スパルタの王✖ホワイトラン首長によるトップ会談!スカイリム大冒険ガチムチ日記

お互いの文明を分かち合おう!

リバーウッドが危機に

瀕している!

ホワイトランからの

応援を求める!

との

ジャルデュルからの

危急の伝言を伝えるべく

ホワイトランへと

やってきた

我らが王

レオニダス!

バルグルーフ首長の

元に向かうと

おもいきや・・・

レオニダス王が

向かった先は

なんと

イリレス!

<スポンサーリンク>




そして

こともあろうか

王は剣を引き抜き

彼女の喉元に

その鋭い剣を

突き立てたのだ!

王は

どうやら

先ほどの

彼女の非礼な振舞いに対して

怒りを露わにしているようだ。

王「そなた・・・」

王「そなたはスパルタの王たる

私に対し剣を抜いて威嚇した!

王の私に剣を向けるということは

スパルタの国とスパルタの我が民を

脅かしたに等しい!

私は慎重に言葉を選んだぞペルシア人。

お前も慎重に言葉を選ぶべきだった・・・」

王よ・・・!

イリレスはペルシャ人では

ありませぬぞ(汗

これに対し・・・

ホワイトラン側も黙ってはいない!

彼らも剣を引き抜いて

事態は一触即発・・・!

バルグルーフ首長「オイオイ (゚Д゚;≡;゚д゚);

少し落ち着けよ !」

バルグルーフ首長「わかった、わかったよ。

イリレスの非礼は首長である

この私の責任。

イリレスに代わり詫びよう。

ここは理性的に

話し合おうじゃないか。

おい!誰か!

彼は伝説の国

古代スパルタから

遥々やってきた

誇り高き王だ。

席を用意してやれ。」

 

バルグルーフ首長自らが

イリレスの無礼を詫びて

頭を下げる・・・

この場を

首長が理性的に

なだめて

ようやく

矛を収める

レオニダス・・・

なんとか

最悪の事態は

免れたε= (^、^; ホッ

<スポンサーリンク>




脳まで筋肉で

できた(爆

脳筋王は

怒り出すと

何をしでかすか

わかったものではない(爆

席を用意され

座るスパルタの王だったが

座り方が

なんとも

ふてぶてしい・・・

まだ拗ねているのか?(汗

ここに

スパルタの王レオニダスと

ホワイトランの首長バルグルーフ

によるトップ会談が始まる!

バルグルーフ首長「ドラゴンが私の要塞を焼き尽くし

人々を襲っているに傍観しているつもりは毛頭ない!」

お使いの報酬げっと~

バルグルーフ首長「レオニダスよ。

私に

ついて来てくれ。」

えぇ~?

もしかして

また、お使い?

あぁ(‘A`)メンドクセ

プロレスラー「王よ。バルグルーフ首長を

お待たせしては・・・」

あぁ、わかったよ(‘A`)

どっこらせ!

プロレスラーに促され

ようやく立ち上がる王・・・

しゃあねぇなぁ┐(´ー`)┌; いってやるか

嫌な予感( ^ω^)・・・

ブリーク・フォール墓地に行って

ドラゴンの埋葬地の地図が書かれてあるという

ドラゴンストーンを取ってこいという( ^ω^)・・・

案の定

お使いだった(‘A`)

やれやれ┐(´ー`)┌;しょうがないなぁ

1回だけだぜ?

かくして

報酬につられ?

ブリーク・フォール墓地へと

向かうこととなったレオニダス王!

果たして

これから王に

どのような運命が

待ち受けているのだろうか?

王の冒険は続く!

ここから

ちょっと番外編で・・・

この日記の

主人公のモデルである

レオニダス王が登場する

映画である「300」の

ワンシーンを

少し紹介したいと思います。

ペルシア帝国の使者がギリシャの

都市国家スパルタの王

レオニダスに謁見するシーン。

遥々ペルシアから

スパルタの土と水を求めに

やってきたという

ペルシア帝国の使者。

要するに

強大なペルシア帝国に対する

服従の証としてスパルタの土と水を

差し出せと( ^ω^)・・・

いわゆる威圧外交ですな。

使者からは

慎重に言葉を選んで返答しろと。

返答如何によっては

王として最期の言葉に

なるかもしれないぞ!

と( ^ω^)・・・

完全に脅しにきています(爆

これに対しレオニダスは・・・

剣を引き抜いて使者の喉元に

突き立てます( ^ω^)

これは冒涜だ!

狂気だ!と

必死に

抗議する使者( ^ω^)・・・

レオニダス王は

使者に対し

スパルタの国と民の

自由と平和を脅かしたと

凄い剣幕で

まくし立てます。

そりゃ、あんた

ガチムチ脳筋王に対して

あんな

脅迫めいたこと言ったら

怒るの当たり前でしょうに( ^ω^)

<スポンサーリンク>




ちなみに

今回の

日記の冒頭にある茶番は

このワンシーンを

再現したかっただけです(笑

シチュエーションも全く違うし

無理矢理でしたが(爆

このペルシア帝国から

やってきたペルシア人の使者の

運命は如何に!?

このシーンの

続きが気になる方は

ぜひ

映画を買って

見てみて下さい。

けっこう面白い映画ですよ。

~続く~

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください