Total War THREE KINGDOMS をプレイ!反董卓連合決起編!

三國志最強の武将!

呂布見参!!

前回に少し

紹介した董卓と呂布を

簡単にアンロックする方法を

ざっくりとではありますが

解説しました。

今回は

せっかくなので

このアンロックした

董卓と呂布で

遊んでみたいと思います。

董卓呂布といえば

三國志初期の定番ともいうべき

袁紹を盟主とする

反董卓連合との戦い!

と、いうことで

このあたりの時代を想定して

やってみようと思います。

袁紹「今

漢の王室は

存亡の危機にある!

賊臣董卓は横暴を極め

災いは天下に及ぶ!

我ら諸侯は漢帝国を

守るため忠義を以て

この国難に立ち向かう!

誓いを立て力を合わせ

二心なきことを!

誓いを破らば天罰下るべし

蒼天の神々よ!

ご照覧あらん」
<スポンサーリンク>




反董卓連合は

盟主袁紹の元に

呼応する諸侯らが

集まり

漢を牛耳り

暴虐の限りを尽くし

やりたい放題の

逆賊董卓を

討伐すべく

天地の神々に向かい

誓いを立てたのだった。

気勢を上げ

意気軒昂!

一方

董卓陣営は・・・

 

董卓「18もの諸侯が徒党を組んで

このワシに刃を向けてきおった。

どういたす?何か策はあるか?」

呂布「父上。ご安心を。

18鎮諸侯など

俺にとったら草木も同じこと。

この呂布めが連中を

まとめて成敗してやります。」

董卓「ガハハハハ!

この奉先さえおれば

ワシも

枕を高くして

ぐっすり眠れるわぃ。」

華雄「相国。

鳥を料理するに牛刀はいりません。」

(※編集の都合上、当ゲームに登場する

劉龍というキャラを華雄として

話を進めます。

予めご了承ください。)

董卓「何だと?華雄将軍。」

華雄「奴らを成敗するのに

呂布殿が行くまでもない。

私が行って一人残らず

18鎮諸侯を一人残らず

打ち破って

ご覧にいれます。」

董卓「よろしい!

華雄よ、それでは

直ちに敵を迎え撃て」

かくて軍を率いて

反董卓連合軍を迎撃した華雄

連戦連勝で反董卓連合軍を打ち負かし

ますます勢いに乗る!

袁紹「ぐぬぬ、何たるザマだ。

華雄一人に手こずり

出鼻を挫かれるとは・・・」

∀・)ニヤニヤ・・・

袁紹「公孫瓚殿!

後ろに立つのは

何者だ?」

公孫瓚「幼少からの友で

劉備玄徳と申す者。

平原の県令を務めております。

共に戦いたいと参上しました。」

曹操「すると、もしや

黄巾の賊を倒した

あの劉備殿ではあるまいか。」

公孫瓚「この劉備は中山靖王の末裔で

景帝(前漢の6代皇帝)に連なる者。」

袁紹「ほぉ・・・朝廷のゆかりか。

席を用意いたせ!

県令ではあるが

そなたの祖先に敬意を払おう。

どうぞ」

劉備「有難くお受け致す。」

伝令「申し上げま~す!

我が方の祖茂、潘鳳の

両将軍共に華雄めに

斬られました!」

袁紹「なんと!

この場に顔良、文醜を

連れてこなかったことが

口惜しい・・・!

いずれかがおれば

華雄ごとき

恐れるに足りん」

関羽「この私が華雄の首を

献上致しましょう。」

袁紹「この者は?」

公孫瓚「この者は劉備の弟で

関羽と申す者。

袁紹「ほぉ。して官職は?」

公孫瓚「劉備麾下で馬弓手

務めております。」

袁術「出しゃばったマネをいたすな!

たかが馬弓手の分際で

偉そうな口を叩きおって。

棒を持て!打ち据えろ!

曹操「袁術殿!待たれよ。

大言を吐くからには

腕に覚えもあろう。

試しに戦わせ負けてからでも

遅くはあるまい。」

袁紹「馬弓手など出せば

華雄に笑われるではないか。」

曹操「こやつの面構え。

華雄も馬弓手とは

思いますまい。

誰か!酒を持て!

それでは関羽よ。

この熱い酒で

気合を入れていくがよい。

関羽「酒は後ほど。

すぐ戻って参る!」

いよいよ

満を持して

劉備三兄弟の

二弟!

関羽が登場!!!

相変わらずの

この貫禄!

カッコよさ!

かつて

これほど最強の

馬弓手が

いただろうか(爆

<スポンサーリンク>




今回は

反董卓連合軍として

董卓一味を

成敗すべく

いざ!

出撃!

今回の

関羽の

ミッションは

ただ一つ!

華雄の首級を

挙げるのみ。

他には

一切構うな!

関羽が目標の華雄を発見!

すれ違いざまの1合目で

華雄が落馬!

仕留めたか!?

演義では1合で華雄を討ち取った

描写がされているが

さすがにゲームでは

そう都合よくは行かず・・・

馬を降りての斬り合いに・・・

手に汗握る一騎討ちでの攻防!

華雄の剣を払い・・・

チェスト~!!!

均衡を破ったのは、やはり関羽!

華雄討ち取ったり!

 

関羽雲長の前に

あっけなく散った

董卓の配下華雄将軍・・・

この華雄という人物

 

正史準拠だと

ほぼ名前だけが見えるだけで

大した活躍もないまま

戦死してしまっている

将軍です。

<スポンサーリンク>




演義ベースだと

三國志初期に

死んでしまうことには

変わりありませんが

反董卓連合の諸将を

何人も斬るなどの

猛将っぷりをみせ

正史には無かった

結構な活躍をして

三國志関連のゲームに

おいても華雄の能力値が

けっこう

高めだったりすることが

多かったんですよね(笑

そんな猛将を登場初期の

馬弓手に過ぎなかった関羽が

簡単に討ち取ってしまい

結局、肥えるだけ肥やして

関羽を引き立たせるための

”具”にされてしまいますが(爆

曹操「酒はこのとおり。

冷めておらん。さぁ飲んでくれ」

一気に酒を飲み干す関羽。

張飛「ハッハッハ~!

雲長兄が華雄を討ち取ったからには

このまま洛陽に攻め込んで

一気に董卓を生け捕りにしようぜ!」

袁術「待て!我々を差し置いて

たかが県令配下のお前達が

何をほざくか!

それ!こやつらをつまみ出せ!」

曹操「いや、功を賞するに

貴賤はござらぬ。」

袁術「そなたは県令風情の

肩を持つというのだな。

よかろう。失礼する!」

ブスッとしている劉備三兄弟・・・

曹操「おい、お前達も口を慎め。」

張飛「なんだ!あいつ!」

劉備「・・・行こう」

関羽「行きましょう・・・」

その場を立ち去る三人・・・

袁紹「・・・」

 

反董卓連合軍は随所で

不協和音が目立ち

決して一枚岩とは

いえない

状況

であった・・・

それでも

なんとか

董卓配下の

猛将華雄を斬り

<スポンサーリンク>




その余勢を駆って

洛陽の東に位置する

虎牢関攻略へと向かう!

虎牢関を落とされては

洛陽も危うい!

董卓は遂に

自身の懐刀である

呂布を前面に繰り出し

反董卓連合軍を

返り討ちにする構えだ。

果たして勝つのは

董卓軍か

反董卓連合軍か!?

続きはこちらから!