不毛な核武力闘争に真の勝利者などいない・・・!First Strike: Classicプレイレポ!(AAR)

おそろしあ!

表題の通り

アルマゲドンをテーマにした

ゲームFirst Strike: Classicの

前回の

続きで

アメリカで2回

勝利を果たしたところで

解放された

新プレイ勢力である

ロシアでゲームを

攻略していきたいと思います。

このゲームでは

ロシアは

アメリカと同じく

強力な超大国で

<スポンサーリンク>




しかも

ロシアの場合

ゲーム開始時から

アメリカも持っていなかった

ICBMの技術を

最初から持っています。

これはゲームを進める上で

大きなアドバンテージとなりそう。

さらに物騒なものに・・・

ゲームを初起動した際に

解放されていないプレイ勢力の中で

とりあえず

ロシアと中国を

アンロックしたかったので

残すは中国のみ!

初めてこのゲームをプレイする場合は

プレイ勢力の選択時に

敵対国の項目で

敵国の数を指定できるので

慣れるまでは

最小の2カ国にして

三つ巴戦にするとよいでしょう。

このFirst Strike: Classicは

RTSのゲームとなりますので

一時停止が無くて

けっこう操作が

地味に忙しかったりしますw

当サイト管理人的

おススメの初心者戦略としては

前回にやっていた通り

初手に2国のうち

どちらかの1国と協定を結び

協定を結ばなかった1国と

協定を結んだ1国で

ドンパチを始めたら

互いが消耗するまで

傍観して漁夫の利を得る

或いは

初手協定からの

協定未締結国家への先制打撃

所謂ファーストストライクで

その1国を叩き潰した後に返す刀で

残り1国の協定国家にファーストストライクという

各個撃破戦術が手堅い戦い方です。

管理人操作のロシアの首都と

協定を結んだイランの首都間を

黄色い波線が通っていますが

これが協定を

結んでいる印になります。

協定締結後は

首都の周囲の

地域に巡航ミサイルを

優先的に建造して配備します。

これは敵から

首都機能を防衛するためです。

<スポンサーリンク>




このゲームではミサイルの性能を上げる等

ゲームを優勢に進める上で

重要な技術研究を実行できるのが

首都のみになっておりますので

なんとか

死守せねばなりません。

首都は

最初は巡航ミサイルを

上限いっぱいまで配備し

それが済んだら

あとは全て

技術研究に専念させます。

極東方面に

中長距離ミサイルを重点配備して

北朝鮮との有事に備えます。

それと同時に

中立地域に侵略を行い

新たに獲得した支配地域で

中、長距離ミサイルをガンガン建造して

実戦配備を進めます。

進撃先は水色の矢印マークで表示されます。

周りの中立地域にも

早めに進撃して

前哨拠点を多く確保しておきたいところ。

中立地域への進撃を進めていたところに

北朝鮮からのファーストストライク!

首都及び

その周囲の地域に

巡航ミサイルを

目一杯配備して

備えていたので

防衛態勢は万全也!

北朝鮮からのファーストストライクを

迎撃して難なく破壊に成功!

極東の戦略ロケット軍部隊に対し

直ちに反撃の下知を下す!

躊躇なくボタンを押してしまうのが

このゲームの恐いところ・・・

北の中枢地区を狙ったハズだったが

管理人の操作ミスで

少しズレて南方面に着弾・・・

奇跡的に無傷?だった

北も応戦してくる。

北の単発のミサイルなど恐れるに足らず。

これも迎撃して破壊し

こちらからは北の中心部めがけて

一斉射!

北はこちらの猛攻に

対応しきれず壊滅。

イランに目をやれば

いつの間にやら協定が破棄されているではないか。

これは、近いな・・・

来たるべきイランとの一戦に備えて

イランとの緩衝地帯に進撃し

首都の守りを固める。

ファーストストライクを敢行・・・!

中枢部へ先制打撃し・・・

イランの指揮系統を麻痺させたところに

ダメ押しの・・・!

イランに反撃の暇すら与えず・・・

圧勝に終わりました。

2度勝利するという条件を満たすため

再びニューゲームで

イランと対峙すると・・・

今度は

イランも真っ向から応戦してきて

激しい応酬戦となり・・・

お互いの中枢地域が壊滅するという泥試合に・・・

乱打戦の末

なんとか殴り勝ち

辛勝でした。

一応

勝つには勝ったが・・・

これだけの

深手を負って

<スポンサーリンク>




復興など

無理だろといった感じですな。

この一帯に黒い雨も

降り注ぐだろうし

間違いなく作物も

育てられなくなるでしょう。

角使用の無意味さを

とことん

表しているといえます。

ここで、ようやく新プレイアブル勢力として

中国がアンロックされました。

ハイパーソニックなる新しい

要素も解放されていました。

ゲームに慣れてきたので試しに

今度は

8勢力でプレイしてみることに。

初手で中国と北朝鮮の3国で

協定を結びました。

が・・・

協定締結直後に

まさか、まさかの

中国の裏切りに遭い、、、

寝首を搔かれてしまいましたorz

まさか

ロシアの盟友ともいうべき中国に

背中から撃たれるとは

思っていなかった管理人は

全く応戦できずに

その場で瞬殺されて

ゲームオーバーとなってしまいました。

こうゆうこともあるんですね(爆

その後も多勢力プレイに挑んでみましたが

とにかく操作が忙しすぎて

追いつかない(汗

複数の勢力から

こちらに向けて一斉に

撃ちこんできた時に

対応しきれません。

これは戦略を練り直す必要がありそうです。

<スポンサーリンク>




このゲームは前回にも書いた通り

非常にシンプルな作りとなっており

ワンプレイ

長くても30分ほどで終われるので

忙しい社会人でも

サクッと遊べる仕様になっております。

4月16日までセール期間中で

350円ほどで買えて安いので

興味のあるユーザーさんは

ぜひ1度プレイしてみては

いかがでしょうか!

関連記事

地球に審判の日下る! それを下すのは神か はたまた死神なのか… 今年に入り 以前にも増して 世界が 一段と不安定化し 国際社会の平和を望む 多くの人々にとって 大変厳しい[…]