ボビー・ルードの魅力に迫る!

今回は

グロリアスおじさんことボビー・ルード

の魅力に迫ってみたいと思います!

 

 

ボビー・ルードとは

現在WWEに所属しているプロレスラー。

WWEに所属する以前は

TNAで活躍していて

TNAヘビー級王座に輝くなど

TNAのトップレスラーとして活躍。

その後、WWEの下部団体である

NXTに鳴り物入りで参戦を果たすと

一気にNXTのトップ戦線に浮上する。

そして当時NXT王座を保持していた

中邑真輔からタイトルを奪取し

NXT王者に君臨。

そして去年の2017年に

WWEのスマックダウンにて一軍昇格し

WWEのUS王座を獲得する等大活躍。

今月WWEで行われた

「スーパースター・シェイクアップ」によって

現在はRAWに移籍して

活躍しているスーパースターの一人です。

ボビー・ルードの魅力

私がボビー・ルードを初めて知ったのは

恥ずかしながら彼がNXTでデビューを果たした時です。

NXTデビュー戦の初戦の相手はたしか

<スポンサーリンク>




アンドラーデ ・シエン・ アルマス選手だったと思います。

アルマスはCMLLのラ・ソンブラ選手です。

彼は本家ロスインゴベルナブレスのメンバーでもあります。

この一戦ですが、最初の入場シーンは

ボビー・ルードが先発だったのですが

私は彼の入場シーンからビビッときてしまいました(ノω・、)

圧倒的な存在感を放つ入場シーン

 

プロレスにおける入場シーンは

プロレスの華であり

プロレスの天才ジーニアス武藤敬司も

”お客さんは、まず目から入る”

”プロレスラーはビジュアルから勝負が始まってる”

と言うくらい

欠かすことのできない要素のひとつでもあります。

超一流どころのプロレスラーは

入場シーンだけでお金がとれるといわれるくらいですから

初めてお客さんの前で登場する

この時どれくらいのインパクト

見ているお客さんに与えられるか

ここから既にプロレスラー個人の勝負が始まっている

と、いっても過言ではないです。

そして

なんといってもボビー・ルードの入場シーンは

めちゃくちゃ神々しい

眩いばかりのスポットライトを

身体いっぱいに浴びて現れ

キラキラと輝くロングガウンの背中には

彼の代名詞でもある

”Glorious”(グロリアス)

の文字!

そして入場曲も凄くよくて

彼の華やかな入場シーンと見事にシンクロして

耳に残り

何度でも聴きたくなるような曲なんですよねぇ

もともと真輔用に作られた曲だったようですが

真輔はこの曲は採用しなかったため

これがボビールードに回ってきたわけですが

これが彼にピッタリとハマったわけです。

入場を見ただけで

まだ試合は見ていないのに

既にこの時点で

私はすっかり彼の魅力に嵌ってしましました(爆

しかしこれは決して私だけではないはず!

ボビー・ルードの入場後にアルマスが入場しましたが

入場シーンの”インパクト”では

ボビー・ルードの圧勝だった

という印象です。

試合運びの上手さ

 

初めて入場シーンだけ見ると

ただの”イロモノキャラ”なのかと

思いきや

ところが、どっこい

<スポンサーリンク>




ロレスが非常に上手い

彼の濃すぎるキャラクターとは対照的に

一見、地味ながらも

クラシカルな技を中心に試合を組み立て

相手の技を受ける時も

見ていて気持ちいいくらいの受けっぷりで

相手を引き立てる上手さ

少々大げさな感じのバンプですが

彼の場合

その、大げさな

やられっぷりが

また(・∀・)イイ!!

そして試合の随所で魅せる

小ずるい戦法インサイドワーク

また絶妙のタイミングで発動するんですよねぇ

例えば

ボビー・ルードが試合中攻めこまれて

追い込まれた時に

中邑真輔戦やイタミヒデオ戦でもみせた

対戦相手が勝負どころでフィニッシャーで

決めにいこうとした時に

コロコロと場外に転がってエスケープして

わざとタイミングを外したり

小憎たらしいというか

ボビー・ルードの

ヒールっぷり

巧さ

狡猾さ

が光る瞬間ですね!

千両役者っぷり

 

WWEにて欠かすことのできない要素のひとつである

マイクパフォーマンス。

ボビー・ルードが2017年

中邑真輔が当時保持していた

NXT王座に挑戦することが決まり

タイトル戦の公開調印式で

ボビーと真輔が対峙した時の

壮絶な舌戦

かなり見応えがありました!

ボビー・ルードは中邑真輔と

リング上で対面するやいなや

仲介人のウィリアム・リーガルの司会進行を遮り

饒舌に喋りまくる!

ボビーはヒールとしての立場から

ベビー・フェイスの中邑真輔を

最初は嫌味なくらいに

持ち上げ

褒めちぎった後

徹底して貶める

また真輔を支持する周りの観衆を

煽り貶めにかかり

敵に回す!

ブーイングをもらい

したり顔のボビー・ルード

一方の真輔も負けていない!

ボビー・ルードを柴犬よばわりして

観衆からは

まさかの

”柴犬”チャントが(笑

そして二人とも公開調印が済んだ後に

ボビーが真輔に

グロリアスポーズを決めようとしたところに

真輔が、それを遮り

<スポンサーリンク>




掟破りのグロリアスポーズ

ボビーの決めポーズのお株を

真輔に奪われた時の

ボビー・ルードの顔を震わせて

怒りに打ち震える顔芸も

見事な役者っぷりでした(爆

喋りの上手さ

表情の作り方

観衆を煽り貶める言い回し

見る側を色々と楽しませてくれる千両役者です!

一軍昇格後はベビー・フェイス的な

立ち位置になった彼ですが

個人的にはヒールの方が

似合っていると思うのですが

みなさんはどうでしょうか?

個人的には

早くヒール・ターンして

現代版ネイチとして

リックフレアーの系譜を受け継ぐ

一大ヒールレスラーになってほしいです!

今後のボビー・ルードの活躍に目が離せません!

最後まで見ていただき

ありがとうございました m(*_ _)m

ボビー・ルードのキンコロエディットデータこちらから

キンコロのボビーVS中西のCPU観戦についてはこちらから