PS2ソフトを吸い出しエミュで遊ぶ!(2枚組ディスクをエミュで遊ぶ方法も紹介)

PS2ソフトの吸出しに挑戦!

今まで

PS2エミュレーターを

遊ぶときには

ディスクを入れて

読み込ませて

遊んでいたのですが

今回は

プレイステーション2の

鉄板エミュレーターである

PCSX2で遊ぶ用に

PS2ソフトを吸い出して

PCのSteamでゲームをするかのように

ディスクレスで

PS2エミュレーターを

より手軽に

遊べるようにしよう!

ということで

PS2ソフトを

吸い出してみることにしました。

<スポンサーリンク>




吸い出すツールとして

用意したものは

CD ManipulatorとImgBurnです。

試しに

20年以上前に

スクエアエニックスから

リリースされた

オールスタープロレスリングを

吸い出してみたいと

思います。

現物ソフトは

こちらになります。

 

PS2ソフトはディスクの裏面が青色であれば

CD-ROMで作られているものになり

裏面が銀色だとDVD-ROMで作られているものになります。

なので吸い出す際には

それぞれに対応したツールが必要となるわけです。

CD- ROMの場合だとCD Manipulatorで吸い出していきます。

CD Manipulatorについては

関連記事

伝説の名機! 初代プレイステーションをPCで遊ぼう! 今回は 久々の エミュレーター関連について 取り上げてみたいと思います。 前回 紹介したエミュは 去年UPした スー[…]

上記で紹介しておりますので併せてご参照下さい。

吸い出したいソフトをドライブに入れて

吸出し開始!

吸出しが完了しました。

吸い出したら上みたいな感じになります。

では、実際にPCSX2で起動して

遊べるかどうか確認してみます。

PCSX2で吸い出したソフトを遊ぶ場合は

CDVDのISOを選択して・・・

次に同じCDVDの一番上の項目である

ISO選択から参照を選んで

先ほど吸い出したソフトのイメージを選択します。

システムよりCDVD起動を選択して

ゲームを起動します。

問題なく起動して遊べますね!

ディスクレスになると、よりスムーズにストレス無く遊べるようになりますね!

笑ってはいけないで

山崎邦正にビンタをかます

強面のオジサンとして

お茶の間で、すっかり

有名になった

若き日の蝶野です。

対戦相手は

同期の武藤敬司で

今は外観が

スキンヘッドになってますが

<スポンサーリンク>




彼も、ちょくちょく

テレビに出てるので

プロレスに詳しくない方でも

ご存じの方も

おられるかと思います。

神奈月が

よく武藤の

モノマネしてますしねw

知名度としては

笑ってはいけない効果で蝶野に

軍配が上がるでしょうか。

 

次にPS2版のGTASAを吸い出してみます。

こちらは裏面は

銀色でDVD-ROMで作られているものになるので

ImgBurnで吸い出します。

ディスクからイメージファイルを作成するを選択します。

出力先を指定して・・・

吸出し開始!CD-ROMのオールスタープロレスリングの方は

比較的早く吸い出せましたが

DVD-ROMのディスクの方は吸出しに時間がかかりました。

30~40分はかかりましたかね。

ゲームを起動!

こちらも動きはスムーズ!

懐かしい昔のグラセフが蘇る!

ディスクレスなので

GTAをノートPCのみで持ち運べるようになりました!

特に支障なくプレイできてます。吸出しに成功。

それでは次に

2枚組ディスクのゲームを

ディスクレスで遊べるか試してみました。

実験に使ったのは

20年近く前にスパイクより発売された

プロレスゲームのキングオブコロシアムの赤と緑。

略称はキンコロと呼ばれ

今でも??プロレスファンに愛されている

プロレスゲームになります。

当サイトで度々UPしているプロレスゲームの

キンコロは2の方で

こちらは、前作になります。

2枚組ディスクを時間差でリリースして

先に発売されたのは赤バージョンで

緑バージョンが3か月後くらいにリリースされました。

赤と緑で収録されている団体、選手が違うため

PS2実機でディスクチェンジすることで

別々に分けて収録された

プロレス団体や選手をまとめることができるので

別々のディスクでは実現できなかった

選手同士の対戦を実現できるようになったわけです。

二つのソフトとも裏面は銀色なので

先ほどのImgBurnを用いて吸出し

ディスクレスの状態で

二つのゲームを合体統合できるか

やってみます。

吸い出したキンコロ緑を

PCSX2で起動します。

ゲームメニューでディスクチェンジを選択し・・・

新日×全日×パンクラスディスクが赤バージョンのことを指しています。

STARTボタンを押して・・・

赤バージョンのディスクを入れろという指示が出ますので・・・

CDVDからISO選択→参照から

吸い出した赤バージョンのISOを指定すると・・・

こうゆう表示が出ますのでディスク入れ替えを指定してやります。

ゲーム画面に戻ると

ちゃんと吸い出した赤バージョンを

PCSX2が読み込んでくれました。

再び上の手順で

緑バージョンに入れ替えれば完了です。

ゲームを動かすと

吸い出した2枚組ディスクをディスクレスにしても

きちんと統合されて

赤バージョンに収録されている蝶野選手と

緑バージョンで収録されている三沢選手を

闘わせることができるようになりました。

こんな感じで

吸い出したソフトで

2枚組ディスクのゲームも

難なく遊べちゃいます!

ディスクチェンジにも

対応してくれている

PS2エミュレーター

PCSX2は

やっぱ鉄板ですね!

ディスクを読み込ませても

遊べますが

<スポンサーリンク>




やはり

ディスクレスで

遊んだほうが

違うゲームソフトを遊ぶのに

いちいちディスクを入れ替える

手間も省けるし

読み込みもサクサクいけるので

すごく快適に

遊べるようになってグッド( ̄ー ̄)bグッ!

それでは

皆様、よきゲームライフを!