Steam版Victoria Revolutionsの日本語化手順を解説!

不朽の名作!

初代Victoriaこと

VicRを日本語化してレッツプレイ!

今回は

ハーツオブアイアンシリーズ(HoI4等)や

Europa Universalis(ヨーロッパ・ユニバーサリス)

シリーズ等の

大人気歴史シュミレーションゲーム

シリーズを手がけている

スウェーデンのゲーム会社である

パラドックスインタラクティブ社から

2003年に発売された

Vicrtoriaシリーズの第一作!

Victoria RevolutionsのSteam版を

日本語化する手順を

解説してみたいと思います。

Victoriaシリーズは

1836年から第二次世界大戦直前の

1935年までの

あからさまな帝国主義が

世界中に吹き荒れていた時代を扱った

SLGです。

以前

当サイトでは

同社が手がけた

ハーツオブアイアン2の

スタンドアローン版の拡張作である

アーセナルオブデモクラシー(AOD)の

日本語化手順を解説した記事

をSteam版AODを

セール期間中に購入した記念に

UPしましたが

今回のVicRにおいても

同じくセール期間中に

購入しましたので

解説した記事を

UPしようかなという

気になりました(w

当サイトの管理人は

このゲームの日本語版を

昔ディスク版で購入していて

当時

徹夜するほど

ハマってプレイしていました。

今現在も

大事に保管しているのですが

起動できるのはWindows7までで

Windows10では

起動できないんですよね・・・

そういう事情もあって

Steam版の購入に踏み切ったわけです。

<スポンサーリンク>




元々Steamでの価格自体も

セール期間中でなくても

980円という破格の安さなので

踏み切ったというのは

おおげさな表現ですが(苦笑

ちなみに

セール価格は税込み245円でした。

こんなにイイ良ゲームが

こんなに安くで手に入るなんて

いい時代になったもんです。

さて

能書きは

そのくらいにしておいて・・・

それでは

さっそくVicR日本語化手順を

いっしょに見ていきましょう!

(※Steam版VicR日本語化するにあたっては

自己責任でお願いいたします。)

まず始めにSteamで

Victoriaをインストールします。

インストールしたら

起動してきちんと

ゲームが動作するか

あらかじめ確認しておきましょう。

デフォルトでは英語版になっています。

ちゃんと動作しました。

動作確認を終えたら以下の

ファイルを用意しましょう。

pjp002.zip

up2198.rar

up002323.rar

vr_patch_060822.exe

この4つのファイルを

ネット上からダウンロードしてきましょう。

用意ができたら

さっそく

これらのファイルを解凍していきます。

まずは

vr_patch_060822.exeのファイルを

解凍しましょうか。

このファイルは7zipでは解凍できません。

exeファイルを解凍できる

アプリケーションを使う必要があります。

当サイトでは

Universal Extractorを

使って解凍します。

こちらを

ネット上から

ダウンロードしてきます。

当サイトのPC環境では

最新版の

Universal Extractorでは

解凍できず(原因は不明)

初めて

日本語化にする時に

ここで

早くも

つまずいて

立往生して

しまいました。

<スポンサーリンク>




が、試しに

旧版の方をインストールして

使用してみると・・・

無事にexeファイルを

解凍できました。

もし

最新版で

うまく

解凍できなかった場合は

旧版を試してみて下さい。

さて

Universal Extractorの使い方は

至って簡単です。

まずは

UniExtract.exeを

起動しましょう。

UniExtract.exeを起動すると

こんな感じで

アプリケーションが立ち上がります。

解凍したいexeファイルを直接

ドラッグ&ドロップで

ぶっこむもよし!

四角枠で囲ったところをクリックして・・・

対象のファイルを選択する方法もありますので

お好きな方法でどうぞ!

解凍したい対象のexeファイルを選択出来たら

上記スクリーンショットの四角枠をクリックして・・・

解凍先を選択します。

この記事では新しいフォルダーを作って

そこに解凍します。

解凍先を選択したらOKをクリックします。

すると

vr_patch_060822

というファイルが出てきますので

そのファイルを開きます。

その中にある

Victoria.exeファイルを選択します。

これをゲーム本体にある

Victoria.exeファイルと差し替えます。

 

次にpjp002.zipを解凍し

paradox JP_patcher.exeを起動します。

赤枠で囲まれている中央部分をダブルクリックします。

すると上記画面に移行します。

ここで

ゲーム本体の

steamsteamappscommonVictoria Revolutions

のアドレスをコピーしてきます。

そして

先ほど

起動したparadox JP_patcher.exeの

矢印部分にコピーしてきたアドレスを貼り付けます。

貼り付けたらVictoria Revolutionsの右横に

追加で¥Victoria.exeと打ち込みます。

¥Victoria.exeを追加で打ち込んだらその右横にある

Analyzeをクリックします。

そうすると四角枠で囲ったところに

色々と表示され

しばらくすると

Analyzeの右横のScanALLが黒い印字で表示され

クリックできるようになります。

こんな感じで

順番にクリックしていけばOKです。

一番右端のSaveまでいくと

保存するか聞かれるので

保存を選択します。

上書きするかどうか聞かれますが

そのまま、はいを選択してもらえれば

問題ないかと思います。

 

ここまで

きたら

日本語化完了まで

あと少し!

あとは

残りの2つのファイル

up2198.rar

up002323.rar

を順に

解凍していって

ゲーム本体に

ぶっこむだけです。

<スポンサーリンク>




まずは

up2198.rarから

confing

db

scenarios

の3つの

ファイルを

まとめて

VicRの

ゲーム本体へ

移します。

ドラッグ&ドロップで

持って行って

ファイルを

置き換えてもOK!

 

それができたら

日本語版に近い表示にするファイルを開き・・・

ゲーム本体へ

INMM.iniをコピーします。

最後のファイルである

up002323.rarを解凍して

AI

db

GFX

scenarios

この4つのファイルを

ゲーム本体へ移します。

 

4つのファイルをゲーム本体へ移し終わったら

日本語化用修正confingフォルダを開いて

その中にあるconfingをゲーム本体に移したら

とりあえず完了です。

さぁ、お待ちかね!

ゲーム本体が

きちんと日本語表記になっているかどうか

実際にゲームを起動して

確認してみましょう!

ゲームのスタートメニュー画面です。

日本語になってる!

シナリオからプレイ国家選択画面。

こちらも問題なし!

実際のゲームプレイ画面。

Victoria Revolutionsの日本語化に

無事成功!素晴らしい!

しかし

このゲーム

HoIシリーズと比較すると

HoIはⅣまで4作出たのに対して

Victoriaシリーズでは2と1のRevolutions

2作のみと

2以来新作も

長らくリリースされていません。

扱っている時代が地味というか

あまり人気が無いのか・・・

植民地全盛時代という

歴史的に神経質な題材

だからなのかは分かりませんが・・・

私的にはHoIシリーズよりも

Victoriaシリーズが大好きで

(もちろんHoIも大好きなのですが)

神ゲーといっても

差支えない程の

素晴らしいゲームなんですけどねぇ。。

<スポンサーリンク>




我が国日本でいえば

江戸幕府が倒れ明治維新が起き

日清、日露戦争、第一次世界大戦を経て

ヨーロッパの列強と肩を並べるほどの

大国へとのし上がっていく

非常にダイナミックな時代

決して地味な時代ではないんですけどね。

HoIシリーズが戦争主体のゲームならば

Victoriaシリーズは内政に重きを置いた

ゲームシステムなので

内政厨、引き籠りプレイが

好きなプレイヤーには

ピッタリとハマりやすいゲームだとも

いえるでしょう。

Civilizationシリーズで

専守防衛引き籠りプレイが好きな

当サイト管理人にはドストライク

なゲームでした(爆

管理人はVictoria2の方は

未だ未プレイですが

自由度の高さは

初代のVicRの方が断然いいそうなので

VicRを未プレイで

もし興味があれば

ぜひ一度プレイされてみてはいかがでしょうか!

政治要素もあるので

最初は、とっつきにくく

感じるところもあるかもしれませんが

慣れれば、このゲームの味わい深さを

分かっていただけるかと思います。

最後まで

見ていただきありがとうございました。

~完~