バープロを始動!

押し入れに眠っていたプロレスゲーム不朽の名作

バーチャルプロレス2王道継承を掘り起こしてきました

バーチャルプロレス2とは?

2000年にニンテンドー64より発売されたプロレスゲーム

略してバープロ2

前作にバーチャルプロレスリング64

ある。(この記事では以下バーチャルプロレス2のことを

バープロと略称)

開発会社は当時はAKI(現在はシンソフィア)さん

全日本プロレス公認のゲームで当時全日に所属していた

レスラー達が実名で登場。

ちなみに私は前作はプレイしていないので前作のことは

詳しくは知りません。

バープロが名作といわれる所以

これに関してはプロレスゲームの

サイトを運営されていた先人の方々からも

たくさん語られてきたとおり

これでもかというほどプロレス愛を

ぎゅうぎゅうに詰めこんだ

プロレスゲームという

この一言に尽きるだろう!

このゲームを世に送り出してくださった

当時の開発陣の方々には本当に頭が下がる思いだ。

バープロの遊び方

今回はバープロの

具体的な操作方法等も含めて

このゲームの遊び方を

おさらいをしてゆきたいと思う。

私自身長らく遊んでいなかったため

操作方法をだいぶ忘れている!

久々に引っ張り出してきてさっそく起動。

<スポンサーリンク>



まず懸念されるのはデータが

消えていないかどうかだ。

すでにこのゲーム発売から20年近くの

歳月が経過しており

エディットデータが飛んでいないか

毎回冷や冷やものである。

幸い、今のところデータは飛んでおらず生存。

バープロは死なず!

まだだ!まだ、終わらんよ!

 

基本操作編

組み技・・Aボタン短く押すと弱掴み、長押しで強掴み

打撃技・・Bボタン短く押すと弱打撃、長押しで強掴み

ダッキング・・Lボタン 組み技払いもLボタン

ガード・・Rボタン タイミングよく押せば技返し

タッチ・・Cボタンユニットの↑

裏返す・・Cボタンの←

タッグ等のターゲット切替・・Cボタン→

<スポンサーリンク>




走る・・Cボタン↓

アピール・・3Dスティックを倒す

好きな方向へ走る・・Cボタン↓十字キー

フォール・・寝ている相手にL

キックアウト・・ボタン連打

相手を起こす・・寝てる相手にR。Rをすぐ離すと上半身起こし

バックをとる・・組み状態でLボタン

関節技脱出・・ボタン連打

ハンマースロー・・組み状態でC↓と十字キー

ハンマースローされてロープに止まる

・・・Bボタン連打、Aの連打でカウンター技返し

ポストに登る・・ポストの方向とC↓

ポストから降りる・・登り途中でR

雪崩式技・・・強組みからAかB

リングから出る・・場外方向とC↑ 短く押すとエプロンに出る

場外からリングに戻る・・リング方向とC↑ 短く押すとエプロンに出る

ダッシュでリング内外出入り・・十字キーとC↑

相手をリングに上げる・・強組からリング方向とC↓

場外への飛び技・・場外へ走ってA押しっぱなし。

ロープ際からの飛び技は場外方向とA

相手をまたぐ・・相手の近くでC↓

武器をとる・・客席方向とC↑。武器で攻撃はBボタン

連続打撃・・格闘及びシュートタイプ限定。格闘は強組

シュートは弱組からBと十字キーで6回まで連続攻撃ができる

スペシャル技・・精神力メーターが「キレた」か「マジギレ」の時に強組から3Dスティック倒しで発動

カットする・・タッグ戦。相手の近くでB

ツープラトン・・二人同時にA

応用操作編

マイクアピール・・入場シーンもしくは試合後リプレイ中にCボタン押しっぱなしでマイクアピール

 

わざと起き上がらない・・ダウン中に3Dスティック倒しっぱなし

 

わざとギブアップさせない・・関節技をかけている時に3Dスティック倒しっぱなしで相手がギブアップしなくなる

 

マスク剥ぎ・・相手がマスクマンの場合アイクローをかけると

マスクを剥ぎにかかる場合がある(但し低確率で)

 

掟破りアピール・・3Dスティックをガチャガチャ動かす

 

すぐさま寝技をかける・・投げ技をかけた後A押しっぱなし

 

アピールで相手を起こす・・相手ダウン中にアピール(但し低確率)

まとめ

開発陣の方々のおっしゃるとおり

プロレスで、できうる限りのものを詰めこんだ

ゲームなので、本当に色んなことができてしまう。

操作方法も最初は覚えるのが大変だが

覚えてしまえば操作が手に馴染むし

自在にレスラーを操れてしまう!

連続打撃コンボをやってる時も

気持ちよすぎるし

<スポンサーリンク>



 

 

トぺ等の飛び技を仕掛ける時もCPUは

律儀によけずに待っていてくれるので

きちんと当てられるし、その他数え上げると

きりが無い。

やはり

プロレスゲームはグラフィックの美麗にあらず!

を体現したゲームだ!

みなさんも機会があれば押し入れから引っ張り出して

久々にプレイしてみてはいかがでしょうか?

また時間ができた時にでも

ワンマッチ行ってアップしたいと思います!

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください