バープロ2で鷹木信悟VS鈴木みのる!in 神宮球場 後半

NEVERを賭けた闘い完結編!

立て鈴木コラ!

鷹木信悟が

リングに這い

つくばっている

鈴木みのる

の背中めがけて

猛烈な

ストンピングの嵐!

打ち続けられながらも

リングを這う

鈴木みのるの

口元はニヤつき

時折

なめずりを

している・・・

この

狂気の表情を

出す時の

王様は

非常に怖い。

<スポンサーリンク>




口元は

笑ってはいるが

目は鋭い眼光で

その目元は

全く

笑っていない(汗

やってくれるじゃねぇか

といった感じで

その後に

倍返しがくるのが

定番なのだ。

 

鈴木「ハハハハ!」

笑いながらフロントハイを

ブチかまして鷹木を

ぶっ倒すと・・・

鈴木「ほら、ほら!こいよ」

鈴木「どうした鷹木!そんなもんか!」

鷹木信悟の

頭をチョンチョンと

つま先で足蹴りにして

屈辱を与えてくる・・・!

そして・・・

得意の一本足頭突き!!!

イデデデ・・・

バックを取り返して

バックドロップ!

よし!ひとつ技を返したぞ。

流れ的に次の技はコレ!

パンピングボンバーじゃ!!!

フォールを返してくるが

そこは想定内。

管理人の華麗な操作?に

鈴木みのるの体が

吹っ飛びながら

九の字に折れ曲がる!

さらにマウントをとってポカポカ!

体を入れ替えて

みのるが腕ひしぎで応戦してくる!

ここから

打って変わり防戦一方となる

管理人操る鷹木信悟!

まだ余力はあるハズだ・・・

耐え難きを耐え・・・

忍び難きを・・・

忍ぶ・・・

みのるに

攻められながらも

反撃の機会を窺っていた

管理人は後頭部への

パンピングボンバーを繰り出す!

言わずもがな

神ゲーなバープロを

使わない手はない!

ということで

今回の

鈴木みのる

鷹木信悟といったように

時間を見つけて

少しずつですが

現在

活躍中の選手たちを

バープロで

可能な限り

エディットして

いこうかなと

思っています。

<スポンサーリンク>




バープロが

神ゲーとはいえ

ずいぶんと

古いゲームなので

今の技を

再現できないなど

難点も多く

あるのですが、、、

このまま

眠らせておくのは

実に惜しいゲームなので!

キンコロ同様

現在の選手を作って

無理矢理バープロ2.5!

とまではいかないかもしれませんが(汗

バープロ2.3くらいには

バージョンアップさせたいですね(笑

龍魂パワーボム!

デスバレーボム!

雪崩式ブレンバスターと

溜めに溜めたエネルギーを爆発させて

怒涛の攻撃で

鈴木みのるを攻め立てる!

プロレス王を

圧倒的な力で

見事屈服させてみせるぞ!

祈りを捧げ、大和魂をみせつけろ!

いくぞ!メイドイン・・・

じゃぱ~ん!!!

レフェリ~カウント~

やはりMADE IN JAPANは返してきたか・・・

まぁ、いいさ。

鷹木には

とっておきの必殺技

ラスト・オブ・ザ・ドラゴンがある。

ロープに走り込んで

さらにパンピングボンバーで

虫の息にしてやる!

そこからのラスト・オブ・・・あれ?

ここ一番でしか出さない

鈴木みのるの隠し技!

ドロップキック

追走式で撃ってこられた・・・

間髪入れずにゴッチ式パイル・・・

( ;^ω^)・・・

カチャカチャ・・・

ボタン連打音だけが響く中・・・

3カウントのゴングorz

忠実END・・・

ここでマイクを握ったプロレス王は・・・

鈴木みのるの勝利に不満を抱くお客さんからの

リモートブーイングに対して反応し

いつも通り毒を吐く(爆

このあたりの毒舌は

みのるさんのお約束です。

ここからはプロレス界の王

鈴木みのる様の独演会をどうぞ!

言いたいことを言い終えるとマイクを投げ捨て

足早に神宮球場を後にする王様・・・

王様の通った道の後には

ペンペン草すらも生えない。

全てを根こそぎ奪い取り

食らい尽くす阿修羅と化した

闘う化身、鈴木みのるの

次の目下の戦場は

秋のG1!

みのるさんと同ブロックに

同門のタイチや

バレクラで燻ってるイービルを

入れて欲しいなぁ。

G1出場メンバーどうなるんでしょう?

発表がまだですが・・・

早く知りたいですね。

<スポンサーリンク>




バープロの方は

直近でオカダカズチカ辺りを

エディットしてみたいですねぇ。

バープロで

オカダVS猪木や

オカダVSアンドレとか

時空を超えた

夢の対決とか

考えただけで

ワクワクします。

また

エディットできたら

記事にUPしますので

お楽しみに!

最後まで

見ていただき

ありがとうございました。

~完~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください