プロレス的トータルウォー ショーグン2で川中島の合戦! 前半

戦国時代の名勝負数え唄といえば

この二人!川中島という名の

特設リングで両雄が

シングルマッチで激突!!

 

今回は世界的に有名なRTS(リアルタイムストラテジー)

ゲームであるトータルウォーシリーズをプレイして

プロレス的な展開??を

無理矢理目指してみようという企画です(爆

今回プレイするのは8年ほど前に発売された

トータルウォー:ショーグン2(TOTAL WAR:SHOGUN 2

です。舞台設定は

日本の戦国時代となります。

そして今回は

戦国時代の中でも

非常に有名な合戦である

川中島の戦いをイメージした

シチュエーションで

プレイしていきたいと思います!

川中島の合戦といえば

戦国時代の武将で非常に有名な

武田信玄と上杉謙信の両雄が

北信濃(現長野市)の領有権を巡って

死闘を繰り広げた戦い

定説では両雄は川中島で

5回ほど対峙していますが

中でも4回目の合戦が大規模な合戦で

映画や小説ドラマなどでも

数多く取り上げられたきた

戦国時代の合戦の華でもあります

<スポンサーリンク>



この激戦には諸説あり

霧の中で武田方と上杉方が

偶発的に遭遇し乱戦になった等々

しかし実際のところ

どれが真実かは

定かではありません

ここでは一般的に浸透している

定説に乗っ取って進行します

図で簡単に説明しますと・・・

(※上図はPS版の戦乱というゲームを使用しております)

先に陣を敷いたのは上杉謙信で

兵1万3000余を率い妻女山に陣を張り

そこから遅れること数日

武田信玄が2万の軍勢を持って茶臼山に着陣し

その後八幡原を横断し海津城に入城し

睨み合いが続きます・・・

戦線の膠着状態を打開すべく

先に動いたのは武田勢!

武田軍は兵力2万を2手に分け

別働隊1万2千を妻女山に向け

上杉勢の背後を突き

妻女山から出た上杉勢を

八幡原で待ち構える

武田信玄の本隊8千と挟撃して

殲滅するという

いわゆる啄木鳥戦法を実行に移します

だが上杉謙信は海津城の炊煙の多さから

武田勢に動きがあると察知

夜の闇に紛れて妻女山を下山し

八幡原に布陣

<スポンサーリンク>



この時

深い霧が辺りを覆い

霧が晴れた朝に

いるはずのない上杉勢が

武田信玄本隊の眼前に現れます!

完全に武田方は上杉方に裏をかかれた

かたちとなり別働隊が到着するまでの間

本隊だけで上杉勢の猛攻を耐えなければ

ならなくなります・・・

そのシチュエーションを

トータルウォー:ショーグン2にて

上画像のような感じで無理矢理再現!

管理人は武田勢をプレイし

上杉勢はCPUが担当

別働隊は林の中を

伏兵状態(林の中にいることで

伏兵モードとなり相手に

気づかれなくなります)

で奥深く前進し本隊が

危うくなるギリギリまで待機させます。

<スポンサーリンク>



前半は

主に受けの戦いを展開

上杉勢の猛攻を耐えに耐え忍んだ後に

別働隊の到着を待って反攻に転じ

見事に上杉勢を逆転し打ち負かすような

ベビーフェイス的?な

展開を目指してみたいと思います(爆

果たして想定通り

上手くいくのだろうか??

 

まず、こちらが武田勢の本隊

本隊後方の中央部に信玄公が床几に腰かけ

全軍の指揮をとる!

信玄公の真正面からのアングル

ゲームの方に武田信玄関連のMODを導入しており

信玄の兜や鎧はバニラではなくMOD仕様となっています。



白い毛で覆われた兜をつけているのが

信玄のポピュラーなイメージですが

これは諏訪法性兜といって

諏訪大社の諏訪明神を表すそうです

そして武田の別働隊!

今回の戦いのカギを握るのが

この部隊!

武田勢本体の前に上杉勢現る!

上杉勢の最後方の馬上に跨る

行人包の騎馬武者・・・

軍神!上杉謙信!!!

後ろ姿も、メチャクチャかっこいい・・・

霧が晴れた後の

まさかの上杉の大軍勢・・・

予想外の上杉勢の出現に

武田本体の将兵達も

肝をつぶしたに違いない!

前方を疾駆する上杉の鉄砲勢!

迫り来る上杉勢に対し武田勢本隊は

前衛の弓部隊が出て遠隔射撃を開始!

武田勢左翼前方で待機する武田の鉄砲部隊!

こちらはギリギリまで上杉勢を

引きつけてから撃つ!

両勢力の距離は目と鼻の先まで接近!!

信玄公の本営からも上杉勢の毘沙門天の旗が翻るのが

はっきりと確認できる

緊張が走る本陣!

使い番(連絡将校)の上杉勢来襲の報にも

信玄公は顔色ひとつ変えず床几に座り

微動だにせず!

武田勢の弓矢の一斉射撃に対し

上杉勢は鉄砲部隊で応戦!

本格的な射撃戦が始まる!

使い番「上杉勢徒歩武者約150!

中央より押し出してございます!」

射撃戦が展開される中で上杉勢から

徒歩武者が中央から切り込みを開始!

武田勢は、これに対応すべく槍衾を

中央前方に展開して迎撃!

遂に両雄の接近戦

肉弾戦が始まる!

上杉勢中央の突撃を右翼の鉄砲隊が一斉射撃で援護する!

火縄銃の発砲の際には煙幕代わりにもなるのだ!

本隊前衛の戦況を見守る信玄公!

動かざること山の如し!どっしりと構える!

奮戦する武田本体の前衛部隊!

しかし

数に劣る武田勢は次々に

新手で襲いかかってくる

上杉勢の猛攻の前に

徐々に押されていく・・・

使い番達により

次々と

<スポンサーリンク>



前衛の各隊の

戦況の報が伝えられる・・!

武田方の側近「親方!

中央のお味方

見殺しにはできません!

後備え出撃の下知を!」

 

信玄「相分かった!

旗本残して総勢繰り出せい!」

側近「はっ!」

後方に控えていた手持ちの予備の部隊を

前方に展開する武田勢!

武田方の側近「別働隊は、まだ見えぬか!?」

物見「まだ・・・!まだ見えませぬ!」

武田方の右翼左翼の両側に戦力を集中させる上杉勢!

予備の部隊投入も武田の右翼及び左翼の戦線は崩壊寸前!

信玄「あと一時・・・」

信玄「あと一時持ちこたえてくれれば・・・!」

そんな信玄の心の声もむなしく

遂に武田勢の左翼が崩壊する!

それに伴い武田の中央戦線も総崩れとなり

上杉勢が信玄の本営に殺到!!

群がる敵勢に武田本営の鉄砲部隊が火縄銃を発射!

次々と押し寄せる上杉勢!

僅かな鉄砲部隊では焼け石に水か!

武田信玄は最大のピンチに陥るが果たして・・・

関連記事

[wc_row] [wc_column size="one-half" position="first"] [/wc_column] [wc_column size="one-half" position="las[…]