RTX3080/Ryzen 5900HX 搭載のROG Strix SCAR 17を購入!(コスパ最強)

新調したゲーミングノートをお出迎え!

今週

注文していた

ゲーミングPCが

本日

やっと

届きました!

ちょうど1年前に

ASUSのゲーミングノートを

購入していた管理人ですが

関連記事

PCを新調しました! 半年位前から少し 調子が悪くなっていた ゲーミングノートPCが遂に お陀仏してしまったため PCを新調しました。 壊れてしまったノートPCは BTOメーカーのパソコン工[…]

今回購入した

パソコンも

ASUSのものにしました。

今回

購入したのは

ROG Strix G17 G712LW

になりまして

管理人が注文しようとした際には

ちょうど

セールが始まるところで

税込み329,800円 のところを

4万円OFFの

税込み289,800 円と

30万以下で

買うことができました!

<スポンサーリンク>




先週にも

1度注文しようとしていて

結局そこでは

注文未遂で

終わってしまったのですが

結果オーライ!!!

なんだかんだで

4万円は

けっこう大きい。

 

キーボードは英語配列です。

相変わらずEnterキーは小さいですが

管理人は

前回購入した

ROG Strix G17で

すっかり慣れたので

今は特に違和感はありません。

キーボードの右から3分の1ほどが

半透明のスケルトン仕様になっていて

ゲーマーの心を

くすぐる外観となっております!

コンシューマーゲーム機及び周辺機器でも

こういったスケルトン仕様ってありますよね。

ちなみに

管理人の所有しているコンシューマーゲーム機では

スケルトン仕様のものはありませんが

PS2コントローラー1台と

PS1&PS2のメモリーカードのスケルトン仕様を

各1枚ずつ持ってまして

中身が見える仕様は嫌いじゃないです(笑)

さて

ROG Strix SCAR 17の

主なスペックですが

CPU:Ryzen 5900HX

RAM:32GB

ディスプレイ:17.3型ワイドTFTカラー液晶

解像度:1,920×1,080ドット (フルHD) (300Hz)

グラボ:GeForce RTX3080

VRAM:16GB

SSD:1TB×2基(CドライブSSD1TB、DドライブSSD1TB)

OS:Windows 10 Home

となっております。

試しに

さっそく

ゲームを一つやってみました。

Steamの

バイオハザード3リメイク版です。

このゲームの

推奨スペックは

OS: WINDOWS® 10 (64-BIT 必須)

プロセッサー: Intel® Core™ i7-3770 または AMD FX™-9590以上

メモリー: 8 GB RAM

グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 1060 or AMD Radeon™ RX 480 with 3GB VRAM

DirectX: Version 12

ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

ストレージ: 45 GB 利用可能

と本機のようなハイエンドマシンでは

余裕のよっちゃんで

これならば

前回買ったROG Strix G17でも

十分なのですが

管理人が

確認したかったのは

バイオ3を遊んでいる時の

CPU温度!

上述の通り

バイオ3はROG Strix G17で

余裕でヌルヌル動くのですが

CPU温度がプレイ時に90~100度

くらいになりまして

本体もけっこう熱くなってました。

それと

プレイ中にPCの中からメリメリ、パキパキと

音がして気が散っていたので(汗

Ryzen 5900HXを積んでいる

本機でプレイしたらCPU温度は

どれくらいになるのだろうと!

実際に

1時間ほど

やってみたところ

CPU温度は概ね80度前半辺りで推移し

キャプチャしながらでも

少し上がって80度半ばと

終始80度台をキープ!

今までIntel製のCPUを積んだ

ゲーミングノートしか持ってなかったのですが

AMDのRyzenイイじゃないか!

ゲーミングノートの一番のネックってCPUの発熱で

これが原因でファンの音がうるさくなったりするんですよねぇ。

アツアツでゲーム中うるさいのは

勘弁というゲーミングノートユーザーさんには

今なら

Ryzen5000シリーズ搭載のマシンが

いいかもしれませんね。

PC本体も

ほんのり暖かくなる程度で

今まで使ってきたゲーミングノートと

比べて音も静か。

低発熱だと本当に快適ですな!

<スポンサーリンク>




スピーカーも

ウーファーで低音がしっかり出るので

ゲームをやると迫力が

全然ちがってきますね。

以前はゲーミングノートというと高い負荷をかけると

ファンノイズが大きすぎてヘッドホンが基本だったと思いますが

それを気にせずに

本体のスピーカーで楽しめる時代が

遂に到来したという感じでしょうか。

前回購入した

ROG Strix G17 G712LWは2スピーカーでしたが

SCAR 17は4スピーカー搭載されているので

サウンドの迫力も増して耳からも

PCゲームを贅沢に楽しめますな!

その他ROG Keystone IIというキーが付属されていて

まだ管理人は試していないですが

このキーをPC本体に差し込むことで

指定したゲーム環境にアクセスできる機能らしいです。

アカウントのロックもできたり

するみたいなので鍵代わりにして使おうかな。

以上駆け足で

書き連ねてみましたが

現段階では

他のメーカーのゲーミングノートと比べても

このASUSのSCAR 17が

クオリティで

頭ひとつ抜けてる感じ!?

<スポンサーリンク>




今回

おもいきって購入に踏み切りましたが

久々に

イイ買い物ができたなぁと。

これだけのハイスペックを詰め込んだ

ゲーミングノートで

今回のお値段は

お得感がありました。

SSDも1TBを2基積んでるから

モリモリとゲームを入れることができますし

FIFAの新作とか手を出してみようかなぁ(w

これからの

秋の夜長!

存分にゲームを楽しめそうです!