WWE2k19で飯伏&ケイオス組VSハポン軍 8人タッグマッチ! 完

内藤の膝は大丈夫なのか?

 

オカダをパラダイスロックで捕捉!

SANADAが指を差している

その先には・・・

オカダカズチカのケツ!

 

無防備になっている

オカダのケツめがけて

蹴りを

ブチ込むSANADA!

パラダイスロックの態勢から

低空のドロップキックが

打てれば

完璧なのだが・・・

ゲームの仕様上

そこまでは

再現できず・・・

<スポンサーリンク>



元々は

WWEの

プロレスゲームであって

断じて

ジャパニーズ仕様の

プロレスゲームではないため

そこまでの贅沢は

言ってはいられないが

ここは次作に

期待したいところ!

無防備状態から

お尻を

おもいっきり蹴り上げられ

さすがのIWGPヘビー級王者

オカダカズチカでも

これには悶絶!

すかさずカバーに入る!

屈辱のパラダイスロックに

逆上したオカダが

逆襲のショットガン・ドロップキック!!

対角線コーナーまで吹っ飛ばされるSANADA!

まさにショットガン!

背中から激突したSANADAも

大ダメージを負う!

手を緩めないオカダは・・・

ヘビーレイン!

矢継ぎ早に・・・

リバースの・・・!

ネックブリーカー!

SANADAの首を痛めつける!

連続攻撃でSANADAを追い込んだオカダは・・・

ここで

レインメーカーポーズ!!!

首にダメージを

与えたうえで

必殺の

レインメーカーへと繋げる

オカダカズチカ必勝の

黄金パターンだ!

シングル戦で

オカダに対し

6連敗を喫してしまった

SANADA・・・

<スポンサーリンク>



同世代のライバルとして

意識し合う両雄だが

実績では

SANADAの遥か上を行く

オカダカズチカ!

そのオカダに対して

なんとか

一矢報いたいところだが

直近で両者のシングル戦が

また実現するとしたならば

G1クライマックスでの

対決が濃厚か??

 

ここで

レインメーカーを

喰うと

後がないぞ!

すぐに起き上がって

SANADAも反撃!

オカダにばかり美味しいところを

持っていかれて

たまるか!

意地の逆水平チョップまで繰り出す!

SANADA「いっ・・」

SANADA「ちょあ!!!」

オカダ「サッナダ!!!」

だが打たれ強いオカダは

この強烈なエルボー!

あの柴田勝頼選手と

壮絶なエルボーの打ち合いを

やっても打ち負けなかった

オカダカズチカの強さは

伊達じゃない!

ご覧の通り

オカダのエルボー1発で

SANADAをダウンさせる

ここでオカダは・・・

得意のツームストンパイルドライバーの態勢に!

??

SANADAが逆にひっくり返した!

掟破りの逆ツームストンパイルドライバー!!!

オカダを脳天からマットに突き刺した!

そこから引きずり起こして

ドラゴンスリーパーに持ち込む!

ここからオカダを寝かせればスカル・エンドが決まる!

オカダもパンチを繰り出して抵抗!

 

ドラゴンスリーパーを

解いて

スカル・エンドを

阻止!

お互いの

フィニッシュを

決めさせない!

こないだの

IWGP戦では

SANADAは惜しくも

タイトル奪取とは

ならなかったが

<スポンサーリンク>



これからも

続いていくだろう

オカダSANADAの

ライバルストーリー!

どうなっていくか

非常に楽しみな

二人だ!

 

互角の攻防を魅せる

SANADAとオカダ!

ドロップキックも相討ち!!

まったく退かないオカダとSANADA!

戦線の膠着を打開すべく

内藤が再出陣だ!

そして最近

多用する片足での

ドロップキックをオカダに浴びせる内藤!

飯伏「オカダさん!」

飯伏がオカダにタッチを要求!

ここで飯伏にタッチ!

よっしゃあ!

飯伏の身体から気合が溢れる!

ロープに飛び乗った飯伏!

飯伏が空高く飛翔!

飯伏のミサイルキック!!!

まるで

天井から突き刺すかのように

矢の如く内藤めがけて

一直線に伸びる

綺麗なミサイルキック!

飯伏のズバ抜けた

抜群の身体能力から

繰り出される

この技は

もはや文句の

つけようがない程に

イイ!

ヘビー級の内藤が

こうも簡単に吹き飛ばされるとは・・・

自身初のIWGPインターコンチを戴冠してから

さらに波に乗っている飯伏!

この勢いは

内藤哲也をもってしても

止められないのか!

内藤は、だいぶきつそうだ・・・

なんとかロープに掴まりながら

立ち上がったが・・・

そこへ容赦なくラリアットを叩きこむ飯伏!

内藤は場外へ転落・・・!

飯伏が立ってこいとジェスチャー!

ここで飯伏が大きく翼を広げた!!!

その様は

まさにフェニックス!!!

内藤をプランチャで押し潰した!

実況席も驚きの表情!!

 

内藤の膝の

コンディションが

あまり

芳しくない

状態での

この

プランチャは

余計にきつい

<スポンサーリンク>



空中から

飛んできた

飯伏の体重が

内藤の両膝に

重くのしかかった

かっこうになったため

膝の状態が

さらに

悪化してしまわないか

非常に心配なところだが・・・

プランチャを決めた後

手負いの内藤を

すぐさまリング内に戻す!

そしてカバー!

ワン!

ツー!!

内藤は自力でキックアウト!

内藤をロープに振る飯伏!

内藤が、ここで得意のカウンターの

ジャンピングエルボーアタック!

飯伏に傾きかけていた流れを断ち切る起死回生の一撃!

ここで内藤が何かを狙っているぞ!

走り込んでの!

ランニング式のデスティーノ!!!

流れは一気に内藤へ!

勝利を確信した内藤は首をかっきるジェスチャー!

あとは仕上げにかかるだけ!

もちろん!

最後は

この技!

正調式のデスティーノ!!!

なに??

正調式のデスティーノが!

止められた!?

飯伏が、内藤を

抱え込んだまま

コーナーに向かって

内藤を頭から

投げこんだ!!!

いくら

内藤が受けが

上手いからといって

無茶な技を

仕掛ける飯伏!

ひ、ひでぇ・・・

なんてことをするんだ・・・

さすがの内藤も

この通り・・・

さらには痛めている内藤の脚を狙っての

非情のローキック!

内藤の膝が悲鳴を上げる・・・!

痛々しいまでの

制御不能のカリスマ内藤哲也・・・

コンディションの悪さを押して

BUSHIや鷹木のサポートに徹してきた

内藤の膝の疲労は

既に

ピークに達しているだろう

しかし

リングに上がる以上

その弱点を突かれるのは

覚悟の上!

飯伏も敢えて

勝負に徹して

鬼と化す!

キラー飯伏だ!

膝へのローキックの集中砲火!!!

ガクリと膝を落とす内藤哲也・・・

飯伏の鋭く重いローを何発も浴びて

無事に済むはずがない・・・

内藤の膝を破壊しにいく飯伏!

まだ離さない!

ドラゴンスクリューまで繰り出す徹底ぶり!

ここで飯伏は・・・!

ダメ押しのテキサスクローバーホールド!

ドラゴンスクリューからの

テキサスは

まさに

飯伏が神と崇める

棚橋弘至の得意の

フェイバリットムーヴだ!

敢えて

このムーヴを繰り出してきた

飯伏の胸に

去来するものは・・・!

飯伏の棚橋に

対する想いも

込められているのだろうか!?

 

えぐい角度で反り上げて

きめている・・・

内藤は大丈夫なのか・・?

レフェリー「内藤!ギブアップ?」

レフェリー「内藤!」

レフェリーの問いかけに対し

内藤が

まったく

反応を示さない!

これは

非常に危険な状態と

判断したレフェリーが

リングアナに

ゴングを要請!

レフェリーストップの裁定が下った!

飯伏が大将の内藤哲也を

レフェリーストップに追い込み

ハポン軍団を蹴散らしての

飯伏組の完全勝利!

内藤をKOした飯伏は

内藤に詰め寄り

何やら語り掛けている

語り掛けている内容までは

うかがい知れないが

インターコンチを賭けて

闘う両雄だけに

飯伏が内藤に語り掛けた

言葉は決して

優しいものではなく

内藤の胸をえぐるような

非常に辛辣な言葉だったに

違いないことは

想像に

難くはないだろう

しかし

内藤も非常に根に持つ

タイプなだけに

語り掛けた内容の如何によっては

飯伏も内藤から一生

根に持たれることになるだろう(爆

それにしても

実際の内藤の膝の状態も

よろしくなさそうで

ちょっと気がかりなところですね

観に来てくれるファンのため

そしてパレハのために

状態の悪さを押して

地方巡業に帯同する

内藤の心意気には

敬服するばかりですが

コンディションのことも考えて

休みも十分に

とってもらいたいですね

<スポンサーリンク>



ファンにとっても

少しでも長く

元気に試合しているところを

見たいですしね!

インターコンチ戦は

非常に楽しみですが

タイトルマッチに向けて

内藤がコンディションを

いい状態にアジャストして

試合に臨めるかも

注目して見たいと思います!

最後まで見ていただき

ありがとうございました!

~完~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください