Ready or NotにMODを入れてみよう!(MOD導入方法紹介)MODで難易度の調整も可能に!?

さっそくMODを入れてみました!

先日

Steamで

購入して

遊び始めた

SWATゲームの

Ready or Not!

このゲームの

MODコミュニティ?

が立ち上がってるみたいなので

覗いてみたのですが

もう色々と

MODが

UPされてるんですね・・・!

これは、もう・・・

UPされてる

MODを導入して

遊ばない手はない!

ということで

さっそく

試しにいくつか

MODを入れてみました!

バニラの主武装のM4A1を・・・

20式5.56mm小銃の外観に置き換えるMODになります。

20式5.56mm小銃といえば

我が国の陸上自衛隊が制式化した自動小銃でもあります。

このMODの導入方法はシンプルです。

MOD導入手順方法を紹介しますと・・・

MODがUPされているサイトで

MODをダウンロードするには

アカウントを作成する必要があります。

MODサイトは、こちらから!

まず

ここでアカウントの

作成を済ませたら

該当MODをダウンロードしてきます。

MODをダウンロードできたら

Ready or Notの

ゲーム本体のファイルを開きます。

<スポンサーリンク>




ゲーム本体のファイルの

場所がどこにあるか

分からない場合は

Steamのゲームライブラリより

Ready or Notを

右クリックして

管理→ローカルファイルを閲覧

ゲーム本体のファイルを

直接開いてくれますヨ。

そして

Ready or Not/Ready or Not/Content/Paks以下に

先ほどダウンロードしてきたMODファイルを

放り込むだけでOKです。

MODを削除したい場合は

Ready or Not/Ready or Not/Content/Paksに

放り込んだPAKファイルを削除するだけです。

他にも
これと同じ導入手順で・・・

台湾の警察特殊部隊?の外観を再現したり・・・

オーストリアの特殊部隊も!

日本の警察特殊部隊であるSATの外観MODは

探しましたが、ありませんでした。

日本でも

このゲームが盛り上がれば

UPしてくださる神が出現するかも!?

そして

特に

管理人が

おススメするMODは

こちら!

AI Mod for Ready or Notはこちらから!

これは

敵AIを改善するMODになりまして

バニラに比べて

犯人がステージ内を

アクティブに動き回るようになり

銃声などを聞きつけると

敵がこちらに迫ってくるなど

より現実に即した

プレイができるよう

にすることを志向したものになります。

<スポンサーリンク>




また

このMODを導入することで

敵AIの命中精度なども

調整することができちゃうのです。

こちらのMODは

上述のワンタッチで入れられるMODと違い

何ステップかの導入手順を踏みます。

一応解説しておきますと

まずAI MODをダウンロードしてきます。

次に

QuickBMSをダウンロードしてきます。

QuickBMSはこちらから!

管理人の使用PCの場合はWindowsなので

”current / latest (Win32), it’s the same link of the main download link”

を選択します。

ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍しておきます。

次に

ゲーム本体にquickbmsフォルダを作成します。

作成したquickbmsフォルダに上述のQuickBMSの解凍した

ファイルを全て放り込みます。

次にダウンロードしたAImodの中に含まれる

ronmodフォルダをReady Or Not/quickbmsの中に

放り込みます。

次にReady Or Not/ReadyOrNot/Content/Paks内にある

pakchunk0-WindowsNoEditor_0_P.pakのバックアップをとっておきます。

バックアップをとったら

このpakchunk0-WindowsNoEditor_0_P.pakを

Ready Or Not/quickbms/ronmod以下にコピーします。

 

ronmodフォルダ内のrepack.batを実行します。

これでコピーしたpakファイルが修正されます。

修正したpakchunk0-WindowsNoEditor_0_P.pakを

Ready Or Not/ReadyOrNot/Content/Paks以下に

移します。

これで完了です。

Ready Or Not/quickbmsronmod/sources/ReadyOrNot/Config内の

AILevelData.iniを編集することでパラメーターの任意変更が可能となりますが

すべての設定項目が有効になるわけではないということが説明書きには

書かれてまして

以下が

利用可能なパラメーターの説明について書かれた

リンクになります。

参考までに

ご参照ください。

こちらからどうぞ

管理人は

試しに

敵の命中精度の

パラメーターを

弄ってみましたところ

バニラでプレイした時に比べて

被弾率が低下したことを

実感できましたw

<スポンサーリンク>




この手のゲームが

初めての方や

FPSが苦手な方は

このMODでバニラよりも

いくらか難易度が下がって

プレイし易くなるのではないでしょうか。

管理人も

時間を見つけて

ミッションクリアに

再チャレンジ

してみたいと思います!

関連記事

神ゲーReady or NotにReshadeを入れてみました! 宣言通り Ready or Notを 年末に 重点的にプレイしている管理人ですが 薬物の密造アジト制圧ミッションを ようや[…]

関連記事

ガンガンMODを入れて楽しむ! 去年から引き続き 新年早々も SWATゲーの Ready or Notを楽しんでる 管理人ですが プレイの腕も やり始めの頃に比べれば・・・! […]