決定戦で実現しています。

この優勝決定戦では

終始ベイダー&ハンセン組が

圧倒して小橋&秋山組を

押しまくっていたのですが

最後は小橋の剛腕が唸りを上げて

不沈艦スタン・ハンセンが

まさかの轟沈!まさかの逆転負け・・・

試合後もおさまりのつかないハンセンは

小橋&秋山組を攻撃し

ウェスタンラリアットをかまして

右手を高々と上げてお決まりの

ウィー!!ポーズ!

 

そして

ベイダー&ハンセン組は

悠然と引きあげていきました・・

試合後コテンパンにされた

小橋&秋山組

でしたが

ベイダー&ハンセン組を

破っての堂々の

世界最強タッグ優勝

その勢いのままに

小橋率いるバーニングが

全日本マットを席巻することに!

バーニングの台頭を

許してしまったのが

<スポンサーリンク>



当時

全日最強の

外国人コンビであった

ベイダー&ハンセン

今回は

その時の

雪辱を晴らすべく

再び

小橋健太&秋山準の

バーニングと相対します。

 

 

 

盟友のスタン・ハンセンを従えて

皇帝戦士が

姿を現す!

耳に手を当て

観客から声援を

求めるベイダー!

ベイダーとハンセンが王道マットに

リングイン!

ベイダーは170kgの巨体をロープに預けて

その感触を確かめる!

二人揃って300kg超の重量コンビ!

この二人がタッグを組んで

二人並んだ時のチートっぷり

一体どうやって

このタッグを切り崩せばいいんだという

絶望感!

対角線に立つ相手からすれば

この上ない恐怖だろう

対するは

小橋&秋山コンビのバーニング!

秋山準が先頭をきり先導

後ろからはバーニングの大将

小橋健太が見参!

小橋と秋山もリングイン!

二人とも険しい表情だ

それもそのはず

なんといっても対角線に立つのは

ベイダー&ハンセンの不沈皇帝コンビだ

98’世界最強タッグで1度打ち負かしている

とはいえ

試合の大半、劣勢を強いられたタッグチームだ

一筋縄ではいかない対戦相手であることは

小橋と秋山が一番わかっているはずだ

果たしてリベンジに燃える

最強の不沈皇帝コンビを

バーニングは返り討ちにできるのか!

リングアナのコールを待つ両チーム・・・

 

 

ベイダー&ハンセン組が

対角線のコーナーに控える

小橋&秋山組めがけて

猛然と突進!

ベイダーとハンセンが

そのまま小橋と秋山に体当たり攻撃!

ベイダー&ハンセン組の強烈な体当たり攻撃で

急襲された小橋と秋山は

勢いよく場外へ

ぶっ飛ばされる!

 

ベイダーとハンセンは

王道マットを占拠し

王道マットの

ド真ん中で

 

二人並んで

ウィー!!!

その様子を

 

<スポンサーリンク>



 

放り出された場外から見て

唇を噛み締める小橋と秋山

ベイダー&ハンセンの

おもわぬ奇襲攻撃に

出鼻をくじかれた

小橋&秋山組

一方

機先を制して

精神的に有利に立った

不沈皇帝コンビ

ここで今

ゴングが鳴らされる!!

 

その②へ続く!その②こちらから!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください