Mount & Blade II: Bannerlord!サムライMOD!生死を賭けた一戦に臨む!

常在戦場!

たとえ、この身が砕け命果てようとも!!!

前回の続きから!

前回紹介した

鉄砲のMODですが

導入すると

ゲームプレイ中のフリーズや

クラッシュが頻発するようになりました。

MODの作者さんが

手動で導入することを推奨されているため

もう一度MOD各種を入れ直して

やってみましたが

またまたクラッシュorz

MODページを

もう一度よく読んでみると

このMODを導入されているユーザーさんの中で

ゲームがクラッシュすることがよくあるそうで

その原因は

やはり

MODの競合にあるみたいです。

試しに管理人が他に

導入しているMODの一つ

RTSカメラを外したところ

フリーズ、クラッシュが

なくなって安定して

ゲームプレイできるようになりました。




RTSカメラと相性が良くないみたい?

RTSと併用したいんだけどなぁ。

自分でファイルを細かく弄って

直せない以上は

妥協するしかないか・・・

ちなみに

サムライMOD専用の

鉄砲MODである

Tetsojin Warfare – Tanegashima Edition (Gun Mod)の

手動導入手順ですが

とても簡単です。

D:\SteamLibrary\steamapps\common\Mount & Blade II Bannerlord\Modules以下に

全部放り込めばよいだけです。

それでは

本編へ戻りまして、、、

軍兵が続々と集結し

その数875!

いざ出陣!!!

アセライ側の

タムヌウ城を包囲!

折を見て

力攻めすれば

簡単に落とすことができるだろう。

が、留意すべき点は

やはり

敵の後詰だろう。

やはり、きよったか。

後詰を退けない限り

城攻めには専念できぬ!

なんと・・・。

敵の先鋒は

のっけから

防御陣形を敷いておるではないか。

我が軍勢の威勢を前にして

怖気づきおったか

腰抜けどもめ。

敵は

果たして本気で

戦をする気があるのか

ないのか?

者ども、敵方を見てみるがよい。

こんな

へっぴり腰では

勝負は戦う前から

ついておるわ。

一気に蹴散らすぞ!

ついてまいれ。

軍の先頭に立って奮戦するグラタン将軍!

グラタン自ら敵将の一人を討ち取り

上々の立ち上がり!

少々張り切りすぎたわい。

一旦、野営地に戻って

傷の手当てをして

翌日も

戦場へ!

グラタンめがけて突進してくる騎馬武者!

何やつ!?

敵将の一人か。

わざわざ

自分の方から

その首を差し出しに

やってきたのか。

何合か打ち合ったあと・・・

逃げ出そうとする敵将だったが・・・

戦場で敵に背を向けるなど

武士の風上にも置けぬわ!

敵将討ち取ったりぃ!

そりゃそりゃあ!

総大将Annaishaから全軍突撃の下知が!

やらいでか!

この風・・・!

この肌触り・・・!

この匂いこそ戦場よ!!!

もののふとして

この世に生を受けた時から

常在戦場と

決まっておったのよ!

戦場に生き!

そして

戦場で死すことこそ

武士の本懐也!

いざ!参るぞ!!!

このグラタンが相手だ!

敵を追うことに夢中になる余り・・・

前方に突出してしまい・・・

四方を囲まれるグラタン将軍!

どぉおりゃあ。

この首、獲れるものなら

獲ってみぃ!!!

アアアアヽ(゜Д゜;)ノ愛馬が力尽きる!

落馬し

意識朦朧となる

グラタンだが・・・

幸い友軍も

駆けつけてきてくれ

なんとか

敵の包囲を

脱しつつある。

味方将兵「将軍!




安全な後方へ

お下がりくだされ。

後は我らが!」

グラタン「退かぬ!

ワシは断じて退かぬぞヽ(#゚Д゚)ノ」

味方将兵「ですが・・・」

グラタン「嫌だといったらイヤだ (乂`д´)

ワシは、まだ戦える、戦えるぞぉ (゚Д゚メ)」

味方将兵「・・・(ダメだ、こりゃ)」

突撃ぃ!\( ‘ω’)/ウオオオオオオアアアアーーーーッッッ!!!!

敵将兵「敵将が突出しておるぞ!よく狙え!」

=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!

ぬうっ!

全身に矢を被弾したグラタン・・・!

・・・・!」

ドサッ!

もののふたるもの

戦場で倒れる時も

敵に背を向けることなく

前のめりに

倒れるべし(爆

三方ヶ原の戦いにおいて

徳川家康は武田信玄相手に

散々に打ち負かされたわけですが

戦後の現地において

三河武士の遺体を見た

武田側は背を向けて逃げてるところを討ちとられた三河武士が

一人もいなかったことに感心した逸話があったとか。(江戸幕府の誇張??)

常在戦場で戦い抜き

華々しく戦場で散って

武士の本懐を遂げたグラタン将軍であった・・・

戦いは、その後も続き・・・

辛くも野戦で勝利!

が、この戦いで

多くの将兵を失った

Tetsojin軍。

城攻めする余力無しと判断した

総大将Annaishaは撤退命令を下すこととなった・・・

まぁ、こんな感じで

適度に妄想しながら

このゲームを楽しんでおりますw

それと

もう一つ

管理人が

とても楽しみにしている

大型MODがありまして・・・

Shokuho(織豊)という日本の戦国時代を題材にしたMODで

Mount&Bladeシリーズの

Warbandでいうところの

下剋上MODにあたる感じでしょうか。

関連記事

いつまでも経っても 色褪せぬ神ゲー! マウント&ブレード ウォーバンドの バニラ版及び下剋上MODを日本語化しよう!   オンリーワンな神ゲーである マウント&ブレードシ[…]

関連記事

ゲームスタート時から大名でプレイもできちゃう! 仕事中の移動時間とか 空いた時間に 最近買った 戦国時代に関する本を読んでいまして なんだか 戦国時代を扱うゲームが 無性にやりたくな[…]

MOD製作者のページでは

ベースゲームには

まだ

いくつかのバグが存在するため

beta版に投入できるまでではないみたいです。

リリースは、まだまだ先になるかもしれませんが

完成を心待ちにしております。

今回

導入して遊ばせてもらっているサムライMODの

製作者様は

日本の文化、歴史を忠実に再現することに

こだわっておられない方なので

それをよくよく承知した上で

MODを利用して楽しませていただいてますので




これは、これで非常に満足なのですが

Shokuho(織豊)の方は

日本の文化、歴史にも

こだわりがあって

そういう部分を

色々と再現してくれそうなMODなので

こちらも

期待しております。

M&B2を久々に

遊んでみましたが

やはり

まごうことなき

神ゲーですな。

また

他にも色々

MODを入れて遊んでみようかなと

思っとります。

時間ができれば、ですが(笑)

関連記事

The Samurai is back! お盆期間中 少し時間ができたので 長らく 離れていた Mount & Blade II: Bannerlordでも 久々にやろうかなという[…]