GTA5(PC版)にMODを入れて遊ぼう!2021年版MOD導入手順を解説!

グラセフ5やろうぜ!!!

数年前に

PC版とコンシューマー版の両方を

買って遊んでいた

Grand Theft Auto V!

ロックスター・ゲームス社の

名作シリーズグランド・セフト・オートシリーズは

当サイト管理人は

サンアンドレアスが初プレイで

その後

PSPで

GTA:VCS

なんかを遊んでいました。

GTAⅤの前作である

Ⅳは未プレイです。

久々にⅤを

遊び直してみるかということで

Steamの方を覗くと

『グランド・セフト・オートV』プレミアム・エディション

が安売りされていたので

税込み2,205円で購入しました。(2021年9月12日時点)

GTAⅤを遊ぶなら

MODを入れた方が

断然面白い!

てなわけで

今回は

グランド・セフト・オート5買い直し記念!

ということで

MODの導入手順を解説していきたいと思います。

MODの導入にあたっては自己責任で

お願いいたします。

<スポンサーリンク>




まずは

事前準備として

Steamでインストールしたゲーム本体のバックアップを

取っておきましょう!

インストールされている場所は

通常

C:\Steam\steamapps\common\Grand Theft Auto Vに入ってますが

インストール場所が分からない場合は

Steamのゲームライブラリから

Grand Theft Auto Vを右クリックして

管理→ローカルファイルを閲覧を選択すれば

インストール場所を表示してくれますので

活用してください。

なお

ゲーム本体の容量は

MOD導入前で約100GBにもなります。

本体のバックアップには時間がかかりますが

MODを入れて万が一不具合があったりした時に

バックアップデータがあることで

簡単に復元できますので

ここは我慢しましょう。

次に

ゲーム本体に

modsフォルダと

scriptsフォルダを

作成しておきましょう。

 

そして

作成したmodsフォルダに

「update」フォルダ
「x64」フォルダ
「common.rpf」ファイル
「x64a.rpf」から「x64w.rpf」の

23個のファイルをコピーして入れます。

これも

けっこうな時間を要しますが

MODを楽しむためです。

辛抱しましょう。

この作業が一通り終わったら

MODを導入するための前提ツールを導入していきましょう。

手始めに

OpenⅣを導入します。

OpenⅣはこちらから!

OpenⅣを落としてきたら起動します。

Englishを選択します。

同意にチェックを入れます。

そのまま進みます。

インストールが開始されます。

インストールが完了したら

早速、OpenⅣを起動しましょう。

Grand Theft Auto VのWindowsを選択します。

すると

こうゆう画面が表示されますので・・・

GTA Ⅴ本体を指定してやります。

そのまま進みます。

 

事前に

バックアップして

おきなさいよという

警告が

ご丁寧に

表示されます。

ゲーム本体を事前に

<スポンサーリンク>




バックアップしているものとして

このまま進めますが

もしバックアップ

を取っていなければ

くどいようですが

必ず取るように

しておいて下さい。

 

暫く待ちましょう。

次に・・・

ToolsからASI Managerを選択します。

ASI LoaderとOpenIV.ASIをインストールします。

openCameraはお好みでどうぞ。

インストールが完了すると

こんな感じで色が変わります。

OpenIV の導入はこれで完了です。

次は

ScriptHookⅤを導入していきましょう。

ScriptHookⅤはこちらから!

 

ScriptHookⅤを落としてきたら・・・

7zipでファイルを解凍して・・・

解凍したファイルの中から

binファイルを開いて・・・

中の3つのファイルを・・・

ゲーム本体に放りこみます。

 

チートのNative TrainerはF4キーで遊べます。


では

さっそく

試しに・・・

Native Trainerを使って

バスをスポーンさせてみます。

無事成功です。

このバスに乗ってく?

次はScriptHookVDotNetを導入していきます。

ScriptHookVDotNetはこちらから!

ページを少し下にスクロールすると見つかります。

 

ScriptHookVDotNetには

上記で紹介した最新のScript Hook V

Microsoft .NET Framework 4.8

 

Microsoft Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2019 が

必要になりますのでインストールしておきましょう。

Microsoft .NET Framework 4.8はこちらから!

Microsoft Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2019はこちらから!

x86は32bit版の意味で

x64は64bit版の意味です。

ご使用のPC環境に合わせてインストールしましょう。

 

ScriptHookVDotNetは

「ScriptHookVDotNet.asi」

「ScriptHookVDotNet2.dll」

「ScriptHookVDotNet3.dll」

この3つのファイルをゲーム本体に放り込めばOKです。

最後はNativeUIの導入です。

NativeUIはこちらから!

最初に用意しておいたscriptsフォルダにNativeUI.dllを放り込めばOKです。

 

MODで遊ぶ準備は

これで

整いましたな。

時はキタ!

いざ!

ということで

次回は

具体的に

MODを入れた状態で

<スポンサーリンク>




遊んでるとことを

お見せできればと

思ってます。

それでは

よき連休を

お楽しみください!

最後まで

見ていただき

ありがとうございました。

関連記事

日本車を導入してみました! 皆様 今回の 3連休は いかがお過ごしでしょうか! さて 前回は グランド・セフト・オートⅤで プレイキャラクターの 外観を変更するMODを 紹[…]

関連記事

キャラを変更して遊ぶ! 前回のMOD導入準備編で MOD導入に必要な 前提ツールの導入手順について 解説しましたが 今回は いよいよ MODを入れていくということで GTAⅤM[…]