ウィル・オスプレイのエディット(EDIT)データを公開!

ジ・エアリアル・アサシンが

キンコロに見参!

ウィル・オスプレイのレスラーメイク編!

 

新日の外国人エースといっても

過言ではない

ウィル・オスプレイ選手を

キンコロでエディット

しないわけにはいかない!

今年の

ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアでは

Aブロックを全勝で勝ち上がり

新日参戦以来無敗を誇ってきた

日の出の勢いの

鷹木信吾を打ち破っての

BOSJ制覇!

<スポンサーリンク>



その余勢を駆って

ドラゴン・リーから

IWGPJr王座を奪還し

2冠に君臨する彼が

G1という

真夏の過酷なリーグ戦で

ヘビー級の選手たち相手に

どこまで渡り合えるのか

非常に興味深いですね!

では、まずは

さっそくレスラーメイクを

見ていきましょう

今年の

BOSJの

公式リーグ戦を闘っていた時の

コスチュームをイメージして

エディットしてみました

顔はブランチ・ノルディックを採用

右腕にサポーターをつけ

両手は

蝶野リストを白色ないし

緑色(BOSJ公式戦では

緑色のリストバンドをしていた

時があったため)に変更

腰はジェットロングタイツを着させて

足はラインレガースを採用して

出来上がり!

ウィル・オスプレイの装備技

 

グラウンド、スピード、テクニック、空中殺法

どれをとっても超1流

その全てを

兼ね備えている

ウィル・オスプレイ選手!

まるで死角が見つからない

オールラウンドプレイヤー!

ジュニア階級ながらも

その階級に見合わないような

パワーもあり

対ヘビー級を相手にしても

まったく遜色がない

<スポンサーリンク>



忠実通り

全てに対応できる

オールラウンダーぶりを

魅せつつも

対戦相手も引き立てて

相手の良さも十分に

引き出しながら

最後はオスプレイらしく

華のある技で華麗に決めて

美味しいところを

さらっていこう!

 

          逆水平チョップ

 

鋭くも重い痛そうな

チョップを得意とするオスプレイ!

キンコロでは馳チョップで代用!

相手の胸元めがけて打ち込め!

          ドロップキック

 

オスプレイのドロップキックは

相手に打ち込んだ後に

美しく弧を描く!

キンコロでは

バク宙ドロップキック

オスプレイの綺麗な

ドロップキックを再現!

 

          延髄斬り

 

前述のドロップキックを繰り出した直後に

延髄斬りを叩きこむのが

オスプレイの定番のムーヴのひとつとなっている!

 

          スーパーキック

 

オスプレイの試合で随所に見られる技なので

追加しておこう!

 

          ロビンソン・スペシャル

 

いわゆるコークスクリュー式の蹴り!

オスプレイの場合は相手が

四つん這いになっている状態で

放つのだが

キンコロには

四つん這い態勢からの

そういう系統の技が

収録されていないので

ダッシュ技の

スクリューハイキックで代用!

相手が立ち状態からの攻撃となってしまうが…

          アイコノクラズム

 

相手をコーナーに

座らせて雪崩式で放つ技!

オスプレイの試合では

中盤から終盤にかけて

見られる大技だ!

標準でキンコロに

収録されているのが

地味に嬉しい

 

これでも喰らえ!

アイコノクラズム!!

          オス・カッター

 

ロープからジャンプして相手に

繰り出すダイヤモンドカッター!

しかし悲しいかな

ひと昔以上前のキンコロには

収録されておらず

泣く泣く

メキシカンピースクラッシャーで代用

再現度が厳しい・・・

オス・カッター予告アピールは

弾丸エルボーアピールで代用!

遠目に見れば

オス・カッター予告しているように

見えなくもない(爆

出すぞ!オス・カッター!!

 

          場外飛び技

 

オスプレイには決して

欠かすことのできない

場外への空中殺法!

トぺ・スイシーダ!!

サスケスペシャルも必須!

キンコロではハヤテスペシャルの名前で収録されているぞ!

その他通常のプランチャも装備させておくと完璧!

          ピッピー・チェリオ

 

スワンダイブのフライング・フォアアーム!

AJスタイルズを彷彿とさせる

躍動感溢れる技!

トップロープ飛び技の

ダイビングエルボーで代用

          ハーフルネルソン・スープレックス

 

オスプレイのバックからの投げ技は

このハーフルネルソン・スープレックスが

真っ先に思い浮かぶ!

          ステップキック

 

ボム系統の技を繰り出そうとする時に

相手に粘られたりした時に

顔面に打ち込む技で

オスプレイも、よく

使っているので

装備させた

タイチの

かつての師である

川田利明選手がよく使っていた技でもある

          ライガーボム

 

オスプレイが使うパワー殺法!

試合終盤に見られる技で

フィニッシャーとまでは

いかないが

それでも相手に与える

ダメージは

計り知れないのだ

 

相手を高角度で

マットに叩きつけろ!

          その場飛びスパニッシュ・フライ

 

通常は雪崩式で

行う技のはずが

オスプレイほどの

高い身体能力を持つと

その場飛びで

たやすくできてしまう

一瞬の切り返しで

使える技だ

<スポンサーリンク>



キンコロには

雪崩式仕様でしか

収録がされていないため

捻り式パワースラムで

代用してみた

     シューティングスタープレス     

 

これも前述のスパニッシュフライ同様に

トップロープから

繰り出される技なのだが

オスプレイの場合は

通常のシューティングスタープレス

のみならず

その場飛びからでも

繰り出すことができてしまう

難度の高い技を

こうも簡単に

やってのけてしまうところが

末恐ろしい・・・

華麗に夜空を舞え!

          リバース式のブラディ・サンデー

 

オスプレイが終盤の畳みかけで

使用する大技!

キンコロでは垂直落下式の

リバースブレーンバスターで代用だ!

 

対戦相手を一気に追い詰めろ!

 

オスプレイのフィニッシャー技!

 

現在のオスプレイの

フィニッシャーといえば

ストーム・ブレイカーだ!

キンコロでの代用技は

何にするのかというと・・・

ダブルアームクラッチ技の

ダブルアーム

スクリュースープレックスで

代用してみたがどうだろう?

最後は必殺のストーム・ブレイカーで

試合を決めろ!!!

 

BOSJ優勝決定戦の切り札!

 

今年の

BOSJ(ベスト・オブ・ザ・スーパーJr)

優勝決定戦での対鷹木信吾戦で

温存していた切り札!

スーパーオス・カッターを

解禁したオスプレイ!

さて

キンコロでは

どの技で代用しようか

悩んだ挙句

シャリマティーで代用

飯伏幸太を欠場に追い込んだ・・・!

 

と、いえば!

ヒドゥン・ブレイドだ!!!

座っている相手の後頭部へ

バックエルボーを叩きこむ荒技

やられる相手は

背中を向けているので

受け身を取れずモロに

この技を喰ってしまうと

非常に危険なのだ

<スポンサーリンク>



あの飯伏ですら

脳震盪をおこして

欠場に

追い込まれたほどだ

キンコロでは

半ダウン技の

後頭部への

逆水平チョップで

代用だ

キンコロでの代用技は

威力が高いわけでもないが

あまりに危険すぎる技なので

相手の選手生命への

影響を考慮して

威力を弱めた型に

改良しているという

設定にしておこう(爆

飯伏の背後からヒドゥン・ブレイド!!!

 

番外編(おまけ):ドラゴンスレイヤー!

 

BOSJ優勝決定戦の対鷹木信吾戦及び

IWGPJr王座戦の対ドラゴン・リー戦において

オスプレイが刀を携えて入場してきた

シーンをキンコロで再現してみた!

日本刀を構えてかっこよく

ポーズを決めるウィル・オスプレイ!

(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

オスプレイには日本刀が、よく似合いますなぁ!

これぞ!日本愛!

オスプレイは新日本マットを

席捲する鷹木信吾

そしてドラゴン・リー!

二匹の龍を

見事に退治したのだ!

龍殺しの英雄

ドラゴンスレイヤー

ウィル・オスプレイ!

冒頭のレスラーメイクを

BOSJ優勝戦及び

IWGPJr王座挑戦の際の

コスチューム色をイメージして

カラーを変更しただけです

そして入場衣装

衣装タイプは武藤胸開きガウン1を採用

オプションとして

火祭り刀をチョイスして出来上がり!

入場時の

登場アピールは

火祭り刀アピールを選定し・・・

 

途中アピールには

木刀アピールを

チョイスして完了!

 

これだけでも

ウィル・オスプレイ選手の

再現度も

グッと上がるので

<スポンサーリンク>



よかったら

ぜひ

入場シーンも

エディットしてみて

下さいね!

最後まで

見ていただき

ありがとうございましたv(*’-^*)

~完~