三國志14をやってみた(まさかの結末)

まさかの

大どんでん返し!

 

宛から幾度となく

上庸との境を

侵しにくる魏軍!

この上庸の境は

前回

殉職した千万

命を賭して

守ってきた地でもある。

易々と突破されてなるものか!

宛上庸の境だけでなく

そこから

上庸の地に

深く入ると

至るところに

弓櫓が張り巡らされているのだ。

万が一境を突破できても

この地に入り込めば

魏の将兵どもは

たちまち

ハチの巣に

されてしまうだろう(爆

千万さんが健在だった頃から

本人も上庸の

要塞化建設に加わり・・・

 

作り上げた弓櫓の数々!

千万さんの汗と涙の結晶といっても

過言ではないのだ。

千万は死しても

なお

その魂は

弓櫓に宿りて

蜀の支配地である上庸を

守護しているのだ(爆

一方

天水攻略部隊は

度重なる

一騎討ち攻勢に

手痛い連戦連敗を

重ねたものの

その後

なんとか

押し返し

天水城から

討って出た

鄧艾を追い詰めた!

<スポンサーリンク>




そして

遂に

鄧艾の部隊を

撃破することに成功!

やったぞ!

天水攻略に

一番目障りな武将を

排除できた!

これで

天水攻略は

成ったも同然だ!

それ!

天水を取り囲めぃ!

 

姜維の策を

手動で発動させて

天水に

止めの一撃じゃあ!

天水を落としたぞ!

魏の武将を5人捕らえることに成功した

が、肝心の鄧艾だけは

捕まえられなかった模様だ・・・

逃げ足の速い奴め・・・

魏の武官、文官ともに

蜀への仕官を拒否・・・

北斗の拳に出てきそうな

拳法家みたいな

構えをしながら

蜀へ降るのを拒絶!

劉禅の下した決断は

全員処断!

全員捕虜にしておいて

敵からの

捕虜返還要求に

お金を

要求することも

できるのだが

<スポンサーリンク>




蜀陣営のお金は

豊富にあり十二分に

足りているので

捕虜にするという

選択肢は無し!

そして

この5人の首級を

亡き千万の

墓前に捧げ

千万の御魂を

慰めるとしよう!

 

と、ここで伝令!

前々回の三國志14をやってみた

で新野で蜂起した諸葛誕が

いつの間にか新野を追われていて

流浪の末

我が蜀の地まで

やって来ていたのだ。

よし会おう!

おぉ!

めちゃくちゃ

有能じゃないスか!

誕さん!

しかも49歳と

油が乗っていて

まだまだ

働き盛りの歳!

こちらとしては

誕さんみたいな

有能な人材が

来てくれるのなら

そりゃ、もう大歓迎!

もちのろんで

即採用ですよ、ハイ。

魏に反旗を翻したのは

扱いに不満があったからですよね?

その辺うちに来れば

大丈夫!

うちは間違いなく

誕さんを厚遇しまっせ!

力を合わせて魏を倒そう!

おぉ!

頼もしいぞ!

誕さん!

喜びも束の間

その2秒後・・・

次の戦略コマンドに入る前から

諸葛誕が反乱を起こして

漢中一帯を乗っ取られてしまう・・・

(゜〇゜;)これには管理人も茫然自失・・・

(本記事はアップデート前にプレイ収録したものになります)

最初は何が起きたのか

事態を掴めず・・・

漢中には費禕を

置いておいたハズなのに

こんなにあっさりと

漢中を取られてしまうのか・・・

漢中には6万の兵と

蜀の支配地から

集めてきた

たくさんの金と兵糧が

集積されていたのだ・・・

それが一瞬で

全て諸葛誕に

奪われてしまった・・・

<スポンサーリンク>




この諸葛誕の

裏切りにより

上庸及び天水は孤立!

漢中を守っていた

当の費禕さんは

他人事(爆

最近の三國志ゲーは

支配地に武将や兵を

配置していても

簡単に乗っ取られる

仕様なのでしょうか

昔は武将がいない土地を

乗っ取られる仕様だったような

記憶がありますが・・・

そこのところ

どうなのでしょう?

今回は仕官してきたのを

受諾して

戦略コマンドへ移行前に

謀反を起こされてしまったので

戦略画面で報奨からの

忠誠度上げということすら

できず仕舞いでした。

これだと最良手は

裏切りやすい武将は一切仕官を受け付けない

ということになってしまいまいますなぁ。

まぁ

こうゆうアクシデント的なことも

あった方が

面白いといえば

面白いですが(笑

~まさかの結末完~