デオンテイ・ワイルダーVSルイス・オルティス(ファイトナイトチャンピオン)完

お互いに退けない!

プライドとプライドが

ぶつかり合う魂の一戦完結編!

2ラウンド目・・・

3ラウンド目・・・

1ラウンド目と

同じような展開が続き・・・

ファイトナイトで

プレイした

ワイルダーVSオルティスの一戦!

長らく間が

空いてしまいましたが

お待たせいたしました!

お待たせしましたといっても

このワイルダーとオルティスの

プレイ記事は全く

ほとんどといっても

よいほどアクセスがありません(爆

同じく

ファイトナイトでプレイした

マイク・タイソンのプレイ記事

関連記事

プロレス界の鉄人といえば小橋建太! ボクシング界の鉄人といえば この人! アイアン!マイク・タイソン! 今回は 8年前にPS3及びXbox360にて 発売されたボクシングゲームの 金[…]

結構アクセスを

いただいているのですが・・・

現在のヘビー級ボクシング戦線の

国内における人気、知名度は

低いんですよねぇ。

この記事の主役たる

ワイルダーや

その他ジョシュア、フューリー

そして

去年暮れに

日本のヘビー級ボクサーで

世界戦線進出も期待された

藤本京太郎選手と

去年の暮れに闘って

破った新星

ダニエル・デュボア

タレントは揃ってきてるんですけどね・・・

やはり

マイク・タイソンや

モハメド・アリのような

凄いボクサーが再び

ヘビー級戦線に現れないと

国内のヘビー級ボクシングの

人気知名度は上がらないのか(汗

 

それでは

本題へ!

 

4ラウンド目へと突入!

3ラウンド終了した時点で

ポイントは全て

デオンテイ・ワイルダーがリード!

<スポンサーリンク>




実際の

現実の試合では

7ラウンド2分51秒KO決着で

デオンテイ・ワイルダーが

ルイス・オルティスを下した

6ラウンド目を除いて

5ラウンド目までは

ポイントの上では

挑戦者のオルティスが勝り

王者ワイルダーが

後れをとる形となっていた。

そういう意味では

全く真逆の展開だ(爆

このまま

ポイントでリードして逃げ切るか

それとも

オルティスが逆転の

左を炸裂させて王者ワイルダーを

追い込むことができるか!?

オルティスを釣りだして・・・

そこへカウンターを合わせるワイルダー!

オルティスがグラつき

クリンチに逃れる危ない場面も・・・!

4ラウンド目も状況は覆らず!

このラウンドで

オルティスは左目の下辺りをカット・・・!

ワイルダー陣営は

してやったりというところか!

第5ラウンド!

オルティスは前に出るしかない!

もちろん

管理人操るワイルダーは

前に出るオルティスを

狙いすましたように

ジャブの速射砲を打ちこみ

カットしたオルティスの傷口を

さらに広げにかかる!

 

果敢に得意の左を

繰り出すルイス・オルティス!

10cm以上のリーチ差を生かした

ワイルダーの放つ

ジャブの嵐をかいくぐり

中に入ってこようとするオルティス!

それをいなす

王者デオンテイ・ワイルダー(当時)

大胆不敵にも

右腕のガードを下ろして

拳をクルクルさせながら

チャレンジャーの

ルイス・オルティスを挑発!

さぁ!

どうしたオルティス!

それで終わりか?

どんどん打ってこい!

 

オルティスを

刺激しすぎたせいか

凄まじい左が

飛んでくる(汗

オルティスの怒りが

こもったかのような

一撃だ(爆

こっちも得意の右じゃあ!!!

オルティスも即座に打ち返してくる!

ぐっ・・・!

やるじゃねぇか・・・!

しかし

ここでヒートして

打ち合いに出るような

脳筋なマネはしない(爆

管理人操るワイルダーは

至って冷静なり!

ボディにも打ち込んで

オルティスのスタミナを

地味に削っていくことも

忘れない!

5ラウンド目が終了!

 

 

ルイス・オルティスは

4ラウンド目に

カットした傷口が

さらに広がり

とうとう

左目も

塞がり

チャレンジャー陣営の

局面は

ますます

厳しくなるばかりだ・・・!

<スポンサーリンク>




ワイルダー陣営は

絶対的

優位な状況に!

いよいよ

次のラウンドで

勝負に出て

一気に

オルティスを

仕留めに

かかるだろう!

 

迎えた第6ラウンド!

片目の視界を失い

距離感が掴めなくなってしまった

ルイス・オルティス・・・

彼の左右の拳が

虚しく空を切る・・・

だが

このラウンドでも

ほとんどジャブのみで

全く勝負に出ないワイルダー(汗

ワイルダーを操作している

管理人は一体何を考えているのやら(爆

6ラウンド終了のゴングと同時に

両腕を挙げて

ピョンピョンと飛び上がる

王者ワイルダー!

自身の勝利を

確信したのか・・・!

そして現実の試合と同じく

第7ラウンド目に突入!

ここで

いよいよ

満を持して

ワイルダーが前に出た!

完全に左目が

塞がった

手負いのキングコングを

仕留めにかかったのだ!

そして・・・

とうとう

王者の右が

挑戦者を捉えた!

リプレイでもう一度!

前のめりに崩れ落ちた

ルイス・オルティス・・・!

カウント5で立ち上がる!

不屈のファイティングスピリッツ!!

存分に温存していたスタミナを使って

パンチの乱れ打ち!

もはや

クリンチで堪えるのが精一杯か・・・!

ワイルダーはジリジリと後退する

オルティスをコーナーに追い込む!

それでもオルティスは諦めない!

最後の力を振り絞り応戦する!!!

だが・・・

ワイルダー自慢の右ストレートが

オルティスを打ち抜く・・・!

リプレイでもう一度!

コーナーに

もたれかかるように

倒れ込んだチャレンジャー・・・

グッドナイト!!!

せいやぁ~!!!

これだけ喰らったら

さすがに

もう立てまい・・・

それでも

気力で立ち上がろうとする

オルティス・・・

だがレフェリーは

これ以上の試合は不可能と判断し

試合を止める!

まだ闘えると

不満げな表情を見せる

オルティスであったが・・・

選手の身体の状態や

今後の選手生命が一番!

レフェリーの判断は

正しかったといえるでしょう!

現実同様

7ラウンド目に

ルイス・オルティスを

KOしてキャンバスに沈めた

王者ワイルダーは

見事にV10を達成!

そして

以前

ドロー決着となった

タイソン・ヒューリーと

ケリをつけるべく

V11を賭けて

タイトル防衛戦へと

臨んだワイルダーであったが・・・

結果は王座防衛に失敗orz

<スポンサーリンク>




個人的に

ワイルダーに勝ってもらって

新たなヘビー級の豪打伝説を

築いてもらいたかったので

非常に残念・・・

フューリーが勝ったことで

ますます

混迷を極めることとなった

ボクシングヘビー級戦線!

次戦は

3冠王者に返り咲いた

AJことアンソニージョシュアとの

王座統一戦が期待されるが・・・!

ますます目が離せませんな!

~完~