伝説の名勝負再び!高山善廣VSドン・フライ(PRIDE GP 2003) 後半

壮絶な乱打戦!死闘の果てに!

第2ラウンドのゴング!

高山が開始早々ローキックを当てれば・・・

すかさずフライもやり返す!

ドン・フライは

ここまで

まったく退かない!

高山が間合いを離しても

左右の拳をブンブン

振り回しながら

突進してくる!

さすがはPRIDE男塾の

塾長と呼ばれただけあって

男気溢れるファイトっぷりで

<スポンサーリンク>



2m近く上背のある

大男の高山を

前にして

体格差で圧倒的に

劣るドン・フライは

まったく

臆するところがない

 

右のショートアッパーが高山をとらえる!

強烈な左フックをもらう高山!

セコンド「ちゃんと距離をとって!」

高山陣営から

セコンドの指示が飛ぶ!

 

ジャブで距離をとろうとする高山

フライに踏み込まれて近接戦になると

高山の不利は否めないのか

高山の右のストレートを

後ろにスウェーして

かわすドン・フライ!

高山のリーチを生かしたローキックで

フライを牽制

踏み込んできたところを得意の膝で迎撃!

高山の膝をもらってもフライは倒れない!

恐るべきタフマン!!

カウンターの膝をもらうリスクがあるにもかかわらず

フライは平然と高山の足元に

飛びついてテイクダウン!

高山は長い脚でフライを突き放して

グラウンドを回避!

しかし

高山は

フライにコーナー際に

詰め寄られ

間合いも

取ることができず

完全に

逃げ場がなくなった!

<スポンサーリンク>



フライに有利な

間合いで

闘わなければならなくなった高山

必死で応戦するが

それを見透かされたように

右ストレートが

虚しく

空を切る・・・!

またまたボディーへのパンチがヒット!

高山万事休すか!

だが

高山が苦し紛れに放った

左フックが

ドン・フライにクリーンヒット!!!

左からの・・・

右ストレートがフライに被弾!

高山の放った1、2コンビネーションが

きれいに決まる!

ここでドン・フライが高山に抱きついてクリンチ状態に持ち込む!

さすがのフライも

ここにきて

いよいよ苦しくなってきたのか!

もちろん

高山とて

苦しいのは同様だ

両者のスタミナ消費は

相当のものだろう

ここで

膠着状態に

陥る高山とフライ!

 

高山は

抱きつくフライを

強引に引き離して

試合続行!

肩で息をするフライ

相当苦しそうだ

高山は逆にチャンス!

それでもフライは・・・

力を振り絞って前に出る!

高山も望むところだ!

高山の蹴りに合わせて

再びフライがタックル!

フライが上からパンチのラッシュ!

セコンド「高山!ガード上げて!上げて!」

セコンドから激が飛ぶ!

なんとかフライの猛攻を耐えきる高山

またしてもテイクダウンを狙うフライ!

今度は高山が見切って

フライのタックルを切る!

が、ここで惜しくも

2ラウンド目終了のゴング!

う~ん・・・

ここでフライを

仕留めきれなかったのは

痛い!

フライは相当

息が上がっていたし

クリンチに持ち込まなければならない程に

追い込まれていたのに

ここでインターバルを与えてしまうと

息を吹き返しかねない

<スポンサーリンク>



ここで解説席の高田さん!

高田統括部長「フライは相当

苦しいはずなんですけどね

彼の眼は

まったく死んでませんよ」

三宅アナ「さすがはPRIDE男塾

塾長の面目躍如といったところでしょうか!」

高田統括部長「まだ心は折れてませんから

勝負はまだまだ分かりませんよ

フライは最後まで動き続けるでしょうから」

勝負の行方は

どちらに転ぶのか

まったくわからない

天を仰ぐ高山・・・

こうなっては仕方がない

切り替えていこう!

最終ラウンドは

お互いに

全力を出し切るのみ!

泣いても笑っても

これが最終ラウンド!

このラウンドで

全てが決まる・・・!

フライは最終ラウンド開始直後から

猛然と高山に猛ラッシュを仕掛ける!

最終ラウンドは真っ向から

打ち合いに出てくるドン・フライ!

高山も受けて立つ!!!

壮絶な殴り合い!!!

漢同士のタイマン勝負!!!

1歩も退かない両雄!!!

高山は首相撲から・・・!

膝蹴りをフライの

どてっ腹に撃ちこむ!!

さぁ!フライよ!

どんどん

かかってきなさい!

互いの拳が交錯する中・・・

前に出てきたフライに対し

高山のカウンターの膝が

フライの顔面にヒット!!!

フライがノックダウン!

高山が見事KO勝ちで

フライを倒した!

しかし

ドン・フライも

敵ながら

あっぱれなファイトぶり!

高山も危ない場面が

多々あったが

よく耐えぬいて

勝利を掴むことができた!

<スポンサーリンク>



フライと高山

両者の不撓不屈の精神

ファイティングスピリッツが

観る者の魂を揺さぶり

後々まで語り草となる

名勝負を生んだのだ

両雄の健闘に

敬意を表したい

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

~完~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください