警察シュミレーターPolice Simulator: Patrol Officersをプレイ!

お巡りさんになって

あらゆる違反行為を取り締まれ!

現在

Steamで

開発途上のアーリーアクセス版として

販売されている

Police Simulator: Patrol Officersという

警察官シュミレーターゲームが

面白そうだったので

前から気になっていたのですが

先月末遂に購入に踏み切り

最近遊んでみました。

このゲーム、プレイヤーは警察官の巡査という立場で

スピード違反、駐車違反、信号無視等の

交通違反の摘発、指名手配犯の追跡から

交通事故の処理まで

あらゆる日々の警察業務を淡々とこなしていく

ある意味、ちょっとストイックな?

感じの仕様となっておりまして・・・

人を選ぶゲームかもしれません。

何はともあれ

実際に

どんな感じで進めていくのか

試しにゲームを進めてみましょうか。

プレイヤーが操る主人公の

警察官のモデルを男女の性別

アジア人風の警官

白人、黒人の警官と

何種類かの

モデルから選択できます。

ゲームモードは

緩めの設定である

カジュアルモードと

シビアな設定となる

シミュレーションモードがあります。

<スポンサーリンク>




カジュアルモードだと

プレイヤー警官が

信号無視したり

比較的軽度な

違反行為であれば

お咎めなしでポイントが

減点されにくいみたいです。

取り敢えず

今回

アジア人風の

外観をした警官を選択し

カジュアルモードで

プレイしてみます。

ゲームの開始は

拠点となる警察署からのスタートとなります。

署内には一応

他の警官もいるのですが

コミュニケーションを取ることができません。

署内は雰囲気だけといったところか(爆

デスクワークも

そこそこに

さっそく街に

初パトロールに出かけてみます。

キーボードの9を押せば

ちゃんと帽子の着脱が可能です。

最初はチュートリアルに従って

一番簡単な駐車違反の取り締まりを

こなしていきます。

ゴミを路上に捨てる

ポイ捨て行為も取り締まることができます。

ポイ捨て行為で呼び止めたところ

返ってきたのが、この返事w

この女性、本官に喧嘩を売ってるみたいです(爆

口頭での注意と違反切符を切るの

二つの選択肢が選べるのですが

口ごたえする市民は許さないとばかりに・・・

容赦なく違反切符を突きつけます!

うなだれる女性(´·ω·`)ショボーン

ポイ捨てする貴方が悪いのですよ(#^ω^)ピキピキ

天才バカボンに出てくる

お巡りさんのように空に向けて

発砲しまくりたくなる衝動を抑えつつ(汗

黙々と業務をこなしていきます!

プレイヤー操る本官は

きちんと拳銃などで武装しており

拳銃を抜いて

一応発砲することもできるのですが

GTAシリーズみたいに

銃撃戦などで

ドンパチするような

ゲームではなく

あくまでも

お巡りさんの現場での

地味で地道な日常業務を

ひたすらシュミレートする仕様となっているので

上述の通り

人を選ぶかもしれないと・・・

実は

このゲームを購入する前に

プレイしたことがある友人から

面白いかどうか聞いたところ

その友人曰くは

退屈だったと(w

少し不安だったのですが

<スポンサーリンク>




実際

管理人がプレイしてみると・・・

すごい地味なんだけど

ジワっと来る感じで

なかなか

面白いじゃない!

となりました。

こうゆうゲーム

個人的には

案外大好物なのかも(゚∀゚)

地道な違反取り締まりでポイントが

貯まっていくのですが

ポイントが一定以上貯まると

パトロール範囲や・・・

使用可能アイテム

新しい種類の取り締まり任務等が

アンロックされていく仕様で

最初はメチャクチャ地味な

駐車違反の取り締まりがメインになるので

少々退屈するのですが

アンロックで

取り締まれる仕事の範囲が広くなると

なんだか一気に忙しくなります(苦笑

ゲーム序盤に

ポイント稼ぎ的に美味しいのは

軽度な自動車事故の事故処理ですね。

当事者から事情を聴いて・・・

事故を起こした当事者の免許証などの身分証を確認して・・・

アルコールや薬物反応が出ないかどうかチェックも行います。

おもむろにカメラを取り出して・・・

事故現場の写真を1枚、1枚撮っていきます。

現場検証していく過程で

ポイントが加算されていき

そこに事故当事者からの

速度違反等々

諸々の交通違反もあれば

見逃さずビシビシ指摘していくことで

さらにポイントが積み増しされて

プレイヤー的にはΣd(・ω・d)ウマウマ!!!なのです!

最後は事故報告書を渡して一丁上がり!

どういたしまして。

お姉さん、車の運転は

くれぐれも慎重に、ね。

当事者たちを見送る本官!

本官のような

警察官の鏡がいてこそ

この街の秩序は保たれるのだ(自画自賛

道の通りで挙動不審の女性を発見!

うぅむ!怪しい!

さっそく本官は

この女性を呼び止めて

職務質問を行うことに。

所持品検査と身体検査を実施すると・・・!

やはり

こやつ・・・!

携帯式の

ナイフを隠し

持っておった!!!

見事

本官の読みは

的中!

<スポンサーリンク>




ナイフを持ち歩いて

街を歩いていると

日本の場合

銃刀法違反となるのだが

アメリカの場合は??

暫し

考え込む本官・・・

あぁっ!

その隙を突いて職質中の女性が逃走を図った!

まてぇい!逃がさんぞおおぉぉぉ

が、意外に逃げ足の速い

この女性!

本官は、あっさりと見失ってしまう!

自画自賛したのも束の間(爆

これは、とんでもない大失態を演じてしまったorz

署に帰った本官は

始末書を書く羽目に(w

さぁ気を取り直して翌日!

署内は

少し賑やかになってます。

今日も夜勤!

パトカーをアンロックできたので

それを駆ってパトロールに出動!

車を運転中は主観視点に(デフォルト設定だとVキー)切り替えることができます。

前方に頻繁に車線変更を繰り返し

非常に荒っぽい運転をしているタクシーを発見!

よし!追跡を開始するぞ!

追跡を開始したタクシーとは別に

その前方を走る青い乗用車が

ウインカーを出さずに車線変更!

スピードを出していたタクシーは

よけきれず車線変更してきた青い乗用車に追突!

パトカーの前方で衝突事故を起こすとは・・・

やれやれ。

まったく世話が焼けるのぅ。

トランクから発煙筒を取り出してと・・・

これで、よしと・・・。

さて、事情を聴かせてもらおうか。

よくも抜け抜けと まぁ・・・(#^ω^)

事故の目撃者からは・・・

・・・みたいですよ。お客さんを乗せるタクシーが

こんな暴走運転をしてたら・・・

自覚が足りんのじゃないかね自覚が!

と、いうわけで違反は違反ですから。

警察官としての職務上

これを見逃すわけにはいきませんな。

これに懲りて安全運転に努めて下さいな。

青い乗用車の運転手からも事情聴取。

ほら、免許証提示して。ん?

下を向く彼女。

こりゃ、怪しいな。

ほら、早く出しなさい!

運転免許証を出し渋る彼女に催促すると

観念したかのように

ポケットから出してきたのだが

確認すると・・・

期限切れ・・・。

実質無免許で運転しとったんかい(゚Д゚)ゴルァ!!

問答無用!!!

ハァ?(゚Д゚)挙句に逆キレかい!

それをクールに受け流して淡々と事故処理を行った本官。

事故車のタクシーの移動はレッカー車を要請することに。

レッカー車にタクシーを回収してもらうのを見届けた後

パトカーに戻ろうと振り返ると・・・

目の前で宙を舞う車・・・

派手にクラッシュして大破!

またかよorz

こりゃあ残業決定だなトホホ・・・

この直後

ゲーム自体も

クラッシュしてしまいましたw

こんな感じで

すごく凝ってて

個人的には

すごく楽しめているのですが

アーリーアクセス版ということもあってか

バグ等不安定な部分もありますので

その辺りの修正は

今後の開発の進捗に期待!

<スポンサーリンク>




ということで

今回は

この辺で

締めさせていただきたいと思います。

また

今後

続編も

UPするかもしれませんので

期待して?

お待ちください笑

では、では!