WWE2k18で内藤哲也VS鈴木みのる その④

みのるを挑発する内藤

これにはさすがの

みのるも怒り心頭

 

みのるの怒りの導火線に

火をつけてしまった内藤

 

 

内藤に馬乗りになり

拳を振り上げる

こうなるとすごく怖いのが鈴木みのるだ

 

昔ながらの古きよき

殺気立つ

殺伐とした

独特の緊張感

<スポンサーリンク>



雰囲気を持つ鈴木みのる

現代プロレスの中にあって

そういったスタイルで

闘い続ける

 

みのるは

際立つ

彼の大きな魅力のひとつだろう

 

内藤の火遊びが命取りとなってしまうか!

倒れこんだ内藤の背中めがけて

キックを打ちこむ

内藤も反撃!

みのるもやり返す!

内藤はここで延髄斬り!

ストロングスタイルのみのるに

この技をぶつける

みのるの首を狙った変形のバックブリーカー

 

後のフィニッシュホールドである

デスティーノへの布石を打つ一撃

すかさず得意の低空ドロップキックで追撃!

みのるはラフファイト

内藤の顔をかきむしる

内藤の視界を奪ってからの

岩石落とし!

 

内藤はバックドロップで

後頭部を強打!

 

内藤の首を狙った攻撃に

対抗心剥き出しの

みのるは倍返しで反撃

若い連中には

<スポンサーリンク>




負けたくない

負ける気も

さらさらないと

常々そう言って

憚らないみのる

こういった負けん気の強さも

今なおトップ戦線に

生き残り続けている

原動力となっているのだろう

 

ここでみのるは早くもパイルドライバー狙い

内藤はこれをブロック

内藤はまたしても首狙い

セカンドロープを利用した

ネック・ブリーカー

みのるの後頭部がマットにめりこんだ!

内藤は徹底した首への1点集中攻撃で

みのるを追い込んでいく構え

首を抑えるみのる

このままダメージを蓄積させていくと内藤の

思うつぼだ

内藤の気迫のこもった張り手で

みのるが後退

コーナーに追い詰めた内藤

このまま畳みかけて

止めの一撃を見舞え!

しかしみのるも黙って

やられるわけにはいかない

内藤の顔めがけて蹴りを叩きこむ

これがクリーンヒットし内藤の顎を直撃!

みのるの強烈な一撃に

痛みで顔を歪める内藤

実に痛そうな表情だ(汗

みのるはそのまま内藤を張り倒した

みのるは倒れた内藤に

ストンピングの雨あられ!

みのるに慈悲という文字は

微塵も無し!

まさに無慈悲な攻撃

容赦なし!

みのる得意の

タランチュラ式の腕ひしぎ十字固め

 

本来ならロープブレイクで

反則なのだが

 

プロレスは

5カウント以内ならOK!

 

こういったプロレスのルールを

うまく利用して

 

<スポンサーリンク>




ロープに密着して

レフェリーが

5カウント数える直前まで

ぶら下がり相手に

逆十字を掛け続ける

みのるの老獪なテクニックだ

たとえ短い時間でも

関節技が得意な

みのるであれば十分に相手に

ダメージを与えることができる

 

 

レフェリーに反則をとられる直前で技を解くみのる

腕を抑える内藤

思いのほかダメージが深いようだ

その⑤に続く!その⑤はこちらから!

その③に戻るにはこちらから!

その①に戻るにはこちらから!