オープロ3で長州力VS武藤敬司! 前半

オールスタープロレスリング3

熱きゴングを鳴らせ!

 

今回はオープロ3で

長州力VS武藤敬司をプレイしていきます!

オープロ3では武藤が収録されていないので

エディットで作成した武藤を使っています。

イメージとしては90年代初頭

猪木から代替わりした長州藤波の

俺達の時代を追いつけ追い越せで

武藤蝶野橋本の闘魂三銃士が

猛追していた頃です

先に入場してきたのは

闘魂三銃士の長男坊にして

セクシーターザン!

ときめきのヴァージンレッド!

コスチュームはオレンジ色にしてしまいましたが笑)

武藤敬司!

<スポンサーリンク>



続いて入場は革命戦士!

長州力!!

当時、闘魂三銃士の厚く高い壁となっていた長州

三銃士VS長州力

シングル戦三番勝負の先陣が武藤だったわけですが

長州が三銃士との対戦で一番やりづらかったのが

武藤だったそうです

 

一貫してこのスタイルを貫き通す長州力!

ずっとスタイルを変えずに

プロレス界の荒波を生き抜いてきた男の背中が

その凄みを物語る!

闘魂三銃士の中で

一番最初に長州から

シングル初勝利を飾ったのは

破壊王橋本真也選手だったわけですが

意外にも?

長州曰くは一番やりづらかったのは

敬司(武藤)だと

橋本とは、長州が1発かましたら

橋本が1発やり返すといった感じで

<スポンサーリンク>



真正面からぶつかりあって

とても、やりやすかったそうで

蝶野選手も同様だったそうです

が、武藤の場合は

長州が仕掛けていっても

いなされる感じで

長州のリズムで試合しにくいそうです

いわれてみると、なんかわかるかもです(爆

 

いざ武藤が待ち構えるリングへ!

上記のエディットした武藤ですが

身長191cmとなっていますが

公称は188cmです(爆

オープロ3では実名収録選手は

フェイバリットムーヴ(必殺技)

が2つ設定されているのですが

エディットキャラは1個しか

設定できないんですよね・・・

<スポンサーリンク>



この仕様は少し残念・・・

なのでムーンサルト一つを

フェイバリットムーブに設定してあります

一方の長州は実名収録されているので

フェイバリットムーブがリキラリアット

サソリ固めと2つ設定されています

この仕様により

エディットキャラである武藤が若干分が悪いか

 

しかし、そこは武藤の天性のプロレスセンスでカバーだ(爆

それでは、いざゴング!

ゴング開始直後に、いきなり長州が必殺の

リキラリアットで奇襲!

得意のハイスパートレスリングで機先を制する長州!

武藤は、たまらず場外エスケープ

武藤は間をおいて、長州のペースに

自分のリズムを掻き乱されない

得意のグラウンドに持っていきつつ

武藤のリズムをつかむ

武藤のネチっこい攻めに長州は

強引にパワーで、こじ開けんとする!

長州のバックドロップをボディプレスで潰して・・

再び長州を寝かせてグラウンド!

パワーファイトの長州を、うまくいなす武藤!

長州にとっては非常に嫌な攻めだ(爆

腕へのキーロック

武藤が若手の時から

得意としている渋いサブミッション技!

しっかりと長州に体を密着させて離れない武藤

序盤からジワリジワリと長州のスタミナを削る!

武藤がフライングメイヤーを繰り出せば・・・

フラッシングエルボーを出すしかない!!!

だが、武藤のエルボーをかわした長州!

いなしには、いなしで対抗か!

長州が胸を張って打ってこいと挑発!

オープロ3ではL1、L2ボタン同時押しで

胸を張る動作をして相手を挑発するポーズをとり

これを合図に打撃合戦ができるようになる!

武藤が長州を張るが

長州は胸を張って耐える!

長州はロープへ走り込んで・・・

早くも2発目のリキラリアットを叩きこむ!

ここで長州がコーナー最上段へ駆け上る!

続きはこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください