エキプロ5でホーガン&ムタ組VSカート&永田組 その①

今回は

エキサイティングプロレス5でワンマッチ

PS2でエキプロシリーズを久々の起動です!

PS2で出た

エキサイティングプロレス5

略してエキプロ5

 

今回はいわずとしれた

この神ゲーを使って

やっていきたいと思います

10年以上前に発売された

プロレスゲームで

WWE2kシリーズの

前身ともいうべき

ゲームですが

 

今のWWE2kシリーズの

とことんリアルな路線を

追求したゲーム色とは違い

ジャンルはプロレスゲームでは

あるものの

<スポンサーリンク>



 

ハチャメチャなことができてしまう

(道路の真ん中や地下鉄で乱闘したり

上空を飛んでる

ヘリコプターに掴まったり等々)

選手のバンプがすごいオーバーで

プロレスをよく知らない人でも

普通のアクションゲームとして

十分楽しめるような

アクション性に

富んだゲームで

 

多人数で友達とワイワイ遊ぶ

パーティーゲームとしても

十分イケる作りとなっています

 

発売された当時は

発売日に即買いに走り

プレイしまくりました(笑

CAWを作成しCAWだらけで

シーズンモード(1年間WWEの

全シリーズを通して戦い抜き

主人公プレイヤーを軸に

抗争等のストーリーが展開していくモード)

を遊んだり(笑)とにかく

エキプロ5は遊びまくりました!

 

今回はワンナイトマッチということで

エキシビジョンでタッグマッチ

ホーガンとムタは

シングルで

対戦したこともあれば

タッグを組んで

ホーク・ウォリアー&パワー・ウォリアー組と

闘ったこともあります

永田とカート・アングルは

シングルで

対戦したことがあり

今回はタッグを結成して

ホーガン&ムタ組と相対します。

日米タッグチーム同士での激突

4人ともが

<スポンサーリンク>



 

プロレス巧者です

こんなカオスなカードは

現実では組まれることは

まず、ないでしょう・・・

こうしてゲームの中で4人を

並べてみると・・・

みんな歳をいってしまいましたね(笑

永選手も今年で50歳の大台ですからね

しかし彼の掲げるアンチエイジング

今年は秋山とのタッグで

見事アジアタッグ戴冠を果たす等

まだまだ永田の健在ぶりをアピール!

あの歳にして

すごくコンディションいいですもんね!

同世代の天山、中西のコンディションを考えると

永田が元気いっぱいに頑張ってる姿は

ファンとしても嬉しいかぎり!

 

ちなみにカート・アングル以外は

全てエディットで作成したものになります。

このグレートムタは

オーバーマスクになってからの

ムタでダース・ベイダーバージョンの

オーバーマスクをイメージして作ったものになります

先発はムタと永田!

立ち上がりはグラウンドレスリングの攻防

永田に腰投げからの

グラウンドのヘッドロックを掛けるムタ

永田は得意のキックで

ムタの弱点である脚を狙う!

ムタのお株を奪う

ドラゴンスクリュー!

ナガタロックにいこうとする永田であったが

ムタはつきあわない

そして永田の顔に噛みつき攻撃!

ムタ得意のラフファイト

ムタはホーガンに

永田はカートにスイッチ

今度はホーガンとカートの絡み!

 

 

ホーガンはカートに河津掛け!

前作のエキプロ4には収録されていたホーガン

エキプロ5にはホーガンが収録されて

いないのでCAWで

作成して登場させる!

再びムタにスイッチ!

ムタとホーガンが一緒に

カート・アングルをハンマースロー!

せーの!

ムタ&ホーガンの

ダブルでビッグブーツ!!

息ピッタリの二人!

二人の共演技はこれだけでは終わらない!

ギロチンドロップ!

後続のホーガンも続く!

本家本元の!

ホーガンのギロチンドロップ!

ギロチンドロップが決まった瞬間

アングルの身体が大きく跳ね上がる!

この、おおげさなバンプがエキプロ5で遊んでると

気持ちいいんですよね~

技を決めた時の爽快感というか(笑

ムタはカートの首を抱えてフライングメイヤー

これが来たら次は”アレ”でしょう!

ロープワークに行く時の

この

かっこいい

軽やかなステップ!

 

 

 

 

カートにムタの

フラッシングエルボーが炸裂!

このモーション

WWE2kシリーズで

復活させてくれないですかねぇ

初期のエキプロの頃には

収録されていたのに・・・

武藤やムタを

エディットで作ったら

<スポンサーリンク>



 

 

 

ムーンサルトや

ドラゴンスクリュー等と

並んで

武藤ムタを

再現するうえで

フラッシングエルボーは

欠かせない

代表的な技であると思います

(実際の試合でも武藤が

必ず1回は繰り出す技です)

必ず入れておきたい技なので!

 

その②へ続く!その②こちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください